ゲスの第一印象から現在


ゲスにハマり過ぎて第一印象が朧げに、あるひは書き換へられさうになつてきてゐるため、今一度「当時」を書き残しておかうと思ふ。

ウィキペディア等からまとめると、
ゲスの極み乙女。は、

2012年

5月、indigo la Endのボーカル川谷絵音を中心に結成。 『乙女の日常.ep』(9月)、『乙女とダンス.ep』(2013年4月)、 『乙女の誘惑.ep』(2013年7月) と3枚を自主制作。


この頃は全く知らず。



2013年

SPACE SHOWER MUSICとマネージメント契約。

3月、同レーベルから『ドレスの脱ぎ方』、12月『踊れないなら、ゲスになってしまえよ』と2枚のミニアルバムをリリース。後者が第6回CDショップ大賞で入賞作品に選出。


まだまだ知らず。


2014年

ワーナーミュージック・ジャパン内のレーベルunBORDEと契約。

4月、3rdミニアルバム『みんなノーマル』でメジャーデビュー。

8月、メジャーデビュー1stシングル「猟奇的なキスを私にして/アソビ」。「ミュージックステーション」初出演。

10月、1stフルアルバム『魅力がすごいよ』。


まだまだ俺の耳には入らず。



2015年

『みんなノーマル』『魅力がすごいよ』が第7回CDショップ大賞で2作品ノミネート、『魅力がすごいよ』が入賞し、BEST ARTIST賞を受賞。

4月、シングル「私以外私じゃないの」

5月、『しゃべくり007』出演。 

6月、シングル「ロマンスがありあまる」

8月、1st配信シングル「無垢な季節」配信

10月、『SMAP×SMAP』、NHK『SONGS』出演。 

シングル「オトナチック/無垢な季季節」。

12月、第66回NHK紅白歌合戦に白組として初出場。


それでもまだ知らなかつたはず。奇妙な名前のバンドが出てきたらしい、ぐらいの認識はあつたやも。ももいろクローバーとかさういふ、マーケティング主導の企画モノ、と思つてゐて、当然見向きもしなかつた。なんせテレビがないため、メジャー展開も俺のアンテナには引つかかつて来ない。



2016年

1月、2ndアルバム『両成敗』


不倫騒動で話題になつてゐたのは認識するも、昔からゴシップに疎いため、全く興味を覚えずスルー。チャラいバンドのチャラ細い輩がチャラいことしてるな、ぐらいの感想は持つたやもしれぬ。



2017年

5月、3rdアルバム『達磨林檎』


夏、川谷が小藪らにバンドプロデュースのオファーを受けてゐる動画をYouTubeで偶然見る。

これがゲス(川谷絵音)と俺の初対面。


そこで小藪がドラムの手見せをした際の曲「私以外私じゃないの」が、まづ曲紹介の時に言葉としてドキッとした。ついで薄く流れてゐた曲自体を聞き、これは…なかなか良いと思つた。


秋、その後の川谷絵音のトーク映像も相まって(動く当人を初見。その頃ワイドナショー出演動画も見た)、先入観が全部覆り、YouTubeとApple Musicでゲスの極み乙女。を見まくり、聞きまくり、どれも良いことが発覚していき、今に至る。


今となつては、全曲Apple Musicで聞けるのにもかかはらず、遂に遡つてCDまですべて買つてしまつた。さらには川谷がその生い立ちから語る恒例二万字インタビューが掲載されてゐるロッキングオンジャパン、機材詳細とギター寄りインタビューが載つてゐるギターマガジンまで古書店から取り寄せる始末。




by ichiro_ishikawa | 2017-12-19 00:16 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 遅れてきたファンの音楽の聴き方 偉大なるロックバンドの系譜 >>