激名曲「ルミリー」歌詞


そう、寂しくなる度思い出にふける 

痛みを歌う度思い出す顔も 

嫌になるくらい思い出してはさ 

暗い部屋に灯りをつけた 

僕に似たんだ、笑う時のシワ 

あとはほとんど似てるのは君で 

隣で笑う小さな命 

そっくりで僕も笑っちゃう 


空を見やっては虚しく流れる 

雲の形をながめながら歌う 

震える声は届かず消える 

目の前で落ちたメロディーを拾う 

忘れたような無邪気な顔を 

見ながら今日も2人で歩く 

小さな  手を握って僕も  笑った 


ぼんやり 浮かぶ悲しい メロディー 

またふと流れる美しいメロディー 

どれも これも 締め付けるんだ 

あれも これも 思い出すんだ  


もう何度も繰り 返し思い出してるな 

薬 指に光るはずのもの 

手紙をつけて送ると決めた 

言葉浮かばず悩んでた 

やっと書き終わった10枚の紙 

ドアの前で君の帰り待つ 

でも君はいなくなってしまった 

  何も知らず僕は眠る 


何度目を覚ませど君はいない 

  目を閉じる度君は笑う 

泣き腫らしてまた今日を暮らす 

でも隣に不思議そうな顔 

少し広くなった家で僕は 

君みたいに笑う 命と2人  


ぼんやり 浮かぶ悲しい メロディー 

またふと流れる美しいメロディー 

どれも これも 締め付けるんだ 

あれも これも 思い出す 

ぼんやり 歌う悲しい メロディー 

またふと流れる懐かしいメロディー 

どれも これも 締め付けるんだ 

あれも これも 思い出すんだ  


どうか螺旋の道の途中で さ 

君に会えたら良いのに なんて 

気まぐれな 性格だから 

ちょっとは考えちゃうのさ 

そ れまで薬指はあけ てて 

長い文章を読む のも 我慢してくれないか 

それだけ  


ぼんやり 浮かぶ悲しい メロディー 

またふと流れる美しいメロディー 

どれも これも 締め付けるんだ 

あれも これも 思い出す 

ぼんやり 歌う悲しい メロディー 

またふと流れる懐かしいメロディー 

どれも これも 締め付けるんだ 

あれも これも 思い出すんだ




by ichiro_ishikawa | 2018-04-10 19:56 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ルミリーの世界考察 都道府県名を略してよいかどうかの基準 >>