緊急告知「井上陽水本」


井上陽水の金言集、
斎藤孝・著『軽くて深い 井上陽水の言葉』4月25日発売!


3色ボールペン、声に出して読みたい日本語、座右のニーチェ、座右のゲーテ、などなどベストセラー連発の明治大学教授・斎藤孝が、小学生の頃から大ファンだと豪語してやまない愛情をフルに発揮して、なんかものすげえんだけど、どうすげえのか誰も上手く言えなかった井上陽水の魅力を、歌詞とインタビューやライブMCの発言といった、「言葉」から読み解く、画期的な陽水本、発売決定。

 メールで絵文字を使う理由をリリー・フランキーに問われると、「言葉だけだと、伝わり過ぎちゃうじゃないですか」と、ズバリ。「人生は9勝6敗ぐらいがいい」との陽水の言いに対し、阿川佐和子が「負けることも必要だと」と返すと、「いやそうじゃなくて、負けも取り込んで行かないと危ないっていう」とピシャリ。
 その辺のすげさをガシガシ紹介している他、「ビートルズはカネピカ、兼ね合いがピカイチなんですよ」といった、ビートルズの普遍性をキャッチコピーでズバッと射抜くセンスや、「氷の世界」「傘がない」といった名曲が、なぜすげえのかなどなどを、スカッとズバッと解説!

「そうなんだよ!」と井上陽水ファン感涙必至、“グラサン木こり”ぐらいの印象しかなかった素人衆も「すげえな」と驚愕必定、言葉にうるさい文学ファンも「軽くて深いな、しかもカラフルだな」と感心する事確定。文豪ほど気取りがなく、サブカル人よりずっと高尚な、日本最高峰ミュージシャン井上陽水の精神の神髄に迫る!

 ものすげえ装丁は、東京メトロのポスターやR25でお馴染み、本文を全部吟味しないと装丁しない寄藤文平。カバーは赤字上等の全面箔押し! 色は当然の助動詞、ワインレッド!
 偉人・陽水を斎藤孝と寄藤文平が最大級の敬意を払って丁寧に仕上げた一冊、売り切れ必至、重版予定なし(ウソ)、要・予約!!

c0005419_1482127.jpg

by ichiro_ishikawa | 2010-04-10 01:52 | 文学 | Comments(2)  

Commented by ファン2号 at 2010-04-12 00:10 x
あれ、これってひょっとしてichiroさんのお仕事? ならもちろん買いますよ。
Commented by ichiro_ishikawa at 2010-04-13 14:42
これはたぶん相当おもしろい。物質としても優れているのでぜひ1000部ぐらいお願いします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< エセー「作ると売る」 業務連絡「幸い中の不幸」 >>