内田樹と小林秀雄

どの本のどのページを繰っても至言に満ちているといえば小林秀雄だが、現代では内田樹がそうであることに今びっくりしている。内田の真髄はずばり「中庸」。思えば、どちらも日比谷高等学校(小林の時代は東京府立第一中学校。内田は中退)→東大仏文卒という同じ経歴、内田は小林秀雄賞受賞者だ。

by ichiro_ishikawa | 2012-04-17 21:06 | Comments(1)  

Commented by 植田 at 2012-04-18 04:30 x
街場シリーズは秀逸でしたが、政治に口を出す所は余りよろしく無いような気がします。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 深夜2時のユ・ウ・ウ・ツ 仲井戸"CHABO&... >>