タグ:music ( 378 ) タグの人気記事

 

1985年の挫折


長渕剛といへば1978〜1991年(+『Captain of the Ship』)で、特に1986〜87にその頂点を見るが、その前年、1985年といふのは特異な年である。ターニングポイントといつてもよい。

1984年までにドラマ「家族ゲーム」「家族ゲーム2」を終了させ、フォークからポップへと転身していた長渕は、MTVの常態化もあつて日本の歌謡界が空前のロックブームにあつた中で、「弾き語りに限界を感じ」(1986年のラジオでの発言)、まづ3月30日に「久しぶりに俺は泣いたんだ」、7月22日に「勇次」といふ2枚のシングルをリリースし、8月22日に、ロックサウンドに完全にシフトしたアルバム『Hungry』をリリースする。
その文体変革の実験は、8月26日の千葉県文化会館を皮切りに、Band of Spiritsを率いた全国コンサートツアー「LIVE'85 - '86 HUNGRY」にて遂行されていく。

しかしながら、この悲痛な実験は失敗に終はる。「あの頃の長渕」において、唯一の失敗である。
弾き語りに限界を感じ、時代のロックの流れに身体が反応したこのツアーでは、「愛してるのに」など既発曲のアレンジが、とてもひどいのであつた。
特異な年といふのはこの点においてである。
メロディを外してトーキングブルーズ調にアレンジするのはよいが、ブルーズでなく、トーキングロックになつてしまつてゐて、トーキングロックといふのはありえないので、実にひどいしろものなのであつた(そもロック調で創られた『Hungry』収録曲はとてもよい)。

おそらく、このひどさは、長渕がキャリアで初めて、自分を失くしてしまつたことからくる。
そして、この「無理」に、身体が答へを出した。

1986年1月22日の日本武道館公演を最後に、過労によりダウン。重度の鬱状態のため残り全ての公演をキャンセルしたのであつた。

しかし、このダウンにより長渕は、ポップ、ロックを通過して原点回帰を果たした、「レース」をはじめとする「弾き語り名曲」群を大量に創りあげ、それは『Stay Dream』として結実することになる。

c0005419_19375149.jpg

そして、11月11日には大阪城ホールより『LIVE'86〜'87 STAY DREAM』がスタート。1987年2月25の、再びの大阪城ホールでの「伝説の」追加公演が『LAST CRIME』と題して開催され、見事すぎる復活を遂げた。

さらに、4月10日には主演4作目の連続ドラマ『親子ジグザグ』(TBS系列)が放映開始、8月5日、最高傑作アルバム『LICENSE』をリリース。同年末の第29回日本レコード大賞で、アルバム大賞を獲得する。




by ichiro_ishikawa | 2017-07-09 20:43 | 音楽 | Comments(0)  

名曲「エイリアンズ」

聴けば聴くほどじわじわきて、何度聴いても飽くことがないといふ名曲が世にはあつて、この「エイリアンズ」はその代表で、ある一季節の空気をも運んできて、切ない。


Goose house
c0005419_01444521.jpg


ORIGINAL LOVE
c0005419_01444583.jpg



c0005419_01444552.jpg


キリンジ(当人)
c0005419_01444656.jpg





by ichiro_ishikawa | 2017-07-09 01:25 | 音楽 | Comments(0)  

長渕剛 バラッドベスト5


9. 花菱にて
(『LICENSE』1987)29.45〜


8.
(『JEEP』1990)


7. シェリー
(『昭和』1989)


6.
(『JAPAN』1991)



5. 俺たちのキャスティング・ミス
(『STAY DREAM』1986)


4. PLEASE AGAIN
(『LICENSE』1987)4.38〜


3. パークハウス 701 in 1985
(『LICENSE』1987)10.04〜


2. Time Goes Around
(『HOLD YOUR LAST CHANCE』1984)9.37〜


1. 何の矛盾もない
(『LICENSE』1987)42.23〜


by ichiro_ishikawa | 2017-07-08 18:51 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWYファン分布図


アンチBOØWY、もしくはBOØWY興味なし世代といふのも存在していて、分類すると以下のやうになる。

・BOØWY全盛期の1986〜87年、および1988年のラストギグズから90年代半ば(氷室LA移住、布袋「スリル」でお茶の間に登場する前、主にコンプレックス、ギタリズム期まで)においてすでに25歳を超えていた(すでにいい大人)層
=1969年以前生まれの人間

・氷室=ナルシスト、布袋=強面アニキといふ各ソロ中期以降のキャラ時に初めて氷室と布袋を知つた層
=1980年以降生まれの人間

・インテリゲンチャ

・80年代において洋楽志向のロックファン

・そもクラシックファン

・そもジャズファン

・ハイブロウなサブカルファン
・ロッキングオン系

・女性



では逆にどの層がBOØWYファンかといふと、

・1970年代生まれ(現在38〜47歳)及びその子供(21世紀生まれ、現在ティーン)
・上記のうち地方及び都市郊外在住者
・上記のうち不良
・上記のうち男
・上記のうち歌謡曲ファン

つまり結構限定的である。
しかし各年200万人超えの団塊ジュニア(1971〜74生まれ)を擁する分厚いボリュームゾーンでもある。

団塊世代を擁する1940年代生まれをリアルタイムのコア層とするビートルズに近い。
活動時期も、ビートルズがポップ黄金時代の60年代、かたやBOØWYがバブル80年代といふ、時代の空気も近い。
活動期間もほぼ6年と近い。絶頂期に解散し、メンバーがソロとしても第一線で活躍中といふのも同じ。

違ふ点は、ビートルズは、インテリゲンチャや、洋楽志向のロックファン(ビートルズ自体がそも洋楽だ)、そもクラシックファン、そもジャズファン、ハイブロウなサブカルファン、ロッキングオン系(社長からして超フリークだ)、そして女性からも支持されてゐるところだらう。つまりビートルズはアンチや興味なし層がゐない。これはすげえ。

しかし、アンチがゐると余計に力が高まる(=政治の専売特許、といふか本質)といふこともあるやうに、ファンは選民意識も抱いてゐる。といふのがBOØWYファンが熱狂的であり衰へない理由でもある。
以上。




by ichiro_ishikawa | 2017-06-13 09:50 | 音楽 | Comments(0)  

偶然ヒムロック

MacBook AirでYouTube自動再生をしたまま風呂に入り、
上がつて見ると当然まだ再生され続けてゐたので、
うぜえと思つてストップを押したら偶然この画像。
(CASE OF HIMURO 15th Anniversary Special Live Disc3)

c0005419_23100211.jpg

by ichiro_ishikawa | 2017-06-13 01:08 | 音楽 | Comments(0)  

コステロが何をまくし立ててゐたのか判明


やたらとMCが長く、おそらくはウィットに富んだジョークで会場を笑ひに包んでゐた、昨年のコステロDetourツアー来日公演。俺の英語リスニング力では1割も理解できず、悶々と人見記念講堂を後にしたのであつたが、なんとそのMCを翻訳したサイトをいまさら発見。
一読後、これがわからなかつたらこのライブの良さは何も伝はらないなと思つた。目隠しして美術館を巡つてゐたやうなものだ。

by ichiro_ishikawa | 2017-06-06 10:10 | 音楽 | Comments(0)  

氷室カバー曲まとめ


c0005419_13371521.jpg

かういふ看板が高崎駅に掲示されてゐるらしく、すは再結成か?などネットで様々な憶測が飛び交つてゐる。7月26日には『JUST A HERO』 『BEAT EMOTION』『PSYCHOPATH』のLPが復刻される予定で、まだまだといふか永遠に「食へる」BOØWYビジネスの新たな一手であることは間違ひないが、確実なのは氷室の稼働はないといふことだ。

DA・KA・RAせめて過去を振り返らむ。

吉田拓郎「たどりついたらいつも雨降り」、デヴィッド・ボウイ「サフラジェット・シティ」、エルヴィス・コステロ「アクシデンツ・ウィル・ハプン」など、氷室は初期シングルB面によくカヴァー曲を収めていた。

どれもオリジナルの個性が極めて強い楽曲の選だが、そのいづれも完全に我が掌中に収めた、見事なヒムロック調を展開してゐる。氷室の癖の強い歌唱によればなんでも氷室になつてしまふといふことかもしれないが、オリジナルを凌駕するといふのはなかなかできることではない。

一方、レコードになつてゐないカヴァー曲といふものが少なからず存在する。レコードになつてゐないといふことは一回性が強いといふことで、つまり貴重といふことだが、youtubeに結構上がつてゐるので、ここにまとめておきたい。

あんたのバラード(ツイスト)
ケジメなさい(近藤真彦)

※以上2曲はロフトでのパーティの余興と思はれる

時間よ止まれ(矢沢永吉)
※打ち上げか何かの折りか

ひみつのアッコちゃん(アニメ主題歌)
※野外イベント
c0005419_19134049.jpg


恋人たちのキャフェテラス(柏原芳恵)
※CX「夜のヒットスタジオDELUXE」1986.3.3
c0005419_19290439.jpg


パッション(早見優)
※CX「夜のヒットスタジオDELUXE」1986.11.12
c0005419_19335705.jpg


クローズ・アップ(中山美穂)
※CX「夜のヒットスタジオDELUXE」1986.12.3
c0005419_19154491.jpg


Help!(The Beatles) with 吉川晃司
c0005419_19260291.jpg


Come Together(The Beatles) with v.a.
c0005419_19242557.jpg


Let's Spend The Night Together (The Rolling Stones) with v.a.
c0005419_19223352.jpg


Telegram Sam(T.Rex) with v.a.
c0005419_19223386.jpg

※以上4曲 NTV「メリークリスマスショー」1986.12.24


ソロ以降
Mony Mony(Tommy James and the Shondells)

Rebel Rebel(David Bowie)

上を向いて歩こう(坂本九)

Tokyo Cityは風だらけ(ARB)

黒く塗りつぶせ(矢沢永吉)



ちなみにBOØWY時、ライブでは初期において度々カヴァー曲も披露してゐて、それをまとめた音源があつたので、ここにあげておく。






by ichiro_ishikawa | 2017-06-03 13:31 | 音楽 | Comments(0)  

1986 ポップ年表


1月1日 吉川晃司「キャンドルの瞳」
1月1日 新田恵利「冬のオペラグラス」 
1月21日 とんねるず「歌謡曲」
1月22日 渡辺美里「My Revolution」
1月28日 スペースシャトルのチャレンジャー号爆発事故。

2月1日 BOØWY「わがままジュリエット」
2月1日 国生さゆり「バレンタイン・キッス」 
2月3日 中森明菜「DESIRE -情熱-」
2月5日 中山美穂「色・ホワイトブレンド」
2月5日 本田美奈子「1986年のマリリン」
2月21日 おニャン子クラブ「じゃあね」
2月21日 チェッカーズ「OH!! POPSTAR」
2月21日 テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」
2月21日 吉川晃司『MODERN TIME』
2月26日 鈴木雅之「ガラス越しに消えた夏」

3月1日 BOØWYアルバム『JUST A HERO』
3月3日 BOØWY「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「わがままジュリエット」)
3月3日 BOØWY「オールナイトフジ」(「Justy」、「Miss Mistery Lady」、「わがままジュリエット」)出演。
3月21日 ラフ&レディ「背番号のないエース」
3月21日 吉川晃司「MODERN TIME」
3月21日 斉藤由貴「悲しみよこんにちは」
3月24日 BOØWY 青山スパイラルホールから「JUST A HERO TOUR」開始。
3月24日 少年隊「デカメロン伝説」
3月26日 荻野目洋子「フラミンゴinパラダイス」



4月5日  KUWATA BAND「BAN BAN BAN」
4月6日 BOØWY「勇気ある子供達が時代をつくる」出演(日比谷野外音楽堂)。
4月7日  NTV「歌のトップテン」放送開始。
4月8日 岡田有希子が東京都内のビルで飛び降り自殺。

4月9日 C-C-B「元気なブロークン・ハート」
4月10日 新田恵利「不思議な手品のように」
4月21日 TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」
4月21日 おニャン子クラブ「おっとCHIKAN!」
4月26日 チェルノブイリ原子力発電所事故。
4月30日 小泉今日子「100%男女交際」
4月30日 長渕剛「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「Don't Cry My Love」)

5月1日 1986オメガトライブ「君は1000%」
5月2日 うしろゆびさされ組「渚の『・・・・・』」
5月2日 レベッカ「RASPBERRY DREAM」
5月4日 BOØWY 中京TV「5時SATマガジン」ROCK WAVE(名古屋港ガーデン埠頭)出演。
5月10日 国生さゆり「夏を待てない」
5月16日 中山美穂「クローズ・アップ」
5月28日 杉山清貴「さよならのオーシャン」
5月28日 とんねるず「やぶさかでない」
5月30日 BOØWY「いきなりフライデーナイト」出演。

6月5日 チェッカーズ「Song for U.S.A.」
6月7日 ドラマ「親子ゲーム」放送開始。
6月10日 荻野目洋子「Dance Beatは夜明けまで」
6月21日 吉川晃司「NERVOUS VENUS」
6月29日 FIFAワールドカップメキシコ大会でアルゼンチンが西ドイツを破って優勝。

7月2日  BOØWY 日本武道館で「JUST A HERO TOUR」ツアー終了。
7月2日 長渕剛「SUPER STAR」
7月5日 KUWATA BAND「スキップ・ビート」
7月5日 KUWATA BAND「MERRY X'MAS IN SUMMER」
7月10日 小泉今日子「夜明けのMEW」
7月15日 中山美穂「JINGI・愛してもらいます」
7月21日 山下久美子「GIRL-FRIEND」
7月21日 山下久美子「BOY-FRIEND」
7月21日 石川さゆり「天城越え」
7月21日 おニャン子クラブ「お先に失礼」
7月31日 BOØWY『“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986』

8月2 -3日 BOØWY「第6回サマーピクニック」(玄海彫刻の岬・恋の浦)出演。
8月4日 BOØWY、吉川晃司、山下久美子、大沢誉志幸「ウォーター・ロック・フェス」(新宿 都有3号地)出演。
8月5日 とんねるず「寝た子も起きる子守唄」
8月5日 池田聡「モノクローム・ヴィーナス」
8月10日 BOØWY「ROCK'N'ROLL OLYMPIC'86」(スポーツランドSUGO)出演。
8月14日 石井明美「CHA-CHA-CHA」
8月21日 中山美穂「ツイてるねノッてるね」
8月21日 斉藤由貴「青空のかけら」

9月29日 BOØWY「B・BLUE」
9月30日 吉川晃司「すべてはこの夜に」

10月1日 山下久美子「SINGLE」
10月15日 チェッカーズ「NANA」
10月21日 山下久美子『1986』
10月21日 RCサクセション『the TEARS OF a CLOWN』
10月21日 とんねるず「人情岬」
10月24日 テレビ朝日「ミュージックステーション」放送開始。
10月22日 長渕剛 『STAY DREAM』
10月29日 荻野目洋子「六本木純情派」

11月5日 KUWATA BAND「ONE DAY」
11月6日 杉山清貴「最後のHoly Night」
11月8日  BOØWY『BEAT EMOTION』
11月11日  BOØWY石川厚生年金会館より「ROCK 'N ROLL CIRCUS TOUR」開始。
11月12日  BOØWY「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「B・BLUE」)
11月15日  BOØWY「オールナイトフジ」出演(「B・BLUE」、「BEAT SWEET」、「ONLY YOU」)。
11月19日 小泉今日子「木枯しに抱かれて」
11月21日 中山美穂「WAKU WAKUさせて」
11月24日 薬師丸ひろ子「紳士同盟」

12月3日 BOØWY「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「ONLY YOU」)
12月9日 ビートたけしフライデー襲撃事件。
12月12日 BOØWY「いきなりフライデーナイト」出演。
12月24日 BOØWY、吉川晃司、アン・ルイス「 MERRY X'mas SHOW」出演。


考察
・俺は中2から中3
・365日全て克明に覚へてゐる
・7月の総体の二回戦で敗退するまで俺はバスケしかしてゐない。だからそれ以前のものは実は後追ひ
・8月にスポーツブリバリ少年から文系へ転向
・原色カラフルから黒へと移行
・毎週のやうに名曲がリリースされる
・BOØWYと長渕と吉川ととんねるずの時代
・吉川はBOØWYとの交流によりアイドル路線からロック方面へとシフト
・ロックが1位になる時代
・BOØWYは『Just A Hero』と『Beat Emotion』といふロック史に残る最高傑作をリリース
・BOØWYは1986年前半と後半でガラリと変はる
・長渕は「親子ゲーム」と『Stay Dream』でキャリア頂点へ
・とんねるずはザベストテンで、つまらぬダジャレを連発してうるさい司会の松下アナを石橋が羽交締めにし、木梨はドロップキックを
・荻野目洋子は歌が上手い
・小泉今日子と中山美穂が好き
・中山美穂がピークでギラギラしてゐる
・小泉今日子のピークは85で86はしつとりしはじめた
・松田聖子が結婚で消え、中森明菜が王座に
・湘南爆走族とビーバップハイスクール
・おニャン子クラブの面々は俺よりちょっと年上
・新田恵利の音痴ぶりはヤバい。でも、何か良い


by ichiro_ishikawa | 2017-05-30 18:27 | 音楽 | Comments(0)  

氷室の秀逸歌唱、マニアックなベスト5


ポピュラリティをきちつとした形で獲得できるロックのアルバムを作りたいなと思つて制作に入つたソロデビューアルバム『Flowers for Algernon』で、1988年の大晦日に日本レコード大賞「最優秀アルバム賞」を受賞した氷室は、年明けの東京ドームにてソロとしての凱旋ライブを行つた際のMCで、「できれば歌唱賞もほしかつたけど…人生いろいろの島倉さんには敵わなかつたつてことで」とエスプリを効かせて語つてゐる。

超シングアロングな歌メロ、少年不良漫画を地でいくルックスと並び、氷室のワイルド&セクシーな歌唱力といふのがBOØWYが圧倒的ポピュラリティを獲得した3大要因の一つであるが、前述の氷室のセリフからうかがへることは、氷室自身がその歌唱力の高さを自認してをり、それがロック界は言はずもがな歌謡界全体においてもトップレベルであると自負してゐたといふことである。

基本的にはロックにおいて歌唱力といふのは重要ではない。といふのもまづ歌メロといふものがロックにおいては不要で、それよりもギターのフレイズだつたりリフ、音色が問はれるもので、ボーカルはむしろそのギターとの絡み、合ひの手的な意味合いしかない。あるひはシャウトである。
だからロックといふのは本来マニアックなポップミュージックで、このマニアックとポップのせめぎ合ひが魅力なのであり、女子供を巻き込む圧倒的ポピュラリティを獲得することはさうさう起こらず、勢ひ地下活動が多くなるのだが、稀に歌メロや歌唱力をも伴つて勝負してくるミュージシャンが出てくる。いふまでもなく超絶グッドメロディと3人のボーカリストを擁したビートルズがその最たる例であるが、BOØWYの凄さ、真価とは、その土俵に立つて勝負して、かつ結果を残したといふことである。


とはいへボーカルは、身体の経年劣化といふ必然に抗えない宿命を背負つてゐて、氷室のボーカルのピークは81〜96年(21〜36歳)、特に86〜87年(26〜27歳)であるが、その頃の、数多ある凄さの中でも特筆すべき特徴の一つは、後年出なくなつた地声のままの超ハイトーンと、歌い出し直前、間、直後の息使いのワイルド&セクシーさである。

前置きが長くなつたが、といふことで氷室の歌唱力、マニアックなベスト5を以下にまとめん。


第2位
「Don't Ask Me」0:42、1:44、2:37
「♪ You ask me what I want, darlin」のオーバーダビングによる氷室ひとりハモりの上部。
(布袋といふ説もあるが氷室だと思ふ)

ハモりの音楽理論に疎いので正確に記せないのがもどかしいが、主旋律のオクターブ上かその少し下かを、押さえた超ハイトーンで、サビの前半部だけハモつてゐる。これがシビれる。
c0005419_10270957.jpg




第1位
「Fantastic Story」0:48
「♪ Fantastic Story」の「ry」のあとの息。

無理に近似値として文字化すれば、「Story-ahっ」の「y-ahっ」がだいぶワイルド&セクシー。
c0005419_10270962.jpg



by ichiro_ishikawa | 2017-05-23 09:24 | 音楽 | Comments(0)  

「昨日はどこで寝てたんだ?」再考


c0005419_21380254.jpg


ニルヴァーナの「where did you sleep last night」
は『MTVアンプラグド』(1994)の最後を飾る曲で、レッドベリーのカバーだが、そもそのレッドベリーもアメリカン・トラディショナル・フォークソングのカバーで、「in the pines」などのヴァリアントも多く存在する。原曲は伝承歌である。

D-G-F-A-D、三拍子8小節の繰り返しといふおそらくは史上最もシンプルな楽曲のひとつだが、ここにポップミュージックの全てが詰まつてゐる。

アメリカン・トラディショナル・フォークソングは、ポップミュージックの大源流で、ブルーズ、フォーク、カントリー、ジャズ、ロックンロール、ポップスなど全てのポップソングは、そこに通ずる。

エルヴィス・プレスリー、ボブ・ディラン、ビートルズ、ストーンズといふ50〜60sのロック4大種牡馬は言はずもがな、デイヴィッド・ボウイ、エルヴィス・コステロ、ソニックユース、R.E.M.、U2、そしてニルヴァーナといつた、要は「残るロック」は全てそのヴァリアントと言つてよい。
日本文学における万葉集のやうなものだ。
ニルヴァーナのやうにプラグを抜くとそれがよりあらはになる。前述以外の曲も全てアメリカントラディショナルフォークソングだと分かる。グランジとかオルタナティヴといふのは時代のラベルに過ぎない。

そのヴァリアントの豊富さが伝へるやうに時代時代によつて曲の素材は変はるやもしれぬが、人間が生まれて生きて死ぬといふ形式が変はらない以上、その本質や内容も古来変はらない。
言ひ方、歌ひ方、奏で方で決まる。






by ichiro_ishikawa | 2017-05-15 20:51 | 音楽 | Comments(0)