タグ:氷室布袋吉川長渕 ( 62 ) タグの人気記事

 

氷室の秀逸歌唱、マニアックなベスト5


ポピュラリティをきちつとした形で獲得できるロックのアルバムを作りたいなと思つて制作に入つたソロデビューアルバム『Flowers for Algernon』で、1988年の大晦日に日本レコード大賞「最優秀アルバム賞」を受賞した氷室は、年明けの東京ドームにてソロとしての凱旋ライブを行つた際のMCで、「できれば歌唱賞もほしかつたけど…人生いろいろの島倉さんには敵わなかつたつてことで」とエスプリを効かせて語つてゐる。

超シングアロングな歌メロ、少年不良漫画を地でいくルックスと並び、氷室のワイルド&セクシーな歌唱力といふのがBOØWYが圧倒的ポピュラリティを獲得した3大要因の一つであるが、前述の氷室のセリフからうかがへることは、氷室自身がその歌唱力の高さを自認してをり、それがロック界は言はずもがな歌謡界全体においてもトップレベルであると自負してゐたといふことである。

基本的にはロックにおいて歌唱力といふのは重要ではない。といふのもまづ歌メロといふものがロックにおいては不要で、それよりもギターのフレイズだつたりリフ、音色が問はれるもので、ボーカルはむしろそのギターとの絡み、合ひの手的な意味合いしかない。あるひはシャウトである。
だからロックといふのは本来マニアックなポップミュージックで、このマニアックとポップのせめぎ合ひが魅力なのであり、女子供を巻き込む圧倒的ポピュラリティを獲得することはさうさう起こらず、勢ひ地下活動が多くなるのだが、稀に歌メロや歌唱力をも伴つて勝負してくるミュージシャンが出てくる。いふまでもなく超絶グッドメロディと3人のボーカリストを擁したビートルズがその最たる例であるが、BOØWYの凄さ、真価とは、その土俵に立つて勝負して、かつ結果を残したといふことである。


とはいへボーカルは、身体の経年劣化といふ必然に抗えない宿命を背負つてゐて、氷室のボーカルのピークは81〜96年(21〜36歳)、特に86〜87年(26〜27歳)であるが、その頃の、数多ある凄さの中でも特筆すべき特徴の一つは、後年出なくなつた地声のままの超ハイトーンと、歌い出し直前、間、直後の息使いのワイルド&セクシーさである。

前置きが長くなつたが、といふことで氷室の歌唱力、マニアックなベスト5を以下にまとめん。


第2位
「Don't Ask Me」0:42、1:44、2:37
「♪ You ask me what I want, darlin」のオーバーダビングによる氷室ひとりハモりの上部。
(布袋といふ説もあるが氷室だと思ふ)

ハモりの音楽理論に疎いので正確に記せないのがもどかしいが、主旋律のオクターブ上かその少し下かを、押さえた超ハイトーンで、サビの前半部だけハモつてゐる。これがシビれる。
c0005419_10270957.jpg




第1位
「Fantastic Story」0:48
「♪ Fantastic Story」の「ry」のあとの息。

無理に近似値として文字化すれば、「Story-ahっ」の「y-ahっ」がだいぶワイルド&セクシー。
c0005419_10270962.jpg



by ichiro_ishikawa | 2017-05-23 09:24 | 音楽 | Comments(0)  

氷室×布袋の化学反応の代表曲は「Fantastic Story」


BOØWYの凄さは、布袋のポップを氷室があの声で歌ふといふことと、氷室の曲を布袋がアレンジするといふこと、にある。またそれがわづか6年間の出来事であり、爾後そして今後、未来永劫あり得ないといふところに価値が生まれてもゐる。

前者については布袋のソロ曲をもし氷室が歌つたら…といふ想像で容易に得心できるところであらう。
ここでは後者、氷室の曲を布袋がアレンジするといふこと、について少し考へてみる。

まづ、データとしてアルバムごとの氷室楽曲を一覧してみよう。

『Moral』(1982)
16、School Out、Give it to me、Elite、Rats、Moral、Out!!、Dakara

『Instant Love』(1984)
Funny Boy、Oh! My Jully Part 2、Symphonic

『BOØWY』(1985)
黒のラプソディー、唇にジェラシー、CHU-RU-LU、ハイウエイに乗る前に、Cloudy Heart

『Just A Hero』(1986)
わがままジュリエット、ミス・ミステリー・レディ (Visual Vision)

『Beat Emotion』(1986)
Noise Limitter、Don't Ask Me、Sensitive Love

『PSYCHOPATH』(1987)
PSYCHOPATH、Celluloid Doll、Fantastic Story

かうしてみるとBOØWYの中でも渋い曲がズラリと並んでゐることがわかる。噛めば噛むほど味の出る類である。ライブやベスト盤の定番曲は少ない。「Give it to me」、「ハイウエイに乗る前に」、「Cloudy Heart」、「わがままジュリエット」の4曲だけだ。総数からするとかなり低い率であるが、人気1、2を常に争う「Cloudy Heart」、「わがままジュリエット」という2曲のバラッドが氷室楽曲であることから、BOØWYの楽曲面への貢献度といふ点でも氷室の存在感は大きく、これが、氷室が単なる歌い屋に収まらない点で、のちのソロの充実にもつながる。

ざつくりとした特徴を言へば、前中期はマイナー系フォーク色が強く、後期はサイコパセティックでセンシティブである。

かうした氷室楽曲が佳曲揃いであるのは、布袋のギターフレイズ、およびアレンジが相当効いてのことではないか、といふのが本稿の骨子である。

布袋のアレンジ具合といふのは、闇流出してゐるデモテープと実際のアルバム収録曲を比べてみるのもいいのだが、それよりも氷室のソロの曲との比較がよいと思ふ。
ここでは、特に最終アルバム『PSYCHOPATH』に注目したい。『PSYCHOPATH』のB面の後半に集中して氷室楽曲の3曲は配置されてゐる。後期ビートルズのやうに、布袋と氷室がくつきり分かれてゐて、解散の予兆がプンプンしてもゐることは興味深い。

『PSYCHOPATH』は1987年秋のリリースで、氷室のソロ第一作『Flowers For Algernon』は翌1988年秋に早速放たれた。つまり両作は、ほぼ同時期の作曲といつてよい。

実際『PSYCHOPATH』後半の氷室楽曲は『Flowers For Algernon』の世界である。『Flowers For Algernon』に入つてゐても遜色ない。しかし決定的に違ふ点がアレンジとギターのフレイズである。

氷室はBOØWYの後半、シーレやクリムトといつたウィーン世紀末画家やヨーロッパ系アートフィルム、そしてアートディレクターの永石勝氏からもらつたダニエル・キイスの小説『Flowers For Algernon』といつた作品、作者を通し、人間の狂気や精神世界への深い傾倒を見せてゐて、『PSYCHOPATH』後半の氷室楽曲からはさうしたセンシティブな面がうかがへる。

そしてBOØWY最後の氷室楽曲「Fantastic Story」である。これは『Flowers For Algernon』でみられる氷室節全開なのだが、布袋のギター、アレンジがBOØWYの全楽曲のなかでも白眉なのであつた。イントロ、歌のバッキング、間奏を注意深く聴きたい。氷室の地味で暗い世界をBOØWYとして昇華させる時に布袋が全力で振り絞ったのが、この「Fantastic Story」のギターフレイズとアレンジである(松井恒松のベースフレイズも素晴らしい)。
この布袋アレンジが、「Fantastic Story」を、『Flowers For Algernon』の世界でありながら完全にBOØWY楽曲たらしめてゐるのである。つまりは、氷室の神経症的なセンシティビティに触発された、繊細で屈折したポップ感である。

このやうな前へ前へ出る才能と才能の化学反応がバンドの魅力で、それが最大の形で発揮されたのがBOØWYであつた。
100%布袋を聴きたければ布袋ソロ、100%氷室を聴きたければ氷室ソロを聴くことで存分に純度100%のそれぞれを堪能できる。
氷室と布袋といふ今となつては還らない奇跡の一瞬が捉えられたBOØWYを聴きたければBOØWYを聴けばよい。当たり前のことだが。


c0005419_17192069.jpg
c0005419_17192373.jpg
c0005419_17192844.jpg

by ichiro_ishikawa | 2017-05-11 20:04 | 音楽 | Comments(0)  

いま一番観たいミュージシャン


いま一番行きたいライブはTakuya Nagabucihだ。

デビュー以来、変遷につぐ変遷を重ねてきた長渕剛の、そのどの時代のバージョンでもクリソツに歌ひあげるのがTakuya Nagabucih。

ただのモノマネならもちろん本物の方がよいに決まつてゐるが、彼の場合、声とギターが92%当人と「同じ」。
通常の喋り方も動きも仕草も89%同じ。

今の長渕に、かつての歌を当時のままでやつてもらふわけには行かないが、Takuya Nagabuciのライブにおいては、デビュー時の1978年のライブ、1986年のライブ、1992のライブなどを、今観られるといふことになり、この点がありいひん。



薄目で見れば98%同じ。
100%でないのは、ほんの少し、ほんの少ーーしだけ、低い。ただし誤差の範囲。

by ichiro_ishikawa | 2017-04-24 21:12 | 音楽 | Comments(0)  

山下久美子 with BOØWY、吉川晃司、大沢誉志幸



「こっちをお向きよソフィア」
(作詞:康珍化/作曲:大沢誉志幸)
1986年8月4日 ''ROCK STAGE in 新宿'' 新宿都有3号地

vo 山下久美子
g 布袋寅泰
g,cho 吉川晃司
cho 氷室京介
cho 大沢誉志幸
b 松井恒松
ds 高橋まこと

by ichiro_ishikawa | 2017-03-11 22:45 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWY 1982



1月28日 新宿ロフト
 ※バンド名を暴威からBOφWYに変更。
2月16日 新宿ロフト
3月1日 原宿クロコダイル
3月21日 『MORAL』でビクターよりデビュー
 ※アルバム発売後、次アルバムのレコーディング開始。
 (「OUT」「LET'S THINK」「DAKARA」)
3月24日 新宿ロフト
3月29日 原宿クロコダイル
4月6日 渋谷Live inn
4月21日 新宿ロフト
5月3日 前橋河川敷コンサート
5月11日 渋谷屋根裏
5月14日 渋谷 Egg-man
5月29日 新宿ロフト
5月30日 千葉 マザ-ス
6月4日 渋谷 A to Z
6月13日 渋谷 TAKE OFF 7
6月19日 新宿 ACB
6月27日 新宿ロフト
7月2日 中野公会堂(ゲスト出演)
7月3日 千葉 マザ-ス
7月5日 新宿ロフト
7月14日 渋谷屋根裏
7月16日 京都ディスコ(秋元奈緒美の前座で「哀愁のマンデイ」など)
7月18日 新宿ロフト
8月6日 千葉マザース
8月8日 新宿ロフト
8月23日 渋谷 TAKE OFF 7


布袋と高橋、オート・モッドに参加(『レクイエム』(83年)『デストピア』(85年)をリリース)
9月9日 渋谷 PARCO PART III(「CHANGE COSTUME」というタイトルでのワンマン)


9月18日 新宿ロフト「BEAT 120%」
9月24日 『太陽にほえろ』(NTV系)の「ラガーのラブレター」に新宿ロフトのライブ・シーンで数秒出演

10月9日 新宿ロフト「BEAT 120%」
※この日を最後に諸星アツシ、深沢和明が脱退


10月30日 相模原職業訓練大学祭
11月6日 東京水産大学祭
11月17日 目黒鹿鳴館
12月4日 千葉マザース


12月6日 新宿ロフト

by ichiro_ishikawa | 2017-01-07 16:38 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWY 1978-1981



1979
EAST WEST'79 関東甲信越大会で、デスペナルティとBLUE FILMが決勝を争い、デスペナルティが優勝。氷室はベストヴォーカリスト受賞
ディスペナルティは全国大会でも入賞
音楽事務所ビーイングと契約し、氷室、松井、諸星が上京
ディスペナルティは事務所の意向で解散、氷室はスピニッヂパワーに二代目ヴォーカリストとして参加(1代目は織田哲郎)
12月21日 氷室、スピニッヂパワーのセカンド・アルバム『ボロー・ボロー・ボロー』でデビュー
松井は織田哲郎&9th Imageにベーシストとして参加

スピニッヂパワー「11時に歌いましょう」
スピニッヂパワー「歌のトップテン」


1980
4月 高校を中退した布袋は土屋浩とともにプロになるべく上京
布袋、福生に移り住む
氷室、スピニッヂパワーを脱退し高崎に帰ることを決意
7月5日 氷室、日比谷野外音楽堂で行われたRCサクセションのコンサートを見て、新バンド結成を決意
氷室、六本木アマンド前で布袋と待ち合わせ、バンド結成を持ちかける
9月 松井、織田哲郎&9th Imageのメンバーとして『DAY and NIGHT』でアルバム・デビューするが、氷室が新バンドを結成すると知り、深沢、諸星とともにバンドに参加


1981
『MORAL』レコーディング開始(プロデューサーはマライアの渡辺モリオ)
5月11日 新宿ロフト「暴威 LOFT FIRST LIVE」
オーディションで高橋まこと加入
6月26日 新宿ロフト
7月16日 新宿ロフト
8月12日 新宿ロフト
9月17日 新宿ロフト
10月9日 前橋ガルシア
10月10日 前橋ガルシア


10月19日 新宿ロフト
11月3日 河口湖ホテルライヴ
11月6日 新宿ロフト


参考文献
BOØWY HUNT他

by ichiro_ishikawa | 2017-01-07 16:38 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWY 1983


1月4日 渋谷 Egg-man
1月5日 千葉マザース
3月9日 新宿ロフト
4月30日 新宿ロフト「アフロカビリー・ライヴ Vol.1」

5月14日 千葉マザース
5月24日 新宿ロフト「アフロカビリー・ライヴ Vol.2」
6月5日 柏クレイジ-ホース
6月18日 新宿ロフト「アフロカビリー・ライヴ Vol.3」
6月22日 横浜シェルガーデン
6月24日 六本木ハード・ロック・カフェ(オープン記念ライヴ)
 ※レコード会社の唯一のブッキング
7月7日 渋谷ラ・ママ「GIG THE STAND UP」
7月9日 千葉マザース
4月10日 新宿ロフト「アフロカビリー・ライヴ Vol.4」
7月26日 新宿ロフト「アフロカビリー・ライヴ Vol.5」
7月31日 佐賀“県民の森”イベント(ギャラ=野菜)
8月1日 小倉 IN & OUT
8月13日 新宿ロフト
8月17日 渋谷 Live inn
9月22日 新宿ロフト「INSTANT LOVE TOUR 1983」がスタート
9月25日 高崎 MAKE UP
9月25日 2ndアルバム『INSTANT LOVE』発売
10月1日 新宿ロフト(ゲスト出演)
10月2日 柏クレイジ-ホース
10月6日 渋谷 TAKE OFF 7
10月15日 リハーサル


10月17日 京都 BIG BANE
10月18日 名古屋 E.L.L.
10月19日 名古屋ボトムライン
10月22日 高崎MAKE UP
10月27日 渋谷 Live inn
11月4日 文化服装学園祭
11月20日 神戸チキンジョージ
11月23日 大阪ボトムライン
11月24日 名古屋 E.L.L.
11月26日 清水 BOWIE
11月27日 新宿ロフト
12月2日 新宿 ライヴ・イン“村さ来”
12月18日 高崎福祉会館(ゲスト出演)


12月26日 渋谷 Live inn
12月31日 西武PARCO劇場「'83 ニュー・イヤー・ロック・フェスティバル」


by ichiro_ishikawa | 2017-01-07 16:37 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWY 1984


1月28日 新宿ロフト
2月16日 清水 BOWIE
2月17日 名古屋 E.L.L.


2月19日 大阪ポップコーン
2月20日 神戸チキンジョージ
2月21日 京都 磔々
2月23日 名古屋ユッカ
2月24日 渋谷 Live inn
3月17日 渋谷 Live inn(ゲスト出演)
3月23日 千葉マザース
3月30日 新宿ロフト「ビート・エモーション・ロフト 2 DAYS~すべてはけじめをつけてから~ 暴威DAY」


3月31日 新宿ロフト 「ビート・エモーション・ロフト 2 DAYS~すべてはけじめをつけてから~ BOØWY DAY」

4月11日 法政大学 学園祭
4月27日 渋谷 Live inn
5月3日 日比谷野外音楽堂「JAPAN ROCK FESTIVAL '84」
5月18日 藤沢 BOW
5月27日 流山市民会館(ゲスト出演)

「BEAT EMOTION」ツア-、スタート
5月31日 渋谷Live inn「BEAT EMOTION I」
6月24日 駒沢大学 Festival」
6月25日 サントラ盤『風の谷のナウシカ』発売(布袋がギターで参加)
6月30日 渋谷 Live inn「BEAT EMOTION II」
7月5日 東京読売ホール「NO REASON」
7月7日 新宿ロフト
7月8日 名古屋 E.L.L.
7月10日 京都 BIG BANE
7月11日 大阪 バーボンハウス
7月13日 神戸チキンジョージ
7月25日 高崎市アマチュア・ロック・コンテスト(ゲスト出演)
7月27日 渋谷 Live inn「BEAT EMOTION III」
7月28日 渋谷ラ・ママ(アマチュア・コンサートのゲスト)
8月5日 高松市のカフェバー
8月7日 高知窪川体育館


8月8日 高知土佐清水市民会館
8月9日 高知県民文化小ホール


9月1日 渋谷東横劇場「HEADZ」
9月29日 渋谷 Live inn「BEAT EMOTION IV」
10月7日 音楽事務所・ユイ音楽工房、レコード会社・東芝EMIと契約することを決定
10月10日 高崎市文化センター(ゲスト出演)
10月27日 渋谷 Live inn「BEAT EMOTION V」
11月4日 駒沢大学 学園祭
11月23日 明治大学生田祭
11月25日 千葉工大祭
11月30日 前橋文化センター
12月6日 仙台ヤマハホール
12月6日 氷室、狂介から京介に改名。
12月7日 山形ミュージック・ショーワ


by ichiro_ishikawa | 2017-01-07 16:36 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWY 1985


1月1日 LOFT NEW YEAR PARTY
2月24日 ベルリンのハンザ・スタジオで『BOØWY』レコーディング開始
3月12日 マーキークラブ(in LONDON)


4月13日 赤坂ラフォーレミュージアム(コンベンションライブ)


6月1日 1stシングル「ホンキー・トンキー・クレイジー」発売
c0005419_16343345.jpg

6月20日 高崎市文化会館
6月21日 アルバム『BOØWY』発売

6月25日 渋谷公会堂(初の大ホール・ワンマン)


6月27日 大阪バナナホール
6月28日 大阪バナナホール
7月1日 名古屋ハートランドスタジオ
7月2日 名古屋ハートランドスタジオ
7月19日 札幌ペニーレイン24
7月20日 小樽第二埠頭
8月11日 スポーツランドSUGO

8月22日 シングル「BAD FEELING」発売
9月5日 安田生命ホール
9月6日 名古屋芸術創造センター(「BOØWY'S BE AMBITIOUS」ツアー開始)
9月17日 福岡 都久志会館
9月18日 熊本郵便貯金会館
9月20日 京都教育文化センター
9月22日 「ライブ・ロックショウ」放送(9月5日 安田生命ホール公演)




9月23日 大阪厚生年金会館 中ホール
9月24日 高知県立県民文化ホール オレンジホール
9月頃 テレビ群馬「BEAT POPS」放送(スタジオライブ)
  NO.NEW YORK/INSTANT LOVE/CLOUDY HEART/CHU-RU-LU/BABY ACTION/Dreamin'







10月7日 大阪ABC「ヤングプラザ」放送
 CLOUDY HEART/NO.NEW YORK
 オープニング「ひみつのアッコちゃん」

10月頃 「オールナイトフジ」生出演(スタジオライブ)
 NO.NEW YORK


11月3日 熊本県立劇場(熊本商科大学学園祭)
11月4日 福岡大学高宮校舎体育館(福岡大学学園祭)
11月5日 駒澤大学記念講堂(駒澤大学大学祭)
11月9日 桃山学院大学
11月12日 石川県教育会館
11月13日 新潟市公会堂
11月23日 「なげやり倶楽部」放送(神戸ポートアイランド)
 BAD FEELING/OH! MY JULLY PARTⅠ/NO.NEW YORK


11月25日 日本青年館 (NHK「MUSIC WAVE」で放送)

11月29日 横浜市教育会館
12月6日 日本武道館(ギャッツビーライブ)
12月9日 広島厚生年金会館(広島文化女子短期大学学園祭)
12月12日 札幌市民会館
12月13日 秋田市文化会館
12月16日 仙台電力ホール
12月18日 宇都宮市文化会館
12月20日 群馬音楽センター
12月24日 渋谷公会堂(同ツアー終了。アンコール時に山下久美子登場、ステージ上で布袋が結婚を発表)



by ichiro_ishikawa | 2017-01-07 16:34 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWY 1987


1月8日 鹿児島市民文化ホール
1月9日 熊本県立劇場
1月10日 福岡市民会館
1月13日 静岡市民文化会館
1月16日 札幌市民会館
1月17日 札幌市民会館
1月22日 名古屋市公会堂
1月23日 名古屋市公会堂
1月26日 広島郵便貯金会館
1月27日 倉敷市民会館
1月29日 島根県民会館
2月3日 愛媛県民文化会館
2月4日 高知県民文化ホール
2月6日 福岡市民会館
2月10日 四日市市文化会館
2月13日 京都会館
2月14日 神戸文化ホール
2月15日 岐阜市民会館
2月19日 宮城県民会館
2月20日 茨城県民文化センター
2月24日 日本武道館


2月25日 東芝EMI 102会議室インタビュー


3月 氷室は一人ロンドンで『PSYCOPATH』のための曲作りを行う。
布袋は山下久美子のプロデュースとツアー・メンバ-として活動(松井も参加)
4月6日  5thシングル「ONLY YOU」発売(初登場 4位)
c0005419_16325445.jpg

6月10日~26日 『PSYCHOPATH』レコーディング(SEDIC A STUDIO)
6月頃 『PSYCHOPATH』レコーディングインタビュー(「ROCK CITY」)


7月頃 『PSYCHOPATH』完成記者会見


7月頃 「MOJO」インタビュー



7月22日 6thシングル「MARIONETTE」発売(最高位 1位)
c0005419_22133632.jpg

7月26日 札幌真駒内オープン・スタジアム「A BIG MOUTH PARTY」

7月31日 神戸ワールド記念ホール「CASE OF BOφWY」


8月4日 名古屋国際展示場「KING OF ROCK SHOW」


8月7日 横浜文化体育館「CASE OF BOφWY」



8月9日 スポーツランドSUGO「ROCK'N ROLL OLYMPIC '87」


8月15日 岩手産業文化センター野外ステージ「ROCK CITY CARNIVAL '87」
8月16日 秋田県営ラグビー場「ROCK CITY CARNIVAL '87」
8月22~23日 グリーンピア南阿蘇アスペクタ「BEAT CHILD」




9月5日 6thアルバム『PSYCHOPATH』発売(初登場 1位/累計 128万枚)
c0005419_12030985.jpg

9月16日 宇都宮文化会館
「ROCK'N ROLL REVIEW DR.FEELMAN'S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR」スタート
9月19日 千葉県文化会館
9月24日 那覇市民会館
9月27日 鹿児島市民文化第1ホール
9月29日 福岡国際センター
10月1日 熊本市民会館
10月5日 ビデオ『“GIGS”CASE OF BOφWY 1~4』発売
10月7日 広島サンプラザ
10月8日 倉敷市民会館
10月10日 京都会館第1ホール
10月13日 大分文化会館
10月16日 宮崎市民会館
10月21日 青森市文化会館
10月22日 秋田県民会館
10月25日 福島県文化センター
10月26日 岩手県民会館
10月26日 7thシングル「季節が君だけを変える」発売(初登場 4位)
c0005419_12045335.jpg

10月29日 群馬県民会館
11月4日 神戸国際会館
11月6日 愛媛県民文化会館
11月12日 群馬音楽センター
11月16日 金沢観光会館
11月17日 福井フェニックスプラザ
11月19日 長野県民文化会館
11月23日 札幌月寒グリーンドーム
11月26日 長崎市公会堂
11月27日 熊本市民会館
11月30日 日本武道館
12月1日 日本武道館
12月3日 四日市市文化会館
12月4日 静岡市民文化会館
12月7日 大阪城ホール
12月9日 愛媛県民文化会館
12月10日 茨城県民文化センター
12月14日 山形県民会館
12月16日 仙台市体育館
12月20日 名古屋市総合体育館
12月22日 新潟県民会館
12月24日 渋谷公会堂



by ichiro_ishikawa | 2017-01-07 16:33 | 音楽 | Comments(0)