それ前も聞いた。について


よく「それ前も聞いた」と言はれる。
つまり同じ話を同じ人に何遍もする傾向にある。
これはまづもつて、誰に何を話したか憶えてないといふタチによる。おそらくその内容が、大抵の場合、本質的にモノローグであるため、相手のことを聞き手といふより、オーディエンス扱ひしてしまふからだらう。講演の体裁を取つてしまふ。

この傾向はブロムも同じで、昨日の「1986の音楽シーン」といふのは、殆ど同じものを昨年の5月にアップしてゐたことにあとで気づいた。

しかし、それだけ大事な問題だといふことだ。
大事な問題は何度繰り返してもいい。
それと、大事な問題など、さうさうない。
勢い同じ事を何度も書くことになる。





by ichiro_ishikawa | 2018-04-28 09:29 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 「もののあはれを知る」を知る 1986年の日本の音楽シーン >>