私以外私ぢやないの


c0005419_10222030.png

1998年以降にデビューした日本のミュージシャンは、名前ぐらいは認知してても、メンバーの年代や編成、どんな感じの音楽かを知らないといふ意味で、その殆どを知らないが、ゲスの極み乙女。といふバンドも、その特殊なネーミングから、名前と、それがバンドであるといふことは認知していたが、いはゆるベッキー事件で初めて川谷何某といふ人の存在及びビジュアルを知つた次第で(ワイドナショー on youtube)、その音楽は聴いたこともなかつた。

そんな中、昨日やはりyoutubeにて、スカパー系の番組の企画での「小藪がゲスの極み乙女。のある曲のドラムを叩いてみる」といふシーンを観た。
小藪がドラムができることを知らなかつたため、興味深く見入つてしまつたのだが、同時にそのドラムのフレイズとバックで聴こえるオリジナルの曲に少し惹かれた。この企画は番組発で結成したバンドのプロデュースを川谷が行ふといふもので、川谷当人も出演してゐて、ついでにその動いてる川谷にも好感を持つた。なるほどこれはモテさうだ。

それで、当然のように関連動画で上がつてきたゲスの極み乙女。のPVと、ドラムがマイクのモニタリングをしている動画を観たところ、その小藪が叩いてゐた「私以外私じゃないの」といふ曲がやはり結構いいことに気づいた。ドラムとベース、キーボード/ピアノがいいと思つた。そして実はタイトルに「おやっ?」となつてゐた事も告白しておかねば嘘になる。
私以外、私ぢやない、か…。
さらに、
わたしいがい、わたしぢやないの
ピタッと五七調である。
(がい、ぢや、は一音カウント)

初めはギターとボーカルが好みぢやなかつたが(基本的にリーゼントでケンカが強そうぢやないと興味が湧かない)、ずつとリピートで聴いてゐたら、このギターボーカルがリーダーだなと納得。言葉と音、センスが良くて味がある…。

といふわけで、ゲスの極み乙女。「私以外私じゃないの」が、まさかの目下のヘビーローテションとなつてしまつた。かたじけない。



by ichiro_ishikawa | 2017-09-07 09:17 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 対談「ロック・ジャーナリズム5... 身体言語と暴力 >>