RCサクセションの本質


RCサクセションの俺は遅れてきたフアンであるし、RCはすでにビートルズやストーンズばりのレジェンドだから相当マニアックなフアンも大勢ゐて、てめえなど到底お呼びでないからかうしたごく私的なブロムとはいへ何かを書くのは憚られる。
のだが、ここに来て「RCサクセションが今さらマイヘビーローテションになつてゐるのは何故か」を解明せずにはをれず、ちよつと考察してみんとす。

俺とRCといふところから始めると、俺の初RCは、RC本体でなはなく清志郎であつた。小学4年のとき、坂本龍一との共作シングル「い・け・な・いルージュマジック」を「歌のトップテン」で観たのが最初で、いい歌だと思つた。
挑発的なパフォーマンスがカッコいいと思つたやもしれぬ。なんか、ロックの人つてこんななんだ、と思つたはずだ。人生で初めて見たロックの人がこの時の清志郎だつた。漫画では矢吹丈とすでに出会つてゐて、実在のロックの人は清志郎だつた。
ロックの人は型にはまらず破天荒で男でも化粧とかしていろいろ搔きまわす存在、といふ認識を得た。
そこからほどなく、次の出会いはやはり歌のトップテンでの、今度はRCサクセションで、シングル「サマーツアー」だつた。抜群に曲がよいと思つた。

その後、俺は小学校高学年、中学生となり、以降あまりRCサクセションは見かけなくなつた。たぶんシングルヒットの類がなかつたから、テレビの音楽番組を唯一の情報源としてゐた少年の眼、耳には入らなかつたのだと思はれる。

洋楽もアンテナに引つかかる高校生になつたころ、『COVERS』が出て、放送禁止、発売禁止騒ぎが千葉の片田舎の少年の耳にも入つてきた。久々に見た清志郎は、相変わらず歌ひたいことを歌つてるなと思つた。その後、タイマーズ、HIS、2-3'sと、いよいよやりたい事を好きなやうにやつてゐるな、との思ひで追ひかけていたとき、すでにRCを休止してゐた清志郎は盟友仲井戸麗市と『グラッドオールオーバー』といふライブ盤を出し、渋谷陽一のラジオに清志郎がその宣伝に出てゐるのを聴き、そこではオーティスレディングやサムクツクのことばかり語つてゐて、遅ればせながら、清志郎はロックといふかソウル、リズム&ブルーズなんだなと思ひ知つた。
ストーンズかと思つてゐたがむしろビートルズで、ロックとソウルは白人と黒人といふ違ひでしかないのだなと気づいた。

今でこそ当たり前の話ではあるが、当時俺はまだ大学生で、同時代のロック、そしてそこから60〜70sのロックを遡つて貪つてばかりゐたから、まだポップミュージック全体を俯瞰できてゐなかつた。

なにはとまれ、そこから俺は、ブラックミュージックへ入つていくことになつたわけだ。ピーター・バラカンの著書からディスコグラフィを見ては一枚づつアルバムを紐解き、レイ・チャールズあたりが元祖なのだなと知り、そこから戦前ブルーズ、フォークロアまでへと分け入つたのだつた。

さうするとフォークとブルーズがやはり白人と黒人との違ひでしかなく、フォークとロックもアクースティックかエレクトリックかの違ひでしかないことに気づく。これは大雑把な認識だが、間違ひでもないだらう。
そんなときRCの『初期のRCサクセション』および70年代の音源を聴き、衝撃を受けたのだつた。
フォークからロックへの転向は、ディラン、T-REX、長渕と枚挙に暇ないし、時代、流行の必然と簡単に考へてゐて、RCもさういふことなのだと思つていたが、RCを聴いて、フォークにロック、ソウルは宿り、ロックやソウルにフォークは宿ることを感じたのだつた。

RCのフォークはロックでありリズム&ブルーズでありソウルであり、その78年以降のロックバージョンは、フォークでありブルーズであると思い知る。むしろフォーク時代の方が楽器や演奏がシンプルな分、ロックが剥き出しになつてゐる。

さういふわけでいまは、「宝くじは買はない」「僕の好きな先生」「三番目に好きなもの」、そしてやはり「スローバラード 」、この4曲がRCサクセションなのだと思つてゐる。
「ステップ!」「雨上がりの夜空に」「トランジスタ・ラジオ」「サマーツアー」「いいことばかりはありやしない」「多摩蘭坂」といつたおそるべき名曲群もフォークとして蘇る。

ロック、ソウル、リズム&ブルーズは、その味付けである。



by ichiro_ishikawa | 2018-03-18 00:48 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ジェニーハイ「片目で異常に恋してる」 RCサクセションの全シングルと... >>