タグ:music ( 411 ) タグの人気記事

 

ゲスの極み乙女。ベスト5


c0005419_23285353.jpg

ゲスの極み乙女。を知つて一週間。まだどんな出自でいつデビューしてなど基礎情報も知らない状態での、「俺の中での接触初期」時のベスト5。







by ichiro_ishikawa | 2017-09-09 23:23 | 音楽 | Comments(0)  

ザ・スミス『クイーン・イズ・デッド』デラックス版がリリース


c0005419_00131566.png

ザ・スミスの1986年のアルバム『ザ・クイーン・イズ・デッド』のデラックス版が10月25日に発売される模様。すでにApple Musicにスタンバイアップされてゐる(CD2の9. ‘There Is A Light That Never Goes Out’(take 1)、CD3の8. ‘Rubber Ring/What She Said/Rubber Ring’ の2曲だけが聴けるやうになつてゐる)。しかしCD+DVD版も買つてしまふやもしれぬ…。いや無用か? 本でも音楽でもパッケージ、ブツに惹かれてしまふのは昭和病なのか。


曲目は以下の通り。


『ザ・クイーン・イズ・デッド-デラックス・エディション』(完全生産限定盤 CD+DVD)


<CD1 – Original album: 2017 master>

1. ‘The Queen Is Dead’

2. ‘Frankly, Mr. Shankly’

3. ‘I Know It’s Over’

4. ‘Never Had No One Ever’

5. ‘Cemetry Gates’

6. ‘Bigmouth Strikes Again’

7. ‘The Boy With The Thorn In His Side’

8. ‘Vicar In A Tutu’

9. ‘There Is A Light That Never Goes Out’

10. ‘Some Girls Are Bigger Than Others’


<CD2 – Additional recordings>

1. ‘The Queen Is Dead’(full version)

2. ‘Frankly, Mr. Shankly’(demo)

3. ‘I Know It’s Over’(demo)

4. ‘Never Had No One Ever’(demo)

5. ‘Cemetry Gates’(demo)

6. ‘Bigmouth Strikes Again’(demo)

7. ‘Some Girls Are Bigger Than Others’(demo)

8. ‘The Boy With The Thorn In His Side’(demo mix)

9. ‘There Is A Light That Never Goes Out’(take 1)

10. ‘Rubber Ring’(b-side)

11. ‘Asleep’(b-side)

12. ‘Money Changes Everything’(b-side)

13. ‘Unloveable’(b-side)


Tracks 1-7 and 9 are previously unreleased.

Track 8 was released on 7” for Record Store Day.

Tracks 10 and 11 are 2017 masters of b-sides from ‘The Boy With The Thorn In His Side’.

Tracks 12 and 13 are 2017 masters of b-sides from ‘Bigmouth Strikes Again’.


<CD3 – ‘Live in Boston’ – previously unreleased>

1. ‘How Soon Is Now?’(5.25)

2. ‘Hand In Glove’(2.58)

3. ‘I Want The One I Can’t Have’(3.24)

4. ‘Never Had No One Ever’(3.29)

5. ‘Stretch Out And Wait’(3.09)

6. ‘The Boy With The Thorn In His Side’(3.34)

7. ‘Cemetry Gates’(3.01)

8. ‘Rubber Ring/What She Said/Rubber Ring’(4.17)

9. ‘Is It Really So Strange?’(3.23)

10. ‘There Is A Light That Never Goes Out’(4.09)

11. ‘That Joke Isn't Funny Anymore’(4.51)

12. ‘The Queen Is Dead’(5.08)

13. ‘I Know It's Over’(7.39)


Recorded at the Great Woods Center For The Performing Arts on 5th August 1986.


DVD:

‘The Queen Is Dead’ on 96kHz / 24-bit PCM stereo.

‘The Queen is Dead – A Film by Derek Jarman’.



なお、Apple Musicでは、
Never Had No One Ever、Cemetry Gates、The Queen Is Dead、I Know It's Over、Frankly Mr. Shankly、そしてBig Mouth Strikes Againのライブバージョンのシングルが、さらに動画‘The Queen is Dead – A Film by Derek Jarman’.がすでに配信されてゐる。





by ichiro_ishikawa | 2017-09-07 23:31 | 音楽 | Comments(0)  

私以外私ぢやないの


c0005419_10222030.png

1998年以降にデビューした日本のミュージシャンは、名前ぐらいは認知してても、メンバーの年代や編成、どんな感じの音楽かを知らないといふ意味で、その殆どを知らないが、ゲスの極み乙女。といふバンドも、その特殊なネーミングから、名前と、それがバンドであるといふことは認知していたが、いはゆるベッキー事件で初めて川谷何某といふ人の存在及びビジュアルを知つた次第で(ワイドナショー on youtube)、その音楽は聴いたこともなかつた。

そんな中、昨日やはりyoutubeにて、スカパー系の番組の企画での「小藪がゲスの極み乙女。のある曲のドラムを叩いてみる」といふシーンを観た。
小藪がドラムができることを知らなかつたため、興味深く見入つてしまつたのだが、同時にそのドラムのフレイズとバックで聴こえるオリジナルの曲に少し惹かれた。この企画は番組発で結成したバンドのプロデュースを川谷が行ふといふもので、川谷当人も出演してゐて、ついでにその動いてる川谷にも好感を持つた。なるほどこれはモテさうだ。

それで、当然のように関連動画で上がつてきたゲスの極み乙女。のPVと、ドラムがマイクのモニタリングをしている動画を観たところ、その小藪が叩いてゐた「私以外私じゃないの」といふ曲がやはり結構いいことに気づいた。ドラムとベース、キーボード/ピアノがいいと思つた。そして実はタイトルに「おやっ?」となつてゐた事も告白しておかねば嘘になる。
私以外、私ぢやない、か…。
さらに、
わたしいがい、わたしぢやないの
ピタッと五七調である。
(がい、ぢや、は一音カウント)

初めはギターとボーカルが好みぢやなかつたが(基本的にリーゼントでケンカが強そうぢやないと興味が湧かない)、ずつとリピートで聴いてゐたら、このギターボーカルがリーダーだなと納得。言葉と音、センスが良くて味がある…。

といふわけで、ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」が、まさかの目下のヘビーローテションとなつてしまつた。かたじけない。



by ichiro_ishikawa | 2017-09-07 09:17 | 音楽 | Comments(0)  

布袋、一行一文字の縦書き採用か


布袋がニューアルバム『PARADOX』をリリースするらしく早速グッズも発表されたが、ロゴが何と「一行一文字の縦書き」を採用してゐる。
c0005419_19160515.png

と一瞬思つたが、タイトルにちなんだ逆版デザインだつた。
以上。


by ichiro_ishikawa | 2017-09-04 19:14 | 音楽 | Comments(0)  

名ギグシーン Oasis respects John Lennon

c0005419_14065586.png

リアムとノエルがレノンの写真に見入るエンディング。
at Maine Road, Manchester, England 
on April 28, 1996



by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 13:57 | 音楽 | Comments(0)  

夏だったのかなぁ by PJハーヴェイ


夏が往つたが、P.J.ハーヴェイがSPOTIFYに秀逸なプレイリストを作つてゐたので以下に独自リンクと共に記す。

c0005419_13055759.png

​PJ Harvey Playlist 6 : 
Summer's Almost Gone
A selection of tracks, chosen by PJ Harvey


River Theme - Remastered
Bob Dylan・Pat Garrett and Billy the Kid


Strange Things
John Holt
・​
Soul Jazz Records Presents Studio One Rocksteady 2: The Soul Of Young Jamaica - Rocksteady, Soul And Early Reggae At Studio One


Summer's Almost Gone
The Doors​
Waiting for The Sun


Where There's Woman
Captain Beefheart & His Magic Band
​・​
Safe As Milk


Winterlong  
Neil Young
​・​
Decades



Love Street
The Doors
​・
Waiting for The Sun



Spoonful
Howlin' Wolf
・Howlin' Wolf



Lather
Jefferson Airplane
Crown Of Creation



Six Gnossienne
​ ​
:
​ ​
No.5,
​ ​
Modéré

Erik Satie, Aldo Ciccolini
 Ciccolini
​ Plays Satie



S
​ay Yes
Elliott Smith・Either / Or


T​
here 
​S​
he 
​G​
oes 
​A​
gain
​T
he 
​V
elvet 
​U
nderground
​, Nico・​
T
he 
​V
elvet 
​U
nderground
​ ​
& Nico




Suzanne
Leonard Cohen・Songs Of Leonard Cohen



Knockin' on Heaven's Door - Remastered
Bob DylanPat Garrett and Billy the Kid


by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 12:51 | 音楽 | Comments(0)  

名カバー「Superstar」


名カバー
「Superstar」Sonic Youth

c0005419_12253882.png


by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 12:24 | 音楽 | Comments(0)  

平成カルチャーがダメなのは何故か


平成(特に1997以降)に登場したポップミュージックの殆どがダメで、昭和に活動していたミュージシャンも平成にリリースしたものの殆どがダメなのは何故だらう。これは音楽に限らず文学や映画にも言へる。いや文化に限らない。
つまり、人間がダメなのだらうか。

あるひは、1997年に長き学生生活を終へ、同時代の音楽や文学や映画に殆ど接しなくなつたこと(加齢によるポップカルチャーへの興味の減衰)と関係はあるのだらうか。要するに、誰でも自分の10代を、世界自体の黄金期だと思ひ込むといつた主観の問題なのか。


by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 11:29 | 音楽 | Comments(0)  

100 Best Albums of the Eighties


100 Best Albums of the Eighties



シンセポップやラップからメタルにファンクまで、「ローリング・ストーン」誌の編輯者が選んだ80年代のアルバム、ベスト100


by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 01:40 | 音楽 | Comments(0)  

最近見知つた言葉、考へのメモ



平田オリザ
「文化の振興」から「文化の活用」へと方針を変へた政府について、アーティストや作品等を、役に立つか否か、来場者数などの数値のみで評価するやうになるとヤバい。(骨子要約)

磯崎健一郎
モーツァルトの音楽やだれそれの絵画に対して、作者の意図するところを答えよとは問はれないが、小説に関してはさうした問いが試験問題などでも平気でなされる。これはおかしい。音楽を聴いたり絵画を観るやうに、小説も読みたい。(骨子要約)

明石家さんま
(ネットフリックスなどネット動画での番組において放送コードが緩いのは演者にとつて魅力か、的なことを吉田豪に問はれ)、サッカーとかスポーツをやつて来たから、ルールがある中でやる方が楽しいと思ふタチ。(骨子要約)


by ichiro_ishikawa | 2017-09-03 01:12 | 文学 | Comments(0)