上着を脱ぐときの緊張感

ジャケッツにタバコやらライターやら小物をよく入れてゐるため、喫茶店などで上着を脱いで横に軽く畳んで置くときに、「中の物を出さねえと」と、やや緊張が走る。

中の物を出しておかないと、たとへばタバコを吸はうと思ふと、また上着を取つてポケッツからタバコを出して、また畳んで横に置くといふ面倒が生じるからである。当たり前だ。

その日も緊張しながら、胸ポケからペンを慎重に取り出して、上着を畳み横に置いた。
ふとタバコを吸はうとしたが、タバコとライターがない。ジャケッツから取り出し忘れたのである。
まんまと、また上着を取つてポケッツからタバコを出して、また畳んで横に置くハメになつた。
かういふ無駄を俺は極度に好まない。

かういふ事態が過去何百回とあり、人より念入りに注意深く上着を脱ぐのだが、ほぼ毎回、何かひとつを取り出し忘れる。
これもやはり黒幕のなせるわざとしか言ひやうがない。

黒幕と言へば、先日、日本列島を東から西へ台風が進むといふ異例の事態があつたが、実はその日、俺は東京で所用を済ませた足で福岡に陸路で向かつてゐたのだつた。東京でも福岡でも道中でもずつと台風と一緒にゐたのだつた。
福岡で二泊したのだが、九州で台風は速度を落とし、しばし滞在していたことも付言しておく。

c0005419_14484370.jpg


by ichiro_ishikawa | 2018-08-07 14:25 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 毎日初めて会ふ人に会つてゐる マイヒット・ライブラリ >>