氷室の秀逸歌唱、マニアックなベスト5


ポピュラリティをきちつとした形で獲得できるロックのアルバムを作りたいなと思つて制作に入つたソロデビューアルバム『Flowers for Algernon』で、1988年の大晦日に日本レコード大賞「最優秀アルバム賞」を受賞した氷室は、年明けの東京ドームにてソロとしての凱旋ライブを行つた際のMCで、「できれば歌唱賞もほしかつたけど…人生いろいろの島倉さんには敵わなかつたつてことで」とエスプリを効かせて語つてゐる。

超シングアロングな歌メロ、少年不良漫画を地でいくルックスと並び、氷室のワイルド&セクシーな歌唱力といふのがBOØWYが圧倒的ポピュラリティを獲得した3大要因の一つであるが、前述の氷室のセリフからうかがへることは、氷室自身がその歌唱力の高さを自認してをり、それがロック界は言はずもがな歌謡界全体においてもトップレベルであると自負してゐたといふことである。

基本的にはロックにおいて歌唱力といふのは重要ではない。といふのもまづ歌メロといふものがロックにおいては不要で、それよりもギターのフレイズだつたりリフ、音色が問はれるもので、ボーカルはむしろそのギターとの絡み、合ひの手的な意味合ひしかない。あるひはシャウトである。
だからロックといふのは本来マニアックなポップミュージックで、このマニアックとポップのせめぎ合ひが魅力なのであり、女子供を巻き込む圧倒的ポピュラリティを獲得することはさうさう起こらず、勢ひ地下活動が多くなるのだが、稀に歌メロや歌唱力をも伴つて勝負してくるミュージシャンが出てくる。いふまでもなく超絶グッドメロディと3人のボーカリストを擁したビートルズがその最たる例であるが、BOØWYの凄さ、真価とは、その土俵に立つて勝負して、かつ結果(商業的成功)を残したといふことである。


とはいへボーカルは、身体の経年劣化といふ必然に抗えない宿命を背負つてゐて、氷室のボーカルのピークは81〜96年(21〜36歳)、特に86〜87年(26〜27歳)であるが、その頃の、数多ある凄さの中でも特筆すべき特徴の一つは、後年出なくなつた地声のままの超ハイトーンと、歌い出し直前、間、直後の息使ひのワイルド&セクシーさである。

前置きが長くなつたが、といふことで氷室の歌唱力、マニアックなベスト5を以下にまとめん。


第2位
「Don't Ask Me」0:42、1:44、2:37
「♪ You ask me what I want, darlin」のオーバーダビングによる氷室ひとりハモりの上部。
(布袋といふ説もあるが氷室だと思ふ)

ハモりの音楽理論に疎いので正確に記せないのがもどかしいが、主旋律のオクターブ上かその少し下かを、押さえた超ハイトーンで、サビの前半部だけハモつてゐる。これがシビれる。
c0005419_10270957.jpg




第1位
「Fantastic Story」0:48
「♪ Fantastic Story」の「ry」のあとの息。

無理に近似値として文字化すれば、「Story-ahっ」の「y-ahっ」がだいぶワイルド&セクシー。
c0005419_10270962.jpg



by ichiro_ishikawa | 2017-05-23 09:24 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 1986 ポップ年表 釣り受け取りの攻防 >>