タグ:pop ( 99 ) タグの人気記事

 

歌手、稲垣潤一


声と歌唱が素晴らしく、名曲を多くリリースしてもゐる稲垣潤一は、ドラムを叩きながらの実演の印象もあいまつて、イメージ的にニューミュージック、シンガーソングライターと思はれがちだが、実は歌手だ。曲も詞も書いてない。といふことに気づくのはよいことだ。

「ドラマティック・レイン」

(1982年10月21日) 

作詞:秋元康/作曲:筒美京平 




「夏のクラクション」

(1983年7月21日) 

作詞:売野雅勇/作曲:筒美京平 



「オーシャン・ブルー」

(1984年4月28日)  

作詞・作曲:松任谷由実 



「バチェラーガール」

(1985年7月1日) 

作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一 




「思い出のビーチクラブ」

(1987年4月22日)

 作詞:売野雅勇/作曲:林哲司



 

「クリスマスキャロルの頃には」

(1992年10月28日)

作詞:秋元康/作曲:三井誠   





by ichiro_ishikawa | 2017-12-11 19:53 | 音楽 | Comments(0)  

BOØWYととんねるず


BOØWYととんねるずといふのが俺の原点のひとつなわけだが、彼らは1986年12月3日の「夜のヒットスタジオdeluxe」にて、ただ一度だけ交わつた。その回において、中山美穂が歌つてゐるときに、ひな壇のとんねるずと氷室と布袋の4ショットが一瞬抜かれてゐたので、キャプチャーした。

c0005419_11554366.jpg
手前は美穂の踊り子。ひな壇にBOØWYが居るといふだけで貴重。

by ichiro_ishikawa | 2017-12-11 11:46 | 音楽 | Comments(0)  

ゲスはモノホンか



「ゲスモノホン説」をことあるごとに吹聴して回つてゐるが、周囲(中年~初老)のリアクションは冷ややかだ。

そんなこともあり、かういふ俺当人もてめえを徹底的に疑ひ、果たして本当にモノホンかを確かめるべく、ずーっとゲスばかりを聴き倒して、飽きるのを待つてゐる。
どんな名曲、名盤でも、聴きすぎると飽きる。ヘビロテといふ風雪に耐え、下取りに出されず、我が書斎の「永久保存棚」格納へと昇格したものだけが、「モノホン」の称号を俺から賦与される。果たしてゲスがモノホンであることは説から事実へとなつていくのか。ほぼ結論は出かかつてゐるが、あまりに周囲が冷やかなので、念のため、周囲への敬意も含め、判断を保留してゐる次第である。

おそらくゲスの再生回数はここ数か月で1万は行つてゐる。日々の通勤時、出張時の新幹線内、帰宅後のリピートと、音楽を聴ける状況下(ほぼイヤホン)においては9割、ゲスを聴いてゐる。

結果、まだ飽きない。どころか日々新たな発見がある。最近は歌詞の言葉の斡旋の絶妙さ、思想、リズムの乗せ方、そしてギターのフレイジング、ミュートカッティングなどなど。
アップルミュージックですでに全曲聴いてゐるが、CDも購入してしまひさうな勢いである。もつと良い音で大音量で聴いてみたい。

結果は年末に出るだらう。



by ichiro_ishikawa | 2017-12-04 14:58 | 音楽 | Comments(0)  

ヴァン・モリスンがまた新作


少年〜青年時代はロックミュージシャンが趣味的にジャズつぽいアルバムを挟んできたりすると「何だよダセエな」と決まつて閉口、スルーしてきたものだが、もはやズージャがデフォルトとなつた中年の今はさういふことがあると「お、こつちに来てくれたか」と、てめえがそもズージャ人であるかのやうな態で、歓迎するといふ始末。
逆にこれまでよくズージャミュージシャンをフル起用しズージャテイストの強いポップ作をリリースしてきたスティングなどが「ロック回帰」アルバムを放つてきたりすると、「なんだロックかよ」とこれまたズージャ畑ヅラしながら失望する昨今だ。

そんな中、多作ヴァン・モリスンがズージャスタンダードをカバーしまくつた最新作『Versatile』を前作から僅か3ヶ月といふスパンでリリースしてきた。
コステロと並び白人ソウルシンガーの最高峰に位置するモリスンだが、この手のミュージシャンはそもズージャといふかルーツ志向の強いミュージシャンであるし、度々さうしたアプローチは見せてきたわけで、かうしたアルバム自体に別段驚きはないが、だからこそ今回は「いよいよド・ズージャか⁈」と期待してApple Musicにて聴いてみた次第だ。

しかし蓋を開けてみると、数曲、もしくは一曲の中でのズージャアプローチがあるものの、ラウンジどまり、全体としてはソウルである。ソウルであるといふことはポップであるので、つまりズージャの対極である。
いまの俺は一音もポップでない、かつ前衛的でないズージャが聴きたい艶やかな心地なので、いまいまはマッチしなかったが、とはいへオトナチックな落ち着いたジャズテイスト溢れるソウルアルバムとして最高クオリティの一作だ。とにかくものすげえボーカルである。サウンドも言はずもがな。
c0005419_10220020.jpg





by ichiro_ishikawa | 2017-12-04 09:49 | 音楽 | Comments(0)  

ロックと俺


それが何であれ、何かにガツンとやられた経験といふのが大事なのだらうと思ふ。といふか、それがその後の一生を支配するといふのは事実だらう。

俺はティーンエイジャーの頃にロックにやられた。
爾後、生きるイコールロックであると言へる。

すつかりズージャしか聴かない人間になつたけれど、ズージャばかり聴いてゐること自体も、ロックなのである。
甥っ子の成長に目を細めてゐても、定年の日を指折り数へ年金の計算をしてゐても、実はこれがロックなのであつた、俺の場合は。

その対象、行為はもはや問題ではない。
如何に生きるか、それがロックに生きる、だからだ。
身体を切れば血が吹き出る代はりにロックが流れ出るまでに、骨の髄までロックなのであつた。エピタフも無論、ロック、である。いたづらで遺族がフォークと書いても、風雨がロックと書き直してしまふこと必至だ。
ロックに生きるとは、無私、中庸といふことだ。


by ichiro_ishikawa | 2017-11-21 15:40 | 音楽 | Comments(0)  

ゲスの極み乙女。ベスト5

ゲスの極み乙女。ベスト5


17位
デジタルモグラ
(『魅力がすごいよ』 2014年10月29日)


16位
シアワセ林檎
(『達磨林檎』 2017年5月10日)


15位
心地艶やかに
『達磨林檎』 2017年5月10日


14位
無垢な季節
(「無垢な季節」2015年8月28日 配信シングル)
「オトナチック/無垢な季節」 2015年10月14日
(『両成敗』 2016年1月13日)


13位
ロマンスがありあまる
 「ロマンスがありあまる」2015年6月17日
『両成敗』 2016年1月13日


12位
猟奇的なキスを私にして
 「猟奇的なキスを私にして/ アソビ」2014年8月6日)
(『魅力がすごいよ』 2014年10月29日)


11位
ノーマルアタマ
(『みんなノーマル』 2014年4月2日)


10位
キラーボール
(『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』 2013年12月4日)


9位
私以外私じゃないの
 「私以外私じゃないの2015年4月22日
(『両成敗』 2016年1月13日)


8位
Crying March
(『魅力がすごいよ』 2014年10月29日)


7位
ホワイトワルツ
(『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』 2013年12月4日)


6位
シリアルシンガー
(『両成敗』 2016年1月13日)


5位
星降る夜に花束を
(『魅力がすごいよ』 2014年10月29日)


4位
ハツミ
(『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』 2013年12月4日


3位
スレッドダンス
(『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』 2013年12月4日)


2位
パラレルスペック
『みんなノーマル』 2014年4月2日


1位
オトナチック
(「オトナチック/無垢な季節」 2015年10月14日)
(『両成敗』 2016年1月13日)


by ichiro_ishikawa | 2017-11-07 22:37 | 音楽 | Comments(0)  

新木場にてゲスギグ鑑賞。

c0005419_09554552.jpg

ゲスギグ初鑑賞。

今年の夏にゲスを初めて知つてからわづか3ヶ月、その間、Apple Musicで全音源を聴き倒し、印をつけ、プレイリストを作り、ギターとベースをコピーし、歌ふ、といふ行為を続けてきたわけだが、ふと「生ギグ観てえな…でもドームはやだな」と思つてゐたら、なんとライブハウスで普通にやつてゐるといふ。何かすごく話題になつてゐたし、紅白にも出たといふ噂を聞いてゐたため、てつきりドーム、ホールクラスかと思ひ込んでゐた。だがこれだけの才能、最後のライブハウスだらう、来年からはもう数百キャパではやれないだらう、と、すべてのゴトシと用事を抛つて新木場スタジオコーストへ向かつた。

ボーカル、ギター、ベース、キーボード、ドラム、コーラス、MCすべてよし。

オーディエンスも品が良いといふか大人しい女の子が多く、よい。嬌声もモッシュもなく、かといつて冷めてるわけでもない、丁度よい盛り上がり方で、これは新鮮だつた。

全盛期の若いバンドのギグといふと、1994〜95年のOasis、Radioheadら以来、実に20年ぶりの参戦だつたわけだが、世の中変はつた。なんといふか、みなライブ慣れしてゐる。おそらくこれもインターネットだ。YouTubeで世界中のギグを観られるし、フェスもふんだんにあるし、あらゆるものが用意周到なアイツが考えたゲーム、「こんなもんでしょ」なのだらう。20年前は、まだガツガツしてゐた。興奮してゐた。ドラッグが蔓延してゐた。クラブ文化の残り火があつた。今の若いロックファンはものすごくオトナチックなのであつた。おそらく最年長であつた40半ばのオッサンが居ても浮かない、心地よいスペースがそこにはあつた。

新しい発見としては、川谷絵音のベシャリがものすごく面白いといふ点。一回一回がすごく長いのだが、みな、ちよつとしたすべらない話レベルであつた。極め付けが本ツアーで毎回やつてゐるといふアコギ即興弾き語り。オーディエンスから6つのワードをもらひ、ステージ上で5〜6分で曲を作り披露する。この日は「豚足」「ハイボール」「大戸屋」「宮古島」「女子高生」「ゲシュタルト崩壊」
この作詞作曲タイムの間はベースの休日課長の漫談で繋ぐ。その間、絵音はギターを持つてゐるのだが一切弾かず、腕を組みただただ黙考してゐる。これは歌詞を考へてゐるのであつた。歌詞さへできれば曲はその場で如何様にもつけられるといふのだらうか。
実際、出きたその即興ソングは、歌詞が素晴らしいのであつた。
ゲスはメロディと楽曲構成やアレンジが素晴らしいと思つてゐたし、実際ものすげえのだが、なにより歌詞がすげえのだと思ひ知つた。
まあつまり全部だな。よいバンドといふのはさういふものだ。魅力がすごいよ。

ちなみに川谷絵音は大学時代、武蔵小金井のデニーズでバイトをしてゐたといふことが、今回のそのすべらないMCで発覚。ウィキペディアによると川谷は1988年12月生まれで東京農工大学工学部応用分子化学科卒業。農工大工学部は東小金井にキャンパスがあり、といふことは、浪人留年をしてゐなければ2007年4月〜2011年3月まで在学していたといふことで、デニーズでのバイトもその間であらうか。
なぜこれが大事かといへば、俺は2009年12月に武蔵小金井に引越し、爾来2011年頃までその武蔵小金井デニーズにかなり入り浸つてゐたため、川谷の大学時代後半、界隈で遭遇してゐた可能性が大いにあるのであつた。だからどうといふことはないが、縁を感じないでもない。



by ichiro_ishikawa | 2017-11-07 09:14 | 音楽 | Comments(0)  

80年代歌謡史 その6 ポップの終焉


ポップの終焉

1987-88

ロックでなければ売れない時代にあつての残り火



1986年、ロックによつて凌駕された歌謡界は、1987〜88年、ついに終焉を迎える。

見るべき名曲といふものが生まれなくなり、アイドルたちは一気に精彩を欠いてゆくのであつた。

やがて昭和が終はり、ベルリンの壁が崩れ、バブルが崩壊する。シリアスなロックが台頭したのもつかの間、平成に入ると日本のポップミュージック自体が壊滅状態に陥る。



1987年2月25日

嵐のマッチョマン/とんねるず


1987年2月25日

水のルージュ/小泉今日子



1987年3月5日

MARILYNE/吉川晃司



1987年3月18日

「派手!!!」 /中山美穂



1987年4月5日

迷惑でしょうが…/とんねるず



1987年6月5日

終わらないSun Set/吉川晃司



1987年6月5日

大きなお世話サマー/とんねるず



1987年7月1日

Smile Again/小泉今日子



1987年7月7日

50/50/中山美穂



1987年9月17日

おらおら/とんねるず



1987年10月7日 

CATCH ME/中山美穂



1987年10月21日

キスを止めないで/小泉今日子



1987年11月21日

HOT LIPS/吉川晃司


1988年2月3日

プリティ・デイト/吉川晃司



1988年2月25日

炎のエスカルゴ/とんねるず




by ichiro_ishikawa | 2017-11-01 00:20 | 音楽 | Comments(0)  

80年代歌謡史 その5 1986年


歌謡曲とロックの融合

1986

BOØWYと長渕によるロックへの政権交代


原色ポップの狂騒1985を経て、歌謡界はモノトーン、ブラックへと色彩を変へていく。

BOØWYの大ブレイク、長渕剛『STAY DREAM』といふロック勢が歌謡ヒットチャートを席巻してしまふといふ背景のもと、歌謡界とロックとの境界は溶解していくことになる。


1986年1月1日

キャンドルの瞳/吉川晃司



1986年1月21日

歌謡曲/とんねるず



1986年2月5日

色・ホワイトブレンド/中山美穂



1986年2月3日

DESIRE -情熱- /中森明菜



1986年3月21日

MODERN TIME/吉川晃司



1986年3月26日

フラミンゴ in パラダイス/荻野目洋子



1986年4月30日

100%男女交際/小泉今日子



1986年5月16日

クローズ・アップ/中山美穂



1986年5月28日

やぶさかでない/とんねるず



1986年6月10日

Dance Beatは夜明けまで/荻野目洋子



1986年7月10日

夜明けのMEW/小泉今日子



1986年7月15日

JINGI・愛してもらいます/中山美穂



1986年8月5日

寝た子も起きる子守唄/とんねるず



1986年8月21日

ツイてるねノッてるね/中山美穂



1986年9月30日

すべてはこの夜に/吉川晃司



1986年10月21日

人情岬/とんねるず



1986年10月29日

六本木純情派/荻野目洋子



1986年11月19日

木枯しに抱かれて/小泉今日子



1986年11月21日

WAKU WAKUさせて/中山美穂




by ichiro_ishikawa | 2017-11-01 00:19 | 音楽 | Comments(0)  

80年代歌謡史 その4 とんねるずと中山美穂


とんねるず登場、中山美穂デビュー

1985

原色ポップの狂騒


すでに「ぴょん吉ロックンロール」でレコードデビューを果たしてゐたとんねるずが、「オールナイトフジ」でのブレイクを機に、「一気!」で再デビュー。

1985年、2年目の吉川晃司と共に男性歌謡界を席巻していく。さらに4月には「夕やけニャンニャン」といふ主戦場も得て、既成の歌謡システムに揺さぶりをかける。


6月には中山美穂がデビュー。お色気ドラマを主演し、ヤンマガの人気不良漫画の映画化「ビーバップハイスクール」でヒロイン泉京子を演じ、「なんてったってアイドル」でアイドルシステムを対象化した小泉今日子と共に、清純アイドルとは違うロックテイストのアイドルとして聖子、明菜の二強時代に楔を打ち込む。



1984年12月5日

一気!/とんねるず(22,23歳)



1984年12月21日

The Stardust Memory/小泉今日子



1985年1月11日

You Gotta Chance 〜ダンスで夏を抱きしめて〜/吉川晃司



1985年1月30日

天使のウィンク/松田聖子



1985年3月8日

ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕/中森明菜



1985年4月1日

夕やけニャンニャン放送開始



1985年4月10日

常夏娘/小泉今日子



1985年4月21日

青年の主張/とんねるず



1985年4月23日

にくまれそうなNEWフェイス/吉川晃司



1985年5月9日

ボーイの季節/松田聖子



1985年6月8日

ハートブレイカー/小泉今日子(「KYON2」名義)



1985年6月19日

SAND BEIGE -砂漠へ-/中森明菜



1985年6月21日

「C」 /中山美穂



1985年7月25日

魔女/小泉今日子



1985年8月1日

PASSION/早見優



1985年9月5日

雨の西麻布/とんねるず



1985年9月25日

RAIN-DANCEがきこえる/吉川晃司



1985年10月1日

生意気 /中山美穂



1985年10月9日

SOLITUDE /中森明菜



1985年11月21日

なんてったってアイドル/小泉今日子



1985年11月21日

ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)/荻野目洋子(16歳、デビューは1年前)



1985年12月5日

BE-BOP-HIGHSCHOOL/中山美穂


by ichiro_ishikawa | 2017-11-01 00:18 | 音楽 | Comments(0)