エセー「やさしさ紙芝居」


 やっぱり頭のいい人がいい。バカは人を傷つけるから会いたくない。傷つく方が悪いのは承知しているが、いくら承知していようとも傷つくのはつらい。字も読めないしモノを知らないけど頭のいい人はいる。コミュニケーションが巧いとされ知識はたっぷりで仕事が上手だけれど頭の悪い人は多い。頭の良さとは優しさ、思いやりだろうと思う。弱い人間のダメな人間の存在価値を無条件に肯定できるような。彼らはもともと優しいのではない。優しさとは意志だし知性なんだと思う。想像力がものを言うからだ。俺は優しい人になれればそれで十分だ。それは頭がいいという事に違いない。

by ichiro_ishikawa | 2009-11-21 01:17 | 文学 | Comments(2)  

Commented by Sister Morphine at 2009-11-22 00:11 x
あたしの日記かと思ったわ。
Commented by ichiro_ishikawa at 2009-11-22 00:42
実は前に覗いた事があって引用した。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 詩「生きるヒント」 詩「嘆き」 >>