渋谷陽一×松任谷由実 1987


渋谷陽一の音楽批評、取材、インタビュー術が
見られる壮大なラジオ番組。
「松任谷由実のすべて」19870321





# by ichiro_ishikawa | 2019-08-11 21:07 | 音楽 | Comments(0)  

【転載】The Unheard ‘Abbey Road’: An Exclusive Preview of Beatles’ Expanded Final Masterpiece


The Unheard ‘Abbey Road’: An Exclusive Preview of Beatles’ Expanded Final Masterpiece


‘Super Deluxe Edition’ of group’s last album to include outtakes, demos and angry neighbors complaining about the late-night noise 

Fifty years ago today, on August 8th, 1969, the Beatles walked back and forth across a street they knew well: Abbey Road. John LennonPaul McCartneyGeorge Harrison and Ringo Starrlined up and crossed a few times, while a cop held up traffic, right outside the studio where they were already booked to show up for work that day. The whole photo session took only 10 minutes. Yet this became their most iconic image: sky of blue, trees of green. It sums up the sunny confidence of the most popular album the Beatles ever made — which also turned out to be the lastAbbey Road turned a zebra-stripe crosswalk on an ordinary London street into holy ground. Oh, that magic feeling.

Fifty years later, the Abbey Road story takes a new turn with the revelatory Super Deluxe Edition, which drops on September 27th in time for the anniversary. It sheds new light on the essential weirdness of this music — how did the Beatles create such warmth and beauty while they were in the middle of breaking up? “It’s the Last Supper,” producer Giles Martin, son of the late George Martin, tells Rolling Stone. “It’s having great sex with an ex-girlfriend. They said, ‘Let’s do one last great thing.’”

The new Abbey Road edition follows the model of the Sgt. Pepper and White Album sets from the past couple of years. And like them, it explores the vaults to find fresh surprises in music you think you already know by heart. It’s the Beatles’ best-selling album  —but it’s also a bittersweet finale from four friends preparing to go their separate ways forever. It’s their farewell — but you can also hear the smiles returning to their faces. The last time John, Paul, George and Ringo played together was when they cut “I Want You (She’s So Heavy).” Yet all four were on fire as songwriters — even Ringo, who contributes “Octopus’ Garden.” The music has a childlike warmth. “Abbey Road is a kids’ album,” Martin nods. “Come Together’ is a blues groove — but it’s also my 11-year-old daughter’s favorite Beatle song.”

There’s a new mix from Martin and engineer Sam Okell in stereo, 5.1 surround sound and Dolby Atmos. There’s a coffee-table book with Paul McCartney’s foreword. There’s also 23 outtakes and demos to enhance the original album. Compared to Sgt. Pepper or the White Album, the sessions were orderly and civilized. George Martin, still wary after the madness of 1968, agreed to come back and produce only if they promised to be on their best behavior. So these outtakes don’t include the same kind of far-flung studio experiments. “They’re not really jamming,” Giles Martin says. “It’s not like the White Album — with this record, maybe to protect against arguments, they had a pretty damn good idea about the direction each song was going to go in before they recorded it.”

In early 1969, the Beatles tried to make Get Back, the album that turned into Let It Be. It turned into open warfare, nearly ripping the band apart. It was Paul who talked the others into giving it one more go. “They came in knowing that this was the end,” Martin says. “There was never the illusion that this was going to be the big start of something new.”

But since these four boys were the Beatles, they couldn’t stop showing off — for each other, for the world, for themselves. So facing the final curtain just fired up their competitive edge. “There wasn’t that element of continuation: ‘We’ll put it out, then do something else.’ It wasn’t the White Album, where it feels like, ‘This is where we are right now, and where we’ll be in six months time, who knows, but we’re on this journey and this is part of the journey,’” says Giles Martin. “They knew this was it. The way I would explain it is, you’ve only got a certain number of breaths or heartbeats left in your life, and you want to make sure they’re important. That’s the essence of Abbey Road — they knew how important it was.”

In a previous unheard version of “I Want You (She’s So Heavy),” the Beatles bash away at John’s heaviest riff in Soho’s Trident Studios, at top volume. But this posh address is a little different from Abbey Road — the session gets interrupted by neighbors complaining about the late-night noise. Surprisingly, John agrees to turn it down, after one more take. He tells the band, “The loud one — last go. Last chance to be loud!” Martin says, “It’s so funny — he’s so polite. He should have said, ‘Fuck off, we’re the Beatles!’”

The studio banter brings the sessions to life — even at this late stage, the lads can’t resist trying to crack each other up. When it’s time for a coffee break, one of Paul’s ballads turns into “You never give me your coffee.” John plays around with “Polythene Pam,” sneering, “His sister Bernice works in the furnace.” “I like trying to find as much speech as possible — it humanizes it,” Martin says. “You hear John Lennon talk, then he suddenly starts singing, and you think: It’s that fucking simple? That’s all I have to do? He just starts singing and it makes the sound of John Lennon? There’s no process there? It’s the same microphone? There’s no switch being turned? I think that changes it. You listen to “I Want You (She’s So Heavy), when they stop and start talking. Wait — these people are making that noise?”

The extras also include Paul demos for two hits he gave away — “Goodbye” for Mary Hopkins and “Come and Get It” for Badfinger. There are three takes of “Her Majesty.” (But if you’re among the many fans who consider “Maxwell’s Silver Hammer” a pataphysical gaffe, don’t necessarily get your hopes up that Take 12 will change your mind.) Maybe Ringo couldn’t have written “Octopus’ Garden” without a little help from his friend George — but he still deserves an eight-tentacled round of applause.

The Quiet One brought in only two tunes — as John sniped in NME at the time, “George has got songs he’s been trying to get on our records since 1920.” But they turned out to be the best-loved highlights, “Here Comes The Sun” and “Something.” In fact, George might deserve the credit for the album’s quality — he threw a scare into the others. “They’re pretty bloody big songs,” Martin says. “It must have shaken things up for John and Paul — they were nothing if not competitive. There’s no question that the catalyst for their demonic level of songwriting here was ‘Something’ and ‘Here Comes the Sun.’”

They’re not at all like George’s White Album or Pepper songs — they’re broad, emotionally direct, not the least bit quizzical. (For that matter, they don’t sound like the solo songs he was already demoing for All Things Must Pass.) But in itself, that’s a sign he was leaving the Beatles behind. After his bitter experience trying to get them to play “All Things Must Pass” at the Get Back sessions  —John responded by ignoring him and plucking a Chuck Berry riff until George stormed out — he wasn’t bringing them his personal cosmic riddles anymore. As Giles Martin says, “He was planning his solo album. He knew what his next plan was. He was definitely fed up with life with John and Paul. And the Beatles didn’t function without John and Paul functioning.”

John was also stretching himself — he added the harmony ballads “Because” and “Sun King,” as if he knew this was his last chance to write songs for these three voices to sing together. These are Beatle songs, very different from anything he’d write for himself and Yoko to sing. For John and George, this was their last chance to be Beatles; instead of battling for self-expression, they came together. For “The End,” all three trade off guitar solos, tracking it live — Paul, George and John, in that order.

As on the Pepper and White Album sets, Ringo nearly steals the show. His drums have their own track, for one thing — crazy as it seems, this was the first (and only) album the Beatles recorded on eight-track, a little late in the game. “It’s much bigger-sounding — eight tracks, a transistor desk. It’s the only Beatles album that was recorded in stereo — there’s no mono version.” Giles Martin points out a sonic detail that jumps out from the new mix of “Something”: you can hear Paul play the high-hats in the middle eight. “Ringo is playing toms with both hands, and then in the middle bit, Paul goes over to hit the high-hat. It took the two of them to play drums on that bit.”

But for all the team spirit on Abbey Road, there’s something wistful. Paul’s sense of loss is all over the Side Two suite, right up to “The End” itself. “You do get the impression with Abbey Road that Paul was trying to hold on to the dream — and my dad as well.” Giles makes the argument that it resembles George Martin’s subsequent work rather than theirs. “Sonically, it’s more like his work with [the band] America. Abbey Road has that precision — everything’s in tune, it has the right fit, and that’s how he liked things to be.”

But the Beatles and their producer were heading into the unknown — as if cramming in all the experiments they knew they’d never get a second chance to try together. In the middle of Side Two, Paul sings, “Soon we’ll be away from here / Step on the gas and wipe that tear away.” On Abbey Road, all of them sneak a look back at the past they’ve shared. And then — walking as boldly as they do on the album cover — they cross the road into the future.



# by ichiro_ishikawa | 2019-08-10 11:10 | 音楽 | Comments(0)  

追悼 Dr.ジョン、アート・ネヴィル

Dr. John  Iko Iko

The Meters 
LOOK-KA PY PY、Jungle Man
The Meters Cissy Strut

大滝詠一 福生ストラット


# by ichiro_ishikawa | 2019-07-25 10:23 | 音楽 | Comments(0)  

ユーミン ベストオブベスト2019

ずーつとユーミンばかり未だに聴いてゐるが、流石に淘汰されてくる。といふか、何万回でも聴ける作品は何か、を見極めるためにずーつと聴いてゐるといふ側面もある。
それが暫定的に下記の3曲なわけだが、
18,19の女ならではの何かの一瞬が奇跡的に凝固した「雨の街を」と、プロフェッショナルなミュージシャンとしての傑作「夕闇をひとり」「DANG DANG」の違ひが気になつてゐる。

後者2曲は、普遍的な完成度の高さを誇るため、いくらでも分析が可能と思はれるが、「雨の街を」は、困難なやうな気がしてゐる。

作曲自体は高校時代、録音は18〜19歳と思はれる。
アーティスト荒井由実はここで死んでゐる、以降は別人と言つていいほど、ここでは何かの一瞬が凝固してゐる。もう還らないし生まれない何かが。怖くもあり、最終的には美しい。
このあたりをうまく言ひたいのだが、言へぬ。


Capo:4

Am7  Dm7  Am7  G
 夜明け の雨は ミルク色

Fmaj7 G7  Cmaj7
 静か  な街 に

Am7  Dm7  Am7    G
 ささや きながら 降りて来る

Fmaj7 G7   Cmaj7
 妖   精たち よ

Fmaj7 G7    Cmaj7 Am7
 誰   かやさし くわた しの

Fmaj7 G7    Em7 E7
 肩   を抱いて くれた ら

Am7  Dm7  Am7    G
 どこま でも遠  いところへ

Fmaj7 Em7 Am7
 歩い てゆけ そう


雨の街を(1973)


夕闇をひとり(1981)


DANG DANG(1982)

井上鑑(key, arr)、村上ポンタ秀一(ds)、大村憲司(g)高水健二(b)、中西康晴(key)、金子マリ(vo, cho)、CHAKA(vo, cho)

# by ichiro_ishikawa | 2019-07-24 10:12 | 音楽 | Comments(0)  

考察 なぜ人はある一つのことを終へられないのか

やることが常に2億個あるが、
ここはひとつ、
「ある一つのこと」がなぜ終はらないか、
実際の現場に即して具体的に見てみることで、
問題点を可視化し、打破せむ。


起床。
身支度、掃除、朝食など。
メールチェック。150件アリ。返信は保留。その戦場に実際出向かないとモードが切り替はらないから。
戦場へ。移動中はApple Musicでインスト流しながら趣味の読書。たまにネットニュースもチラチラ。

戦場にて。「ある一つのこと」をやろうと思ふ。
しかしその前に一服。その後トイレ。
さらにもう一服。戦場に戻り、とりあへず「ある一つのこと」とは別の比較的軽いものを処理。

一服。昼食、その後コーヒー。トイレ。一服。

戦場に戻り、「ある一つのこと」をやらねばと思いつつ、そのモードへと慣らすため、別のことを処理。
一服。会議。一服。
戦場に戻り、これは今からやつても終はらないと踏む。明日のスケジュールに組み込むためリスケ。
一服。とりあへず残り時間で別のことを処理。

帰宅。移動中はYouTube。もしくはApple Musicでインスト流しながら趣味の読書。
夕食、風呂、あー明日学校行きたくねえと思ひつつ、Apple Musicをかけながら、睡眠。

といふ具合だ。以後繰り返し。
かういふわけで、「ある一つのこと」は永遠に終はらない。終はつてないことで常に「やばいこんなことしてる場合じやねえ」と不安に苛まれ、基本的に毎日憂鬱。

生まれてこのかた50年間、ずつとこんな感じだ。





# by ichiro_ishikawa | 2019-07-23 09:27 | 日々の泡 | Comments(0)  

貴重PV 山下久美子 Single

貴重PV
山下久美子 Single
1986年10月1日リリース
BOØWY「B・BLUE」(9月29日)、『BEAT EMOTION』(録音9月6〜23日、発売11月8日)期、布袋絶頂時の楽曲。



# by ichiro_ishikawa | 2019-07-05 01:12 | 音楽 | Comments(0)  

「短歌について」小林秀雄(1934)


短歌について

1934年6月「日本歌人」(創刊号)

石川君から短歌について意見を徴せられましたが、何んとお答へしたらいゝか、實は意見らしい意見がある程、僕は短歌に親しむでゐないのです。
僕は「萬葉集」を好みます。それも色々讀んだ上での事ではなく、まあ讀んだと人に言ふ事の出來る歌集は、「萬葉集」一つしかないから、さう申し上げるので、この一事を以つてしてもまづお話にならない。従つて僕の短歌についての意見は、實際その道に苦労してをられる方々にはごく無責任な子供らしいものと思はれても仕方がないのです。
近頃の歌壇で、傳統的な格調の正しい歌をよしとするものと、自由に形式を破つて歌はうとする人が互に相争つてゐる樣に見受けます。くはしい議論は勿論僕にはよくわからぬのですが、たゞ僕の好むところを言へば、僕は傳統派です。
僕のわづかな知識によつてみても、歌壇の自由律主張者の歌がどれほど歌壇革命としての意味があるか疑問に思へます。第一廣く形式破壊運動としてみても、藝術の他の領域、例へば畫とか音樂だとか小說だとかの世界で現代烈しく行はれてゐる形式上の革命に較べれば、話しにならぬほど貧弱な中途半端なものと思はれます。革命と言つたつてたかゞ知れてゐる。どうせ反抗するなら何故そんな小さな穴の中で小さな叫びをあげてゐるか。それよりも傳統的な形式を生かさうとする方が、遥かに難かしい仕事であり、やり甲斐のある仕事だとまあ失禮かもしれぬが僕は思つてゐます。
短歌は、今日の文學的表現のうち最も傳統的な表現形式です。最も傳統的な表現形式であるといふ以外に短歌の特殊性があらうとも思へませぬ。それが厭なら他の藝術に赴くべきだ。若々しい反抗的情熱を中途半端な革命のうちで費ひ果すな、といふのが僕の意見であります。
藝術上の形式といふものが、人間の情熱の自由な表現の邪魔をすると單純に思ひこんでゐる人々へ、カントの說いた鳩を例としてジイドがどこかで書いてをりました。さういふ人達は、空氣がなかつたらもつと自由に飛べるだらうと考へる鳩の樣なものだ、といふのです。僕は短歌の形式は今日の情熱や思想をまもるには貧弱な文学形式だと思つてゐるが、その形式は鳩の群れで壊れるほど脆弱なものとは思ひませぬ



様々なる意匠を疑ひ伝統を重視する小林らしい考へであるが、このあと日本が戦争へ突入するなか西行、実朝へと赴き、つひには本居宣長を最後の大仕事にしていく、といふ事をどう考へるか。


# by ichiro_ishikawa | 2019-07-04 23:19 | 文学 | Comments(0)  

小林秀雄 20代までの生活年表

まづ、ざつと30代に入るまでの歩みをまとめる。



[小学校]〜12歳

小2で親への恩返しを誓い、小6で第一次世界大戦の原因と現状を分析し、打つた男。


[中高(今の中高大)]13〜22歳

府立第一中学校(五年制、現・日比谷高)に入学。

第一高等学校(東京大学教養学部の前身)入試に失敗し一浪。翌年、第一高等学校の合格発表前日に父親を亡くす。合格し4月に入学するも、母親が肺患し鎌倉に転地療養させる。自身も盲腸周囲炎と神経症のため休学2年時に関東大震災。3年時に母親と同居を始め看病生活へ



[帝大(今の大学院的な)]23〜25歳

翌年、東京帝国大学文学部仏蘭西文学科入学。春、神田をぶらぶら歩いてゐると向うからやつて来た見知らぬ男に、いきなり叩きのめされる。秋、中原中也の恋人長谷川泰子と出会ひ、奪ひ、11月から同棲。10月には盲腸炎(腸捻転?)で入院・手術。


[卒業後]26歳〜

泰子との生活にピリオドを打ち関西に逃走。約一年を大阪、京都、奈良で過ごす(この時の回想が20年後「秋」に結実)。

翌年、東京に戻り「様々なる意匠」を書き、本格的に批評家デビューを果たす。





1902年(明治35)

4月11日、東京市神田区神田猿楽町三丁目三番地(現千代田区猿楽町二丁目八番五号)❶に生まれる


父、小林豊造

1874年(明治7)兵庫県出石郡の清水家に生まれ、のちに旧但馬藩の家老職であつた小林家の養嗣子になる。

1899年(明治32)、東京高等工業学校に付設された工業教員養成所の金工科を卒業し、東京高工助教授、御木本真珠店貴金属工場長を経て、日本ダイヤモンド株式会社を設立した。

欧米各国に学び、日本で初めてダイヤモンドの研磨技術を習得し、また蓄音機のルビー針を開発した技術者でもある。

母、精子

明治13年、東京市牛込区牛込北山伏町14番地の城谷家に生まれる。女学校を卒業し、茶の湯、生け花、琴などにも通じていたという。


1904(明治37)2歳

6月3日、牛込の納戸町にて妹富士子生まれる


1910年(明治43)8歳

作文「おやのおん」   


1914年(大正3年)12歳小6

秋、学芸会で世界大戦の原因から現状を演説


1915年(大正4年)13歳一中1年

3月 白金尋常小学校卒業   

4月 東京府立第一中学校(現・都立日比谷高等学校)入学

芝区白金今里町七十七番地❷に住む


1917年(大正6年)15歳一中3年

12月、父豊造、日本ダイヤモンド株式会社設立、専務取締役


1920年(大正9)18歳浪人

3月 府立一中(五年制)卒業。一高入試に失敗、浪人


1921年(大正10)19歳一高1年

3月20日 父豊造、四六歳で死没   

3月21日 第一高等学校(東京大学教養学部等の前身)合格発表

4月 第一高等学校文科丙類(文学)入学。野球部入部後、すぐ退部。マンドリンクラブ結成   

10月 盲腸周囲炎と神経症のため休学   

この年、母精子、肺患のため鎌倉に転地療養   


1923(大正12)21歳一高2年

9月1日 神田須田町❸で関東大震災に遭遇  

9月6日 船と徒歩で鎌倉に療養中の母に会いに行く


1924年(大正13)22歳一高3年

2月? 母と妹の三人で豊多摩郡杉並村馬橋226番地❹に転居  

6月10日 「一ツの脳髄」を書き上げる  


1925年(大正14)23歳帝大1年

3月 第一高等学校卒業     

4月 東京帝国大学文学部仏蘭西文学科入学

この頃か   神田の本屋でランボオの「地獄の季節」に初めて出会ふ

4月初め 富永太郎を通じて中原中也を知る  

9月 中原中也の帰郷中に長谷川泰子に会う     

10月8日 大島に旅行(泰子は待ち合わせに間に合わず)、帰京後盲腸炎(腸捻転?)で入院・手術 

11月下旬 杉並町天沼❺に長谷川泰子と同棲  


1926年(大正15/昭和元)24歳帝大2年

鎌倉町長谷大仏前❻に住み、逗子町新宿の池谷信三郎方に仮寓したりする  

2月 「佐藤春夫のヂレンマ」を文藝春秋に発表(初の商業誌掲載)

10月 「ランボオI」を「仏蘭西文学研究」に発表


1927年(昭和2)25歳帝大3年

5月 初めての単行本『エドガー・ポー』を新しき村出版部より刊行

8月3日 大阪毎日新聞・東京日日新聞主催の第一回全国都市対抗野球大会が神宮球場で開催され、後の巨人の水原監督らとともに神奈川代表で出場。台湾の台北チームと戦う。(→「スポーツ」1959年1月)  

9月? この頃目黒❼に住む  


1928年(昭和3)26歳

2月 豊多摩郡中野町谷戸(東中野)❽に転居     

3月 東京帝国大学卒業           

5月25日 長谷川泰子と別れ、関西へ向かう❾

月末、大阪の日蓮宗の寺に宿坊する  

6月   京都奈良市の割烹旅館江戸三に宿泊、奈良市幸町の志賀直哉邸に出入り

9月 妹、富士子が高見澤(田河水泡)と結婚     

10月20日 母が関西へ     

11月17日 西村孝次と二月堂へ           


1929年 (昭和4) 27歳

1月末 奈良より帰京し、東京府下滝野川町田端155番地➓に住む

4月 「改造」の懸賞論文のため「様々なる意匠」執筆、改造社社員の深田久弥に渡す                 9月 「改造」の懸賞評論で「様々なる意匠」が第二席に

10月~ 『文学』(第一書房)同人に、ランボオ「地獄の季節」を創刊号から訳載  


1930年(昭和5年)28歳

4月 『文藝春秋』で「アシルと亀の子」発表、以後文芸時評の連載開始


1931年(昭和6)29歳

*この頃、母とともに鎌倉町佐介通二〇八番地に転居    (11)




# by ichiro_ishikawa | 2019-07-04 21:26 | 文学 | Comments(0)  

年代別 小林秀雄の足跡まとめ

〜20代

「おやのおん」

一高(今でいふ大学)不合格、一浪

ランボオ

長谷川泰子〜奈良逃亡

「様々なる意匠」


30代〜40代前半(戦前)

「Xへの手紙」

「ドストエフスキイの生活」「歴史について」

「私小説論」

「作家の顔」

「思想と実生活」 

「パスカルの『パンセ」について」

『歴史と文学』

「戦争と平和」「当麻」「無常といふ事」「徒然草」「西行」「実朝」


40代後半(戦後)

「コメディ・リテレール」

母、精子死去

『モオツァルト』

「秋」

「ゴッホの手紙」連載開始      


50代

「中庸」

「近代絵画」連載開始

「感想」(ベルクソン論)連載開始


60代

「感想」(ベルクソン論)の中断

本居宣長の執筆開始

「考へるヒント」

岡潔との対談「人間の建設」  


70〜80代

本居宣長の完結



# by ichiro_ishikawa | 2019-07-04 00:25 | 文学 | Comments(0)  

長渕剛1989シークレットライブ at 天河大弁財天

長渕は「LIVE'87 LICENSE」の真っ最中の1987年9月17日、奈良県天川村の天河大弁財天社にて挙式。その天河大弁財天社の新築奉納祝いにて、シークレットライブを行つた。


セットリスト

1.巡恋歌 2.He・La-He・La 3.花菱にて 4.とんぼ 5.いつかの少年 6.乾杯 7.祈り 8.Never Cheange 9.明け方までにケリがつく 10.Stay Dream 11.昭和


「昭和」を披露していることと、そのルックスから、1989年と言はれてゐる、知る人ぞ知るこのシークレットライブは、「LIVE'86 - '87 STAY DREAM」、前述の「LIVE'87 LICENSE」、「LIVE'89 昭和」、「LIVE'90 - '91 JEEP」、「LIVE'92 JAPAN」といつた神懸かり的カリスマ期のものだけに、超絶モノである。オフィシャルリリースが期待される。




# by ichiro_ishikawa | 2019-07-03 23:05 | 音楽 | Comments(0)