1986年夏〜秋 ポップの風景


1984年とか1985年とかうるせえ俺だが、実は1984年4月から1986年7月までは朝から晩まで夏休みも冬休みも部活のバスケ三昧であり、コンサートはおろかテレビも全く見てゐないのであつた。
1986年7月に総体で負けて部活を引退してから初めてテレビをつけたらそこにはポップな世界が輝いてゐて、遡つて後追いでいろいろな歌謡曲を聞いて来たのだつた。

そこで、1986年の夏、そして秋と、どんなポップがテレビで展開してゐたかを、オリコンベスト100チャートから振り返つてみたい。
すなはち、1986年、部活を引退した15歳の少年が見たポップの風景である。


1985年

(ロングヒットにより1986年にも展開)

8月31日 小林明子「恋におちて -Fall in love-」

10月21日 レベッカ「フレンズ」

11月20日小林旭「熱き心に」

11月21日 小泉今日子「なんてったってアイドル」

11月21日 荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」


1986年

1月1日  吉川晃司「キャンドルの瞳」

1月1日  新田恵利「冬のオペラグラス」 

1月21日 とんねるず「歌謡曲」

1月21日  うしろゆびさされ組「バナナの涙」

1月22日 渡辺美里「My Revolution」


2月1日  国生さゆり with おニャン子クラブ「バレンタイン・キッス」

2月3日  中森明菜「DESIRE -情熱-」 

2月5日 中山美穂「色・ホワイトブレンド」

2月5日 本田美奈子「1986年のマリリン」

2月21日 おニャン子クラブ「じゃあね」


3月21日 吉川晃司「MODERN TIME」

3月21日  斉藤由貴「悲しみよこんにちは」

3月24日 少年隊「デカメロン伝説」

3月26日  荻野目洋子「フラミンゴ in パラダイス」


4月5日  KUWATA BAND「BAN BAN BAN」

4月10日 新田恵利「恋のロープをほどかないで」

4月21日 TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」

4月21日 おニャン子クラブ「おっとCHIKAN!」

4月30日 小泉今日子「100%男女交際」


5月1日 1986 OMEGA TRIBE「君は1000%」

5月2日 レベッカ「RASPBERRY DREAM」

5月2日 うしろゆびさされ組「象さんのすきゃんてぃ」

5月10日 国生さゆり「夏を待てない」

5月16日 中山美穂「クローズ・アップ」

5月26日   中森明菜「ジプシー・クイーン」 

5月28日 とんねるず「やぶさかでない」

5月28日 杉山清貴「さよならのオーシャン」


6月10日 荻野目洋子「 Dance Beatは夜明けまで」


7月1日  安全地帯「プルシアンブルーの肖像」 

7月5日 KUWATA BAND「スキップ・ビート」 

7月5日 KUWATA BAND「MERRY X'MAS IN SUMMER」


7月10日  小泉今日子「夜明けのMEW」



7月15日  中山美穂「JINGI・愛してもらいます」



7月16日  渡辺美奈代「瞳に約束」


8月1日 新田恵利「不思議な手品のように」   



8月5日  とんねるず「寝た子も起きる子守唄」



8月7日  1986 OMEGA TRIBE「Super Chance」



8月14日 石井明美「CHA-CHA-CHA」 



8月21日   中山美穂「ツイてるねノッてるね」 



8月27日 うしろゆびさされ組「渚の『・・・・・』」 



9月25日 中森明菜「Fin」



9月29日 BOØWY「B・BLUE」



9月30日 吉川晃司「すべてはこの夜に」 



10月21日 とんねるず「人情岬」



10月29日 荻野目洋子「六本木純情派」



11月5日 KUWATA BAND「ONE DAY」


11月19日  小泉今日子「木枯しに抱かれて」 



11月21日 中山美穂「WAKU WAKUさせて」




by ichiro_ishikawa | 2018-08-31 01:36 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 好きなら問わない ケータイと俺 >>