善と俺


商用で訪れた広尾のコンビニにて、昼時にタバコを買はうと思つたら店内の全通路を埋め尽くすほどの長蛇の列。
仕方なく並んでゐると、前の少女が列を出て数歩先の棚のチョコ的なものを追加購入しに一瞬列を出た。
数歩先とは言へ一旦列を出たからとの意識からか律儀に最後尾に並び直さうとする彼女に俺は、戻つていいですよと顔だけで示唆し、彼女はハニカミながら会釈をして元の位置に戻つたのだつた。
訳を知らぬ後ろの輩たちは親指を下げての大ブーイング。だがこれもチラ見だけで制した。
かういふのを善行といふ。

by ichiro_ishikawa | 2018-10-11 17:04 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< あれは何をしてゐるのかシリーズ... 俺とバンタム >>