リッチー・フレイの歌の艶


最近はずつと音楽モードで、本も読まず映画も観ずひたすら音楽ばかり聴いてゐる。Apple Musicにて旧作の膨大なストックから、ボブ・ディランのブートレグシリーズ、『ホワイトアルバム』やジョン・レノンのソロの周年企画盤といつた、中高年を露骨に狙つた、購入するのが躊躇はれる高価ボックスセットに、ゲスの極み乙女。的な新作まで、何でも手軽に聴けるといふ、これまでにない音楽環境が整つてきてゐることが大きい。朝起きてから身支度の最中、移動中と、ずつと聴いてゐる。風呂でさへBluetooth接続の防水スピーカーで聴いてゐる。1日の終はりには、iPhoneで薄く流しながら寝る。

本も相変はらず手軽ではあるが、脳髄の何処かをフルに駆使するから疲れるし、何しろ目を使ふ。映画は映画館に足を運ばねばならず、鑑賞に2時間かかるなど、意を決せねばならぬ度合ひが高い。そも、「2時間の余暇」がない。

そんなわけでここ半年はずつと音楽オンリーなわけだが、とりわけヘビーローテションであるのが、バッファロー・スプリングフィールド、さらに中でもリッチー・フレイ。Apple Musicのプレイリストにリッチー作曲集、リッチー歌唱集、リッチーベスト、リッチーベストオブベストなどを作つて、すでに500回は再生してゐる。

といふわけで、ベストオブ・リッチー・フレイを、ちよつとしたカテゴライズを施して、YouTubeにて聴いていきたい。
※バラッド三部作などは大滝詠一のカテゴライズで、リッチーの艶に気づいたのも大滝のラジオの影響であることを付しておく。


作曲デビュー作
「A Child's Clame to Fame
Baffalo SpringfieldBaffalo Springfield』1966


バラッド三部作1

「Sad Memory」

(Richie Furay)

Buffalo Springfield『Again』1967



バラッド三部作2
「First Love」
(Richie Furay)
POCO『Pickin' Up The Pieces』1969


バラッド三部作3
「It's So Hard to Wait」
(Neil Young, Richie Furay)
Baffalo Springfield『Last Time Around』1968


(参考)Bobby Vinton





スティーブン・スティルズ楽曲の

リッチー・フレイによる歌唱


「Go and Say Goodbye」

and Steve

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966



「Sit Down, I Think I Love You」

and Steve

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966


「Everybody's Wrong」

with Steve and Neil

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966



「Baby Don't Scold Me」

and Steve

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966



「Hung Upside Down」

Buffalo Springfield『Again』1967




ニール・ヤング楽曲の

リッチー・フレイによる歌唱


「Nowadays Clancy Can't Even Sing」

with Steve and Neil

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966



「Flying on the Ground Is Wrong」

with Steve and Neil

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966



「Do I Have to Come Right Out and Say It」

with Steve and Neil

Buffalo Springfield『Buffalo Springfield』1966


「On The Way Home」

& STEVE

Buffalo Springfield『Last Time Around』1968


 


自作曲


「Kind Woman」
(Richie Furay)
Baffalo Springfield『Last Time Around』1968



「Merry-Go-Round」

Buffalo Springfield『Last Time Around』1968



POCO 

「Pickin' Up The Pieces」


「Make Me Smile」


「Hurry Up (Now Tell Me)」


「Honky Tonk Downstairs」




by ichiro_ishikawa | 2018-11-07 10:37 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 連載 日本ジャズ史(1) 19... 中山美穂 80s読本 >>