消えかかるまで 大切さに気付けなかった


失つてしまつた、といふ絶望をゲスは引き受ける。



明日もいるのはあなたの影 
光になれない僕は言う
「答えを知らぬままに消え去った君はちょっとずるい」なんてこと

何回目かの調べを聴いて 
ワルツに似た猫の鳴き声と
あの子に似た姫の歌声を探してたんだ

愛せる内に声を奪って 
涙を見せる前に嫌った
(「momoe」)



消えかかるまで
大切さに気付けなかった
消えかかる声
優しい想いに研ぎ澄ます
消えかかるまで
泣いたりなんてしなかったのに
なくなりそうになって
いざぶつけるなんてずるいよね
(「煙る」)



どうか螺旋の道の途中でさ
君に会えたら良いのになんて
気まぐれな性格だから
ちょっとは考えちゃうのさ
それまで薬指はあけてて
長い文章を読むのも我慢してくれないか
それだけ

ぼんやり歌う悲しいメロディ
またふと流れる懐かしいメロディ
どれもこれも締め付けるんだ 
あれもこれも思い出すんだ
(「ルミリー」)


by ichiro_ishikawa | 2018-02-22 01:27 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 孤独とは何か ああまたわからなくなつた >>