British Pop 1996


カート・コバーンの死後、ブリットポップの狂騒を経てのポップバブルが1996年にあつた。
1997年のOKコンピュータがさうしたパーティの終焉を告げたわけだが、それから20年経つたいま振り返つてみると、なかなかどうして佳曲も多いと感じ、「残るブリティッシュポップ1996」といふプレイリストを作つて聴いてゐる昨今。
以下にYouTubeバージョンとして挙げん。


Pulp「Disco 2000」(1995.11.27)


Underworld「Born Slippy」(1995.1.1)



The Charlatans

「One to Another」(1996)

「North Country Boy」(1997)

『Tellin' Stories』(1997)




Mansun「Stripper Vicar」(1996年)

『Attack of the Grey Lantern』(1997年) 



Reef
「Naked」『 Replenish』1995)
「Place Your Hands」『Glow 』1996)




Ocean Colour Scene「The Riverboat Song」

Moseley Shoals』(1996)



Suede

「New Generation」(『Dog Man Star』1995)

「Trash」『Coming Up』1996)




Dodgy「Good Enough」
(『Free Peace Sweet』1996)


Kula Shaker「Hey Dude」
(『K』1996)


The Prodigy「Breathe」
(『The Fat of the Land』1996)


The Chemical Brothers

「Setting Sun」(1996)

「Block Rockin' Beats」(1997)

(『Dig Your Own Hole』1997)




Blur「Beetlebum」
(『Blur』1997)


The Verve「Bittersweet Symphony」

(『Urban Hymns』1997)



Oasis「Fuckin' In The Bushes」

(『Standing on the Shoulder of Giants』2000)



by ichiro_ishikawa | 2018-08-27 02:09 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 一週間の動き まとめ 名曲 とんねるず「迷惑でしょうが」 >>