ブリルビルポップベスト5

バッファロー・スプリングフィールドを、YouTubeにて大滝詠一の「GO! GO! NIAGARA」での解説を通して聴き直してゐると、関連動画でチラチラと50-60sのアメリカンポップスが片隅に勝手に映りこんで来るので、極力気づかないやうに見ないやうにしてゐたが、ついついクリックしてしまつたが最後、名曲のオンパレードが蘇り、改めてブリルビルポップベスト5をやらざるを得なくなつた。

かうしてセレクトしていくと、黄金のソングライターチームの中でもマン&ウェイルの評価が低く、バリー&グリーンウィッチ、そして圧倒的にゴフィン&キングが好きなんだといふことが判明した。

そして、ロックンロールが死んだ58〜60年代前半といふビートルズ前夜のアメリカンポップは、BOØWY前夜の日本の70年代後半〜80年代前半の歌謡ポップシーンとピタッと重なるといふことは、何度繰り返し言つてもよいだらう。

c0005419_22315004.jpg



12.

Stupid Cupid

written by Howard Greenfield and Neil Sedaka Connie Francis in 1958



11.

Every Breath I Take

written by Gerry Goffin and Carole King

Gene Pitney in 1962



10.

The Loco-Motion

written by Gerry Goffin and Carole King

Little Eva in 1962



9.

I Can't Stay Mad at You

written by Gerry Goffin and Carole King

Skeeter Davis in 1963



8.

Save the Last Dance for Me

written by Doc Pomus and Mort Shuman

The Drifters in 1960



7.

(Marie's the Name) His Latest Flame

written by Doc Pomus and Mort Shuman

Elvis Presley in 1961



6.

Da Doo Ron Ron

written by Jeff Barry, Ellie Greenwich and Phil Spector

The Crystals in 1963



5.

Stand by Me

written by Ben E. King, Jerry Leiber, and Mike Stoller

Ben E. King in 1961

※inspired by, a spiritual  called "Stand by Me Father," written by Sam Cooke and J. W. Alexanderrecorded by the Soul Stirrers with Johnnie Taylor singing lead



4.

Be My Baby

written by Jeff Barry, Ellie Greenwich, and Phil Spector

the Ronettes in 1963



3.

Will You Still Love Me Tomorrow

written by Gerry Goffin and Carole King

the Shirelles in 1960



2.

He's a Rebel

written by Gene Pitney, produced by Phil Spector

The Crystals in 1962. 

(originally recorded by the Blossoms)



1.

One Fine Day

written by Gerry Goffin and Carole King

The Chiffons in 1963



by ichiro_ishikawa | 2018-10-22 21:16 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ゲスの極み乙女。 ツアー「ゲス... ザ・ビートルズ(ホワイト・アルバム) >>