ベーシストの憂鬱


ジャズとか、特にフュージョン系のドラマーやベーシストがリーダーアルバムを出すとき、リズム楽器はメインとしては間が持たないといふ考へからか、あるひはマーケットを、数の多い一般人リスナーを意識するからなのか知らぬが、ラップとか女性ボーカルを入れたり、ストリングスを乗せたりする傾向が顕著だが、邪魔だ。

一曲丸々ベースとドラムだけでいいじやない。
全曲ベースとドラムだけでいいじやない。
加へるのはピアノ、いつてもギターかサックスでいいじやない。こちとらベースとドラムだけをじつくり聴きたいわけだから。

ベースだけを聴きたい惜しいニューアルバム
『レイド・ブラック』マーカス・ミラー


by ichiro_ishikawa | 2018-07-27 10:37 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 俺はほら元来貧乏性つていふのかな 外国の距離感 >>