タグ:競馬 ( 2 ) タグの人気記事

 

あゝ人間…


某WINSにて、エリザベス女王杯終了直後、 
「な⁈ ヴィブロスなんて来ねえだろ!」
と、鬼の形相で、絶叫しながら走つてゐる輩を見た。

これはどういふ状況か。
考へられるのは以下の3点。

1)一番人気のヴィブロスを切つた自分を褒め称えてゐる
2)ヴィブロスを買つた知人を罵倒してゐる
3)ヴィブロスを買つた見知らぬ大勢の人間を罵倒してゐる

1だとすると、冒頭の叫びの時、笑つているか誇つてゐるか、
いづれにしろ歓喜の表情になるはずである。
しかしこの輩は笑つてゐるどころか、怒つてをり、
そして、泣いてゐた。
嬉し泣きではない。悲痛な、明らかな悔し泣きであつた。

では2か。見渡したところその場に知人らしき人はゐない。一人で絶叫してゐた。

では3か。そんな叫んでまで、泣いてまで、見知らぬ他人を罵倒することにどんな意味があるのか。
そも自分は一番人気を信じず、見事に切つたのだから、それでいいではないか。


答へはかうであらう。
自分は一番人気のヴィブロスを見事切つた。
しかし買つた馬も来なかつた。つまり負けた。
ヴィブロスを切れてゐただけに悔しさは倍増である。
つまりヴィブロスを切つた英断の誇りと、
馬券を外した無念が錯綜し、
取り乱した。

現地やWINSには取り乱した輩がうじやうじやゐる。
人間とはこんなにも哀れで見苦しいものか。
あゝ人間…。


by ichiro_ishikawa | 2017-11-13 20:08 | 日々の泡 | Comments(0)  

競馬と俺 プロローグ


 俺が春ぐらいから毎週末、時には平日も、競馬をやっていることを知る人は…、結構いるがそんなにはいまい。ブログを更新しなくなったのもそのせいだ。
 テレビを見るのが時間の無駄かつバカになると悟った1989年以来、うちにはテレビが無いが、競馬を始めて半年弱、競馬も相当、時間の無駄でバカになる。

 とはいえ、テレビは見ないが、競馬は続行だ。
 なぜか。負けがかさんでいるからだ。額は言うまい。もう引き戻れない額だとだけ言おう。それを回収せねばならない。

 賭けた馬は来ない。賭けないと来る。不思議なものだ。
 外出すると雨が降る、常態としてドタマと腹がうすら痛い。元来、地球との相性がそうとう悪い俺だが、その悪さが、競馬のような舞台では、如実に表れる。天が俺を笑う。

 競馬なんてレジャーだ、十分楽しんだし、それに払った代価だ。そう思えばいいか。否。熱しにくく冷めにくい質(たち)の俺は、何ごとでも一旦掴んだら離さない覚悟で事に処す。
 周囲からは「終わった…」と吐き捨てられ、友は去り、恋人もやがては離れていくだろう。……親には内緒だ。

 競馬はレジャーじゃない。賭けだ。人間の思惑などまったくおかまいないしの、理性がまったく太刀打ちできない自然。支配はできぬ。従うまでだ。自然の一部と化すように、俺は、馬に賭けよう。親には内緒だ。

by ichiro_ishikawa | 2008-08-11 01:51 | 日々の泡 | Comments(0)