タグ:pop ( 66 ) タグの人気記事

 

稲垣潤一&杉山清貴ベスト5


その良し悪しの趣味はおそらくかなり偏つてゐるのだが、俺は声がいいシンガーが好きだ。

氷室が好きなのもその理由の殆どが声で、
鈴木雅之や玉置浩二、寺尾聰、大沢誉志幸、井上陽水、そして忌野清志郎もまづ声が素晴らしいと思つてゐる。

共通点は何だらう。ソウルフルか。さうかもしれぬ。そんな気もする。

そんな中、盲点だつたのが、稲垣潤一と杉山清貴だ。

稲垣潤一は、昨年の松本隆作詞家生活40周年イベント「風街レジェンド」で、「バチェラーガール」を生で聴き、その再評価の機運が高まつた。以来youtubeでエンドレスリピート、かつ全アルバムまで買つてしまつた。
その流れで杉山清貴にも行き着いた。

彼らは俺が少年期の80年代に活躍してゐたシンガーなのだが、前述の鈴木雅之らほど気にすることもなかつたのは、キラキラしたスポーツマンだつた俺に引つかかるには、彼らの容姿やステージングが地味過ぎたからだらう。要するに少し大人向けだつたわけだ。
だから齢45にして漸く稲垣と杉山がフィットしてきた次第だ。

「バチェラーガール」は大滝詠一だから曲もグンバツだが、それ以外もなかなかどうして佳曲揃い。
以下、稲垣潤一&杉山清貴ベスト5。


稲垣潤一「ドラマティック・レイン」(1982年)
作詞:秋元康/作曲:筒美京平


大滝詠一「バチェラーガール」(1985年)
作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一



稲垣潤一「バチェラーガール」(1985年)



稲垣潤一「思い出のビーチクラブ」(1987年)
作詞:売野雅勇/作曲:林哲司



稲垣潤一「クリスマスキャロルの頃には」(1992年)
作詞:秋元康/作曲:三井誠



稲垣潤一「恋するカレン」(大滝詠一1981年)
作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一



杉山清貴&オメガトライブ「サマー・サスピション」(1983年)
作詞: 康珍化/作曲・編曲: 林哲司



杉山清貴「ふたりの夏物語」(1985年)
作詞: 康珍化/作曲・編曲: 林哲司



杉山清貴&オメガトライブ「ガラスのPALM TREE」(1985年)
作詞: 康珍化/作曲・編曲: 林哲司



杉山清貴「さよならのオーシャン」(1986年)
作詞: 大津あきら/作曲: 杉山清貴



杉山清貴「最後のHolyNight」(1986年)
作詞: 売野雅勇/作曲: 杉山清貴/編曲: 笹路正徳



by ichiro_ishikawa | 2016-11-25 23:19 | 音楽 | Comments(0)  

オリコン1987-89

1987

1位 命くれない / 瀬川瑛子
2
TANGONOIR / 中森明菜
3
位 雪國 / 吉幾三
4
STARLIGHT / GENJI
5
StrawberryTime / 松田聖子


6
位 難破船 / 中森明菜
7
Blonde/ 中森明菜
8
位 無錫旅情 / 尾形大作
9
位 追憶 / 五木ひろし
10
位君だけに / 少年隊
11
位 木枯しに抱かれて / 小泉今日子


12
位 ろくなもんじゃねえ / 長渕剛


13
位 輝きながら… / 徳永英明
14
位 楽園のDoor /南野陽子
15
I Loveyou, SAYONARA / チェッカーズ
16
stripeblue / 少年隊
17
WAKUWAKUさせて / 中山美穂


18
位 話しかけたかった / 南野陽子
19
位 バラードのように眠れ / 少年隊
20位 マリオネット / BOØWY




1988

1
位 パラダイス銀河 / GENJI
2
位 ガラスの十代 / GENJI
3
Diamondハリケーン / GENJI
4
DAYBREAK/ 男闘呼組
5
位 乾杯 / 長渕剛


6
MUGO色っぽい / 工藤静香
7
位 剣の舞 / GENJI
8
ANGEL/ 氷室京介


9
位 人魚姫 / 中山美穂


10
YouWere Mine / 久保田利伸


11
位 吐息でネット / 南野陽子
12
位 みんなのうた / サザンオールスターズ
13
TATTOO/ 中森明菜
14
AL-MAUJ/ 中森明菜
15
You'reMy Only SHININ' STAR / 中山美穂
16
位 とんぼ / 長渕剛


17
C-Girl/ 浅香唯
18
位 抱きしめてTONIGHT/ 田原俊彦
19
位 はいからさんが通る / 南野陽子
20
位 命くれない / 瀬川瑛子


1989

1
Diamonds/ プリンセスプリンセス
2
位 世界でいちばん熱い夏 / プリンセスプリンセス
3
位 とんぼ / 長渕剛


4
位 太陽がいっぱい / GENJI
5
位 愛が止まらない /Wink
6
位 恋一夜 / 工藤静香
7
位 淋しい熱帯魚 /Wink
8
位 嵐の素顔 / 工藤静香
9
位 黄砂に吹かれて / 工藤静香
10
位 涙をみせないで /Wink
11
位 地球をさがして / GENJI
12
位 激愛 / 長渕剛


13
位 秋 / 男闘呼組
14
位 夢の中へ / 斉藤由貴
15
Return to Myself / 浜田麻里


16
TIMEZONE / 男闘呼組
17
ANNIVERSARY/ 松任谷由実
18
Runner/ BAKUFU-SLUMP
19
GLORIA/ ZIGGY
20
位 リゾラバ /BAKUFU-SLUMP

by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:36 | 音楽 | Comments(0)  

オリコン1984-86

1984
1
位 もしも明日が / わらべ
2
位 ワインレッドの心 / 安全地帯


3Rock'nRouge / 松田聖子


4位 涙のリクエスト / チェッカーズ
5位 哀しくてジェラシー / チェッカーズ
6
位 十戒(1984 / 中森明菜


7位 娘よ / 芦屋雁之助
8
位 星屑のステージ / チェッカーズ
9
位 北ウイング / 中森明菜


10位 サザンウィンド / 中森明菜


11位 星空のディスタンス / アルフィー
12位 雨音はショパンの調べ / 小林麻美
13位 メインテーマ / 薬師丸ひろ子


14位 長良川艶歌/おはん / 五木ひろし
15位 時間の国のアリス / 松田聖子


16位 ふたりの愛ランド/渚の誓い / 石川優子とチャゲ


17
位 ピンクのモーツァルト / 松田聖子


18
位 ラヴイズオーヴァー / 欧陽菲菲


19
位 悲しみがとまらない / 杏里


20
位 ギザギザハートの子守唄 / チェッカーズ



1985

1
位 ジュリアに傷心 / チェッカーズ
2
位 ミアモーレ / 中森明菜


3
位 恋におちて / 小林明子


4
Romanticが止まらない / C-C-B


5
位 あの娘とスキャンダル / チェッカーズ


6
位 飾りじゃないのよ涙は / 中森明菜


7
SAND BEIGE/ 中森明菜
8
位 俺たちのロカビリーナイト / チェッカーズ
9
位 悲しみにさよなら / 安全地帯


10
位 天使のウィンク / 松田聖子


11
位 卒業 / 菊池桃子
12
位 あなたをもっと知りたくて / 薬師丸ひろ子


13
位 翼の折れたエンジェル / 中村あゆみ
14
位 スターダストメモリー / 小泉今日子


15
位 ふたりの夏物語 / 杉山清貴&オメガトライブ


16
位 今だから / 松任谷由実小田和正財津和夫
17
位 バイバイマイラブ / サザンオールスターズ
18
位 ふられ気分でROCK'N'ROLL/ トムキャット


19
位 ボーイの季節 / 松田聖子
20位 赤い鳥逃げた(12インチ) / 中森明菜



1986

1
CHA-CHA-CHA/ 石井明美


2
DESIRE/ 中森明菜
3
位 仮面舞踏会 / 少年隊
4
BanBAN Ban / KUWATA BAND
c0005419_18464121.jpg












5MyRevolution / 渡辺美里
6
位 恋におちて / 小林明子


7
位 ジプシークイーン / 中森明菜
8
位 スキップビート /KUWATA BAND
c0005419_18443114.jpg












9OH!!POPSTAR/ チェッカーズ
10
位 青いスタスィオン / 河合その子
11
Songfor U.S.A. / チェッカーズ
12
位 ダンシングヒーロー / 荻野目洋子


13
位 冬のオペラグラス / 新田恵利


14
位 バレンタインキッス / 国生さゆり


15
MERRYX'MAS IN SUMMER / Kuwata Band


16
位 シーズンインサン / チューブ


17
位 バナナの涙 / うしろゆびさされ組


18
位 君は1000 / 1986 OMEGA TRIBE


19
位 悲しみよこんにちは / 斉藤由貴


20位 熱き心に / 小林旭


by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:17 | 音楽 | Comments(0)  

オリコン1980-1983

1980
1
位 ダンシングオールナイト / もんた&ブラザーズ

2
位 異邦人 / 久保田早紀


3位 大都会 / クリスタルキング


4位 ランナウェイ / シャネルズ


5位 順子 / 長渕剛


6位 贈る言葉 / 海援隊
7位 おまえとふたり / 五木ひろし
8
位 別れても好きな人 / ロスインディオス&シルビア
9
位 さよなら / オフコース


10位 哀愁でいと / 田原俊彦
11
Sachiko/ ばんばひろふみ
12
位 昴 / 谷村新司
13
位 とまり木 / 小林幸子
14
位 風は秋色/Eighteen/ 松田聖子
15
位 青い珊瑚礁 / 松田聖子


16位 蜃気楼 / クリスタルキング
17
位 おやじの海 / 村木賢吉
18
位 防人の詩 / さだまさし
19
位 パープルタウン / 八神純子


20位 秋止符 / アリス


1981

1
位 ルビーの指環 / 寺尾聰


2位 奥飛騨慕情 / 竜鉄也
3
位 スニーカーぶる~す / 近藤真彦
4位 ハイスクールララバイ / イモ欽トリオ
5位 長い夜 / 松山千春


6位 大阪しぐれ / 都はるみ
7
位 街角トワイライト / シャネルズ


8位 恋人よ / 五輪真弓


9位 チェリーブラッサム / 松田聖子


10位 守ってあげたい / 松任谷由実


11位 ブルージーンズメモリー / 近藤真彦
12位 恋=DO / 田原俊彦
13
位 愛はかげろう / 雅夢


14位 夏の扉 / 松田聖子


15位 ツッパリ HighSchool Rock'n Roll(登校編) /T.C.R.横浜銀蝿R.S.


16位 みちのくひとり旅 / 山本譲二


17位 帰ってこいよ / 松村和子
18位 メモリーグラス / 堀江淳


19位 シャドーシティ / 寺尾聰


20位 ヨコハマチーク / 近藤真彦



1982

1
位 待つわ / あみん


2位 セーラー服と機関銃 / 薬師丸ひろ子


3位 聖母たちのララバイ / 岩崎宏美


4位 心の色 / 中村雅俊
5
位 北酒場 / 細川たかし
6
位 悪女 / 中島みゆき
c0005419_21281833.jpg






















7位 ハイティーンブギ / 近藤真彦


8位 チャコの海岸物語 / サザンオールスターズ
9位 情熱熱風せれなーで / 近藤真彦
10位 ふられてBANZAI/ 近藤真彦
11位 渚のバルコニー / 松田聖子


12位 赤いスイートピー / 松田聖子


13位 ウエディングベル / シュガー


14位 哀愁のカサブランカ / 郷ひろみ
15
位 小麦色のマーメイド / 松田聖子


16位 ジェームスディーンのように /Johnny
17
位 誘惑 / 中島みゆき
18
位 シルエットロマンス / 大橋純子
19
位 色つきの女でいてくれよ / タイガース


20位 いいルージュマジック / 忌野清志郎+坂本龍一




1983

1
位 さざんかの宿 / 大川栄策
2
位 矢切の渡し / 細川たかし
3
位 めだかの兄妹 / わらべ
4
位 探偵物語/すこしだけやさしく / 薬師丸ひろ子



5位 氷雨 / 佳山明生
6
位 キャッツアイ / 杏里


7位 ガラスの林檎/SWEETMEMORIES / 松田聖子


8位 セカンドラブ / 中森明菜


9位 フラッシュダンス / アイリーンキャラ


10位 め組のひと / ラッツ&スター


11位 時をかける少女 / 原田知世


123年目の浮気 / ヒロシ&キーボー
13
1/2の神話 / 中森明菜


14位 初恋 / 村下孝蔵
15
位 氷雨 / 日野美歌
16
位 天国のキッス / 松田聖子


17位 禁区 / 中森明菜


18位 浪花恋しぐれ / 都はるみ岡千秋
19
位 トワイライト / 中森明菜


20位 想い出がいっぱい / H2O

by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:10 | 音楽 | Comments(0)  

女性の名前名曲ベスト5

Alison Elvis Costello


Alison 氷室京介


Veronica Elvis Costello



gloria U2



わがままジュリエット BOØWY


モニカ 吉川晃司


順子 長渕剛


Angie The Rolling Stones


恋するカレン 大滝詠一


マリアンヌ ジャッキー・チェン

こっちをお向よソフィア 山下久美子





by ichiro_ishikawa | 2016-10-10 21:02 | 音楽 | Comments(0)  

サミュエル・ホイ名曲ベスト5



鬼馬雙星



「Mr.Boo!ギャンブル大将」主題歌
(原題:鬼馬雙星、英題:Games Gamblers Play、1974年、日本公開1979年12月15日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

武術指導:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)(朱元龍名義)

TV初放送1982年5月1日、フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』



雙星情歌

「Mr.Boo!ギャンブル大将」挿入歌
c0005419_01543734.jpg




天才與白痴

「Mr.Boo!天才とおバカ」主題歌
(原題:天才與白痴、1975年、日本未公開、2013DVD)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)



銭銭銭

「Mr.Boo!天才とおバカ」挿入歌




半斤八两


「Mr.Boo!」主題歌
(原題:半斤八两、英題:The Private Eyes、1976年、日本公開1979年2月3日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

応援監督:ジョン・ウー(呉字森)

武術指導:サモ・ハン・キンポー(洪金寶)

TV初放送1981年5月2日、フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」



浪子心聲

「Mr.Boo!」挿入歌

c0005419_01532773.jpg




賣身契

「Mr.Boo!インベーダー作戦」主題歌
(原題:賣身契、英題:THE CONTRACT、1978年、日本公開1979年5月26日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

TV初放送1982年1月1日(金)、フジテレビ「新春特別ロードショー」



杯酒當歌

「Mr.Boo!インベーダー作戦」挿入歌


太空舞

「Mr.Boo!インベーダー作戦」挿入曲

c0005419_01523330.jpg




摩登保鏢


「新Mr.Boo!アヒルの警備保障」主題歌
(原題:摩登保鏢、英題:Security Unlimited、1981年、日本公開1982年1月30日)

監督・脚本:マイケル・ホイ(許冠文)

製作:レイモンド・チョウ(鄒文懐)

TV初放送1984年4月30日、フジテレビゴールデン洋画劇場」



印象
「新Mr.Boo!アヒルの警備保障」挿入歌

c0005419_01512292.jpg



最佳拍檔

「悪漢探偵」主題歌
(原題:最佳拍檔、英題: Aces Go Places、1982年、日本公開1983年1月29日)
製作:シネマ・シティ(新藝城電影公司)

監督:エリック・ツァン

製作:カール・マッカ、ディーン・セキ

製作総指揮:ポール・レイ

本:レイモンド・ウォン

TV初放送:1985年5月4日、フジテレビ「ゴールデン洋画劇場」


c0005419_01514423.jpg




おまけ
Time of the Season
1971 cover of Zombies




日本娃娃
1985 
Thanks Thanks Thanks Thanks Monica



by ichiro_ishikawa | 2016-10-06 01:46 | 音楽 | Comments(0)  

玉置浩二(安全地帯)



ワインレッドの心(1983)




恋の予感(1984)




悲しみにさよなら(1985)




碧い瞳のエリス(1985)




プルシアンブルーの肖像 (1986)





じれったい(1987)with アマゾンズ




「キ・ツ・イ」(1988) with アマゾンズ



「いっそセレナーデ」(from「キツイやつら」1988)




「夏の終わりのハーモニー」with 井上陽水、タモリ




「飾りじゃないのよ涙は」with 井上陽水、中森明菜



by ichiro_ishikawa | 2016-09-24 17:43 | 音楽 | Comments(0)  

心と顔

c0005419_14344356.jpg


1986年12月、ロックンロールサーカスツアーの真っ只中に、3回目となる「夜のヒットスタジオ」への出演を果たした際、共演していた中山美穂の歌前に、中山の大ファンとして司会に引き出され、中山美穂のどこが好きかを問われた氷室が「顔が好きです」と答えた事は、当時中学生の俺には衝撃であった。


普通かうした芸能界的な場では、気の強そうなところとか、内面に言及するか、顔にしても、目が綺麗とか、細部に特化する事で、誰もがホッと聞ける無難な答えをするところだらう。

ところが氷室は、顔が好きですと即答。俺はそれを聞き、本当の事をストレートに言ったなと思ったのだった。

これは2年後、1988年末のレコード大賞でアルバム大賞を受賞した際に、「よろこびの声」を司会の関口宏に求められ、受賞できたのは、バックから支えてくれたスタッフと、参加してくれた大勢のミュージシャンと、ファンのみんなのおかげであり、それからあとは俺の実力、とコメントしたのと同じ性質のものを認めることができる。あ、本当の事をストレートに言ったなと思った。

実力がないのにサポートだけで受賞はかなわないし、そも実力のない人にサポーターは集まらない。もちろん実力があってもサポートなしには成し得ない。さうした当たり前すぎる、身も蓋もないことを写実したまでだ。

通常、本当の事をストレートに言っては身も蓋もなくなるので、ポイントをぼかしたり修辞を工夫したりして、ソツなくその場を凌ぐ慣習が公の場ではあるが、さうはしないのが氷室の特徴で、さらに言へば、BOΦWYを再結成をしないのも、耳の不調で引退するのも、同じ理由なのであった。

顔の話であった。
だけど心なんてお天気で変わるのさ、
とアン・ルイスが歌ったやうに、人の内面なんて一定でないし、同じ人が同じ日にキリストにも殺人鬼にも変わるものである。また、対恋人、妻、友人、仕事関係、師や弟子、母親、父親、兄弟姉妹、親戚などなど対人関係によっても性格や内面はコロコロ変わる。生き方だって、ストイックなアスリートが麻薬に溺れる例も数多ある。どれが本当といふわけでもなく、移ろうのが本当だ。
内面や生き方を好きといふ場合、どの時点の?といふ質問に迫られることは避けがたい。

いや、顔だって経年劣化が起こるし、同じ日でも微妙な変化も起きると人は言ふやもしれぬ。しかし、内面の差異に比べれば微々たるもので、グッと安定感がある。経年によりどう劣化するかもだいたい想像がつく。
俺はたとへば氷室のやうな性格になろうと思へばなれるが、氷室の顔にはならないし、吉川のやうな体型になるには骨格をいじらなければならない。
だから人が人を評価する、好きになったりする基準は顔や外見であって然るべきだし、それが全うな判断基準だと思ふのである。

意は似せ易し、姿は似せ難し。
歌について、本居宣長もさう言っていた。

by ichiro_ishikawa | 2016-06-29 14:07 | 日々の泡 | Comments(0)  

哀悼 白川由美


 白川由美が逝った。合掌。

 短大を出ながら自動車修理工の夫と結婚、団地住まいで二人の息子を進学校、東大に合格させる事に全身全霊を傾ける専業主婦を見事に演じた「家族ゲーム」。
 少しでも「いい高校」に進み、「いい大学」に入学し、「いい会社」に入ることが男子の本懐と信じられていた80年代の中流家庭の日常を、ものすごいリアリティで活写した「家族ゲーム」での名演はテレビドラマ史に燦然と輝く。
 家庭教師の吉本を主演した長渕は、そんな白川演じるお母さんに翻弄されながら、勉強もそこそこに独自のやり口で「人間にとってほんとうにたいせつなもの」を二人の息子に実地で勝手に叩き込んでいく。

c0005419_11580516.jpg


c0005419_11580198.jpg


「家族ゲーム」
1983年8月26日~9月30日、TBS、20:00 - 20:54。全6回
その後、続編の「家族ゲーム2」と共に、1986年あたりまで夕方に度々再放送された。
高校受験を控えた1986年、
ビデオを録り何百回と鑑賞。セリフもほぼ暗記。


c0005419_11581089.jpg


夫、二谷英明を亡くし途轍もない哀しみに暮れる…


c0005419_11580859.jpg


天国で再会

by ichiro_ishikawa | 2016-06-15 23:02 | ドラマ | Comments(0)  

日本のポップ年表 1984-1988

1984年 ポップ点火 

2月1日 吉川晃司「モニカ」
2月11日 吉川晃司 映画『すかんぴんウォーク(同時上映『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』)公開
2月25日 映画『プロジェクトA(A計劃)』公開
3月21日 長渕剛「孤独なハート」
3月21日 小泉今日子「渚のはいから人魚」

4月20日 長渕剛 ドラマ「家族ゲームII」(〜7月13日)
6月 とんねるず TV「オールナイトフジ』復帰
6月1日 吉川晃司「サヨナラは八月のララバイ」
6月21日 小泉今日子「迷宮のアンドローラ」
8月4日 映画『五福星(奇諜妙計五福星)』公開
8月18日 長渕剛『HOLDYOUR LAST CHANCE』
9月10日 吉川晃司「ラ・ヴィアンローズ」
9月21日 小泉今日子「ヤマトナデシコ七変化」
10月24日 井上陽水「いっそセレナーデ」
12月5日 とんねるず「一気!」
12月5日 吉川晃司「MAIN DISH -PARTY VERSION- (No No サーキュレーション)」
12月15日 映画『スパルタンX(快餐車)』公開
12月21日 小泉今日子「The Stardust Memory」


1985年 ポップ大爆発

1月11日 吉川晃司「YouGotta Chance 〜ダンスで夏を抱きしめて〜」
3月23日 映画『皇帝密使(最佳拍檔女皇密令)』公開
3月30日 長渕剛「久しぶりに俺は泣いたんだ」

4月1日 とんねるず TV『夕やけニャンニャン』開始
4月10日 小泉今日子「常夏娘」
4月21日 とんねるず「青年の主張」
4月23日 吉川晃司「にくまれそうなNEWフェイス」
6月1日 BOØWY「ホンキー・トンキー・クレイジー」
6月15日 映画『プロテクター(威龍猛探)』公開
6月21日 BOØWY『BOØWY』
6月21日 中山美穂「C」
7月1日 稲垣潤一「バチェラー・ガール」
7月7日 とんねるず TV「コラーッ!とんねるず」開始
7月22日 長渕剛「勇次」
7月25日 小泉今日子「魔女」
8月10日 映画『大福星(福星高照)』公開
8月22日 BOØWY「BAD FEELING」
8月22日 長渕剛『HUNGRY』
9月5日 とんねるず「雨の西麻布」
9月14日 映画『ファースト・ミッション(龍的心)』公開
9月25日 吉川晃司「RAIN-DANCEがきこえる 」
10月1日 中山美穂「生意気」
10月15日 とんねるず ラジオ『とんねるずのオールナイトニッポン』開始
11月21日 山下久美子『BLONDE』
11月21日 小泉今日子「なんてったってアイドル」
12月5日 中山美穂「BE-BOP-HIGHSCHOOL」
12月14日 映画『ポリス・ストーリー/香港国際警察(警察故事)』 公開
12月31日 吉川晃司 TV「紅白歌合戦」(ギター燃やし)


1986年 ロックへの政権交代

1月1日 吉川晃司「キャンドルの瞳」
1月21日 とんねるず「歌謡曲」
2月1日 BOØWY「わがままジュリエット」
2月5日 中山美穂「色・ホワイトブレンド」
2月21日 吉川晃司『MODERNTIME』
3月1日 BOØWY『JUST A HERO』
3月3日 BOØWY TV「夜のヒットスタジオDELUXE」、「オールナイトフジ」出演
3月21日 吉川晃司「MODERN TIME」

4月30日 小泉今日子「100%男女交際」
5月16日 中山美穂「クローズ・アップ」
5月28日 とんねるず「やぶさかでない」
6月7日 長渕剛 ドラマ「親子ゲーム」(〜8月16日 )
7月2日 長渕剛「SUPERSTAR」
7月10日 小泉今日子「夜明けのMEW」
7月15日 中山美穂「JINGI・愛してもらいます」
7月21日 山下久美子「GIRL-FRIEND」「BOY-FRIEND」
7月31日 BOØWY『“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986』
8月4日 BOØWY、吉川晃司、山下久美子、大澤誉志幸「ウォーター・ロック・フェス」(新宿 都有3号地)
8月5日 とんねるず「寝た子も起きる子守唄」
8月14日 石井明美「CHA CHA CHA」
8月16日 映画『サンダーアーム/龍兄虎弟(龍兄虎弟)』公開
8月21日 とんねるず 映画『そろばんずく』公開
8月21日 中山美穂「ツイてるねノッてるね」
9月29日 BOØWY「 B・BLUE」
9月30日 吉川晃司「すべてはこの夜に」
10月1日 山下久美子「SINGLE」
10月21日 山下久美子『1986』
10月21日 とんねるず「人情岬」
10月22日 長渕剛『STAY DREAM』
11月5日 BOØWY TV「夜のヒットスタジオDELUXE」出演
11月8日 BOØWY『BEAT EMOTION』
11月11日 とんねるず TV特番『とんねるずのみなさんのおかげです Part.1』
11月19日 小泉今日子「木枯しに抱かれて」
11月21日 中山美穂「WAKU WAKUさせて」
11月22日 映画『スペクターX(最佳拍當ⅳ之千里救差婆)』公開
12月3日 BOØWY TV「夜のヒットスタジオDELUXE」、「オールナイトフジ」出演
12月28日 とんねるず『キャニオン初』


1987年 日本総ロック化の完成

2月25日 とんねるず「嵐のマッチョマン」
2月25日 小泉今日子「水のルージュ」
3月1日 山下久美子「REINCARNATION」
3月5日 吉川晃司「MARILYNE」、『A-LA-BA・LA-M-BA』
3月15日 サッカードリームマッチ 香港「明星隊」×日本「ザ・ミイラ」(国立競技場)
3月18日 中山美穂「派手!!!」

4月5日 とんねるず「迷惑でしょうが…」
4月7日 とんねるず TV特番「とんねるずのみなさんのおかげですPart.2」
4月6日 BOØWY「ONLY YOU」
4月10日 長渕剛 ドラマ「親子ジグザグ」(〜8月21日)
5月25日 長渕剛「ろくなもんじゃねえ」
6月5日 とんねるず「大きなお世話サマー」
6月5日 吉川晃司「終わらないSun Set」
7月1日 山下久美子「リリス」
7月1日 小泉今日子「Smile Again」
7月7日 中山美穂「50/50」
7月21日 山下久美子『POP』
7月22日 BOØWY「Marionette」
7月25日 映画『プロジェクトA2 史上最大の標的(A計劃續集)』公開
7月31日 BOØWY「CASE OF BOØWY」(神戸ワールド記念ホール)
8月7日 BOØWY「CASE OF BOØWY」(横浜文化体育館)
8月5日 長渕剛『LICENSE』
8月29日 長渕剛、志穂美悦子と再婚
9月5日 BOØWY『PSYCHOPATH』
9月16日 長渕剛「泣いてチンピラ」
9月17日 とんねるず「おらおら」
10月3日 とんねるず TV『ねるとん紅鯨団』開始
10月7日 中山美穂「CATCH ME」
10月13日 とんねるず TV特番『とんねるずのみなさんのおかげです Part.3』
10月21日 とんねるず『河口湖』
10月21日 山下久美子「MELODY」
10月21日 小泉今日子「キスを止めないで」
10月26日 BOØWY「季節が君だけを変える」
11月21日 吉川晃司「HOTLIPS」、『GLAMOROUS JUMP』
12月1日  山下久美子『ACT RESS』
12月12日 映画『七福星(夏日福星)』公開
12月24日 BOØWY「DR.FEELMAN'S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BANDTOUR」最終日(渋谷公会堂)
12月31日 長渕剛 TV「日本レコード大賞」出演(最優秀アルバム賞『LICENSE』)


1988年 ロックの権威化、昭和の終焉へ

2月3日 吉川晃司「プリティ・デイト」
2月3日 BOØWY『MORAL+3』、「DAKARA」  
2月5日 長渕剛「乾杯」
2月25日 とんねるず「炎のエスカルゴ」
3月5日 長渕剛『NEVER CHANGE』
3月8日 とんねるず TV特番「とんねるずのみなさんのおかげです Part.4」
3月9日 小泉今日子「GOOD MORNING-CALL」
4月4,5日 BOØWY「LAST GIGS」
4月23日 映画『サイクロンZ(飛龍猛将)』公開
5月3日 BOØWY『“LAST GIGS”』
5月21日 山下久美子「微笑みのその前で」
5月25日 長渕剛「NEVERCHANGE」
6月21日 山下久美子『Babyalone』
7月6日 とんねるず「YAZAWA」
7月21日 氷室京介「ANGEL」
8月13日 映画『ポリス・ストーリー2/九龍の眼(警察故事 續集)』公開
9月1日 氷室京介『FLOWERSfor ALGERNON』
10月5日 布袋寅泰 『GUITARHYTHM』
10月7日 氷室京介「DEAR ALGERNON」
10月7日 長渕剛 ドラマ「とんぼ」(〜11月25日)
10月13日 とんねるず TV「とんねるずのみなさんのおかげです」開始
10月26日 長渕剛「とんぼ」
12月31日 氷室京介 TV「日本レコード大賞」出演(最優秀アルバム賞『FLOWERS for ALGERNON』)

by ichiro_ishikawa | 2016-06-14 19:57 | 日々の泡 | Comments(0)