連載 日本のロック史 60〜70年代 (1)GS界隈

ジャッキー吉川とブルーコメッツ
c0005419_22323301.jpg

ジャッキー吉川:ドラムス

小田啓義:オルガン、キーボード、ボーカル

高橋健二:ベース、ボーカル

三原綱木:ギター、ボーカル


1957年9月

大橋道二(ベース)、ロジェ滋野(ドラムス)ら米軍キャンプ回りのバンドマンを中心にブルー・コメッツ結成。専属シンガーを付け、渋谷のジャズ喫茶を中心に活動。

1959年6月

来日したジーン・ヴィンセントの地方巡演のツアーバンドに選ばれる。

1959年9月

一旦解散するが、彼らのファンだった鹿内タカシ(ボーカル)によって再興。

1960年4月

新メンバーで再スタートした。当初は鹿内タカシをメインに中尾ミエ、伊東ゆかり、園まり、こまどり姉妹、尾藤イサオ、アイ・ジョージら、多数の歌手のバックバンドとしてコンサートやスタジオ・レコーディングをこなす。フジテレビ「ザ・ヒットパレード」出演を機に注目を集める。

1961年

小田啓義(オルガン、ピアノ)が加入するが1年で「田代久勝とウエスタンキャラバン」に移籍。 

1962年

大橋の引退により高橋健二(ベース)が加入。

1963年

ジャッキー吉川(ドラムス)がリーダーになり、高橋が脱退し江藤勲(ベース)に交代。また井上忠夫(ボーカル、フルート、サックス)が加入。

1964年

小田が復帰し、三原綱木(ギター)も加入。 

1965年

江藤が脱退し、高橋が復帰。グループ・サウンズ全盛時代を築くメンバーがほぼ揃ふ。

1965年12月31日

ザ・ピーナッツのバックで第16回NHK紅白歌合戦に出演。 

バックバンドに飽き足らなくなった井上がバンドの方向性を見直す進言をし、ザ・ヒットパレードのディレクターであった椙山浩一(のちの作曲家すぎやまこういち)に相談をもちかけ、CBSコロムビアからのデビューに至る。

本格的なデビューに先駆けてマネージャー川村龍夫の助言により「デューク・エイセス」の当時のトップ・テナー、和田昭治にコーラスの猛特訓を受ける。  1966年2月10日

「サンダー・ボール/ミスター・キス・キス・バン・バン」

1966年3月10日

「青い瞳(英語) 」

1966年6月

ザ・ドリフターズや内田裕也らとともにビートルズの日本公演に前座として出演。

1966年7月10日

「青い瞳(日本語)」

1966年9月1日

「青い渚」

1966年11月1日

 「ブルー・シャトウ」(作詞:橋本淳/作曲:井上忠夫/編曲:森岡賢一郎)



1967年

美空ひばり「真赤な太陽」でバッキングを担当。

1968年

エド・サリヴァン・ショーに出演のため渡米。欧米のポピュラーミュージックの奧深さに圧倒された井上忠夫は帰国後すぐにグループの解散を打ち出す姿勢であつたが周囲の反対により断念、自らの活動を見直すことによって「脱GS宣言」を出す。

1968年10月15日

「さよならのあとで」

1971年1月10日

「雨の賛美歌」

1971年12月25日

カバーアルバム「G.S.R.」

1972年10月

コロムビアと契約を打ち切り、井上・高橋・三原の3人が脱退し、新メンバーが加入、ビクターから再デビュー。



ザ・スパイダース

1961年、田辺昭知(現・田辺エージェンシー社長)が結成。

田辺昭知リーダー、ドラムス

加藤充ベース

かまやつひろしギター、ボーカル

大野克夫オルガン、スチール・ギター

井上孝之ギター、ボーカル

堺正章ボーカル、タンバリン、フルート

井上順ボーカル、タンバリン、パーカッション

前田富雄ドラムス

代表曲 「夕陽が泣いている」、「なんとなくなんとなく」、「あの時君は若かった」




ザ・ゴールデン・カップス


デイヴ平尾:1944年11月17日 - 2008年11月10日。リーダー、ボーカル。

エディ藩:1947年6月22日 - 。ギター、ボーカル。

ルイズルイス加部:1948年11月5日 - 。ベース(エディ藩が脱退後はギター。後年、チャーに熱望されジョニー吉長と3人でジョニー、ルイス&チャー(後にピンククラウドと改名)を結成。

ケネス伊東:1946年1月1日 - 1997年3月2日。ギター、ベース、ボーカル。

マモル・マヌー:1949年6月3日 - 。ドラムス、ボーカル。


ミッキー吉野:1951年12月13日 - 。キーボード(後にゴダイゴのリーダーとして両バンドを兼務)。

林恵文:1951年5月11日 - 。ベース、藩が脱退後に加部と交代。

アイ高野:1951年1月12日 - 2006年4月1日。ドラムス(カップス以前は「ザ・カーナビーツ」、以後は竹田和夫率いる「クリエイション」のボーカルとして、それぞれヒットあり)。

柳譲治:1948年1月30日 - 2011年10月10日。ベース、ボーカル(柳ジョージとしてソロでヒットを出し成功)。

ジョン山崎:1950年7月29日 - 。キーボード。


1965年頃

横浜ののアマチュアバンド「スフィンクス」のボーカル、デイヴ平尾と芸能プロからのスカウトを受けていた「ファナティックス」のギター、エディ藩が出会ふ。

1966年

同時期に渡米してゐた平尾と藩はサンフランシスコでのゼムのライブ会場で偶然に再会。 

1966年11月

平尾が帰国。スフィンクスがバー「ゴールデン・カップ」の専属バンドになるに際して腕利きのメンバーを集めようと考え、アメリカで再会した藩を誘い、藩はケネス伊東を誘った。当初はベースに伊東、ドラムスにジョニー野村を据える予定だったが、野村は既にプロモーターを志して国際基督教大学に進学してゐた(その後、野村はゴダイゴのマネージャーとなる)ため、平尾の渡米中にスフィンクスのヴォーカルを担当してゐたマモル・マヌーがドラムスを担当し、マモルが同じ高校の先輩であったルイズルイス加部を誘つた。 

1966年12月3日

上記5人のメンバーで「平尾時宗とグループ・アンド・アイ」として活動をスタート。

1966年12月10日

ゴールデン・カップに来店していた「ナポレオン党」(カミナリ族、現在でいう暴走族のはしり)を取材していたTBSの撮影スタッフの目にとまり『ヤング720』でテレビ初出演。

1967年6月15日

テレビ出演をきっかけとして口コミで評判が広がり、妹から話を聞いてゐた歌手の黛ジュンが、東芝音楽工業(東芝レコード、現:EMIミュージック・ジャパン)の関係者をゴールデン・カップに連れてきたことを足掛かりに、シングル「いとしのジザベル」でレコードデビュー。


デビューに際し、グループ・アンド・アイでは分かりにくいためTBS『ヤング720』の担当ディレクターである高樋洋子によって「ゴールデン・カップス」へと改名された。

ザ・スパイダースのリーダー田邊昭知も熱心にスカウトに来たが、黛ジュンとの話が先だつたため、田邊昭知のスカウトは断つた。また、彼らを混血グループといふ触れ込みで売り出しを図つたのは、当時の東芝音楽工業の意向だとされてゐる。

1967年7月21日

東京のジャズ喫茶ラ・セーヌに初出演。

1967年8月26日

第31回日劇ウエスタンカーニバルに初出場。新人賞を獲得。 

1968年3月10日

1stアルバム『ザ・ゴールデン・カップス・アルバム』発売。

1968年4月1日

3rdシングル「長い髪の少女」が発売。


1968年7月8日

ビザの関係で伊東が一時活動休止(軍属であった父親が退職を決意したため)。ミッキー吉野が加入。 1968年9月1日

4thシングル「愛する君に」発売。


1968年10月21日

伊東が復帰。

1969年4月25日

藩と伊東がエディ藩グループ結成のため脱退。林恵文がベースとして加入し、加部がギターにコンバート。 

1969年12月28日

加入前のジョン山崎とルームというバンドを結成するため加部と林が脱退。マモルも作曲家の鈴木邦彦に熱望され、ソロ歌手になるため脱退。

1970年1月1日

エディ藩グループと合併し、藩と伊東が復帰、マモルの後任には、同年9月に解散したザ・カーナビーツのドラマー兼ボーカルであり、エディ藩グループのドラムスであったアイ高野が加入(高野には、マモルが使っていたパールのドラムセットが譲られた)。 

1970年8月31日

父親がカウアイ島で経営していたサーフボード店の後を継ぐため、伊東が完全に去る。

1970年9月1日

柳譲治が加入。

1971年1月

吉野が脱退。以降、山崎加入までは4人編成で活動を継続。

1971年7月3日

山崎が加入。

1972年1月1日

ゴールデン・カップスとして最後の仕事となる沖縄のディスコティックでの演奏最終日、最後の曲となる「長い髪の少女」を演奏中、会場内で火災が発生し、柳のベース以外は機材をすべて焼失。

1972年1月2日

解散。 






ザ・タイガース


沢田研二(ジュリー)1948年6月25日 - 。ボーカル、タンバリン。

岸部修三(サリー):1947年1月9日 - 。ベース、コーラス。

加橋かつみ(トッポ):1948年2月4日 - 。リードギター、コーラス、ボーカル、1969年3月に脱退。

森本太郎(タロー):1946年11月18日 - 。リズムギター、加橋かつみ脱退後はリードギター、コーラス。

瞳みのる(ピー):1946年9月22日 - 。ドラムス。

岸部シロー(シロー):1949年6月7日 - 。リズムギター、タンバリン、コーラス。1969年3月に脱退した加橋かつみに代わって参加。岸部修三の実弟。


1965年6月

1月に大阪で開かれたベンチャーズのコンサートに4人で出かけたことがきっかけで、瞳みのる、岸部修三(岸部一徳)、森本太郎、加橋かつみの(沢田を除く)4人が、京都市で「サリーとプレイボーイズ」を結成。

4人は、四条河原町のダンスホール「田園」に出演してゐた「サンダース」でボーヤ兼ボーカルだった沢田研二を勧誘。

1966年元日

沢田は正式に「サリーとプレイボーイズ」のメンバーとなり、あはせてバンド名を(バンド「リンド&リンダース」の命名で)「ファニーズ」に改称し、歌主体のいはゆるボーカル・インストゥルメンタル・グループとなる。リーダーは瞳に固定された。

大阪・難波のジャズ喫茶「ナンバ一番」の専属オーディションを受け、2月から週2日のステージを行う契約を結ぶ。

1966年5月

京都会館で開かれた「全関西エレキバンド・コンテスト」にローリング・ストーンズの「サティスファクション」で参加し、優勝。

1966年6月

「ナンバ一番」の人気投票で1位。  こうした人気に、東京に移る勧誘も複数持ちかけられた。  東邦企画の上条英男によるもの(他のバンドに、岸部・森本・沢田の3人を加入させる話。沢田が即座に拒絶)、ザ・スパイダースによるもの(マネージャーが「ナンバ一番」に来店した際に「リーダーの田辺も話したいと言つてゐる」と名刺を沢田に渡した)があったが、いづれも実現には至らず。

ブルージーンズの内田裕也が「ナンバ一番」のステージを観覧し、ファニーズに「東京に来る気があるか」と声をかけたが、その後3ヶ月ほど話は進展しなかった(この間、森本を除くメンバーはビートルズ日本公演の初日を観覧)。そこで、リーダーの瞳が単身で上京して内田に面会し、メンバーを東京に呼ぶ約束を取り付ける。

1966年9月

内田らブルージーンズが所属していた渡辺プロダクションのオーディションを受けることに。

1966年10月

「ナンバ一番」で開催されたオーディションを経て、ファニーズはナベプロと正式に契約を結ぶ。その後、「ナンバ一番」でさよなら公演、ファンクラブによる「お別れ会」をもって、関西での活動を終える。  

上京、「ザ・タイガース」としてテレビ出演編集 

1966年11月9日

東海道新幹線で上京。3日後、ポリドール・レコード(当時は日本グラモフォン、現在はユニバーサルミュージックに併合)のオーディションに合格し、レコード会社が決まる。メンバーは世田谷区烏山町に用意された住宅に入居し、渡辺プロマネージャーの中井國二を加えた6人で合宿生活を始めた。

1966年11月15日

初出演のテレビ番組『ザ・ヒットパレード』(フジテレビ系)収録当日、渡辺プロの制作部長から依頼を受けた番組ディレクターのすぎやまこういちが「大阪から来たわけ?じゃ、タイガースだ」と、ザ・タイガースというバンド名が与えられた。また、渡辺プロからの指示により、バンドのリーダーも瞳から岸部に変更された。

渡辺プロではなく内田裕也がすぎやまに売り込んだ初のテレビ出演では、当時アメリカ本国において、モンキーズに次ぐアイドル人気となっていたパンク・ロックバンドであるポールリビアとレイダース(英語版)の「KICKS(英語版)」を演奏。出演時間30秒。1967年2月5日

シングル「僕のマリー」(録音時点でのタイトルは「マリーの想い出」)でデビュー。


一方、内田と組んだ「内田裕也とタイガース」として前年12月からジャズ喫茶新宿ACBに出演し、ファニーズ時代と同じテイストの楽曲を演奏。

1967年1月15日

第31回日劇ウェスタンカーニバルで、内田と尾藤イサオのバックを引き受ける条件で、内田の用意した衣装を着て1曲だけ演奏する。内田の命で新宿ACB出演の際に、メンバーのニックネームと芸名が決められた。岸部は(リトル・リチャードのシングル「のっぽのサリー」に由来する「サリー」)、瞳は(キューピーに由来する「ピー」)、森本は(本名に由来する「タロー」)とされた。一方、沢田は、女優ジュリー・アンドリュースに由来する「ジュリー」と自ら名付け、加橋は、トッポ・ジージョに似ていることから新宿ACB支配人の命名で「トッポ」と名付けられた。また、芸名については、岸部は読みを変え(「しゅうぞう」から「おさみ」)、瞳と森本は表記を変えた。沢田は内田による芸名「沢の井謙」を拒否し本名の澤田を沢田と表記し、加橋は本名「高橋(たかはし)」の一文字を抜く形となった。  

1967年3月頃

人気が爆発。

1967年5月

セカンド・シングル「シーサイド・バウンド」。


テレビは渡辺プロ、ジャズ喫茶は内田とマネジメントが分かれていたが、ジャズ喫茶においても「ザ・タイガース」として扱はれ、内田はプロデュースに近い立場となつた。後に、内田は渡辺プロと対立、第32回の日劇ウェスタンカーニバル前日の5月4日に内田は「キャンティ」経営者の川添夫妻の援助で渡仏した。結果として、渡辺プロは自らの路線に合はない内田をザ・タイガースから切り離した形となつた。

1967年後半

活動の中心はジャズ喫茶からコンサートに変はり、テレビなどの芸能活動も増加。

1968年1月

4枚目シングル「君だけに愛を」。


1968年3月

5枚目シングル「銀河のロマンス/花の首飾り」(「花の首飾り」は加橋の初のメインボーカル曲)発売。

1968年3月10日

「花の首飾り」の新曲発表会を日本武道館で開催。

武道館コンサートをする初の日本人音楽バンドに。

となる。

1968年4月

初の主演映画『ザ・タイガース 世界はボクらを待っている』公開された。 

1968年7月

6枚目シングル「シー・シー・シー」。

1968年8月12日

日本初のスタジアム・ライブとなる「ザ・タイガース・ショー〜真夏の夜の祭典」を後楽園球場で開催。1968年11月25日

トータル・コンセプト・アルバム『ヒューマン・ルネッサンス』を発売。

1969年

加橋脱退。代はりに岸部の弟で、以前からグループをサポートしていた岸部シローが加入し、第二期がスタート。

マスコミは当初、加橋を「失踪」と報道するが、すぐに渡辺プロ主導の芝居だとばれてしまい、渡辺プロは謝罪会見を開く。加橋が抜けてザ・タイガースの人気が下降するのを恐れての芝居だったが、今度は、加橋の一番の理解者でもあった瞳が、渡辺プロに不信感を抱くようになる。  さらに、

1969年夏

グループ・サウンズのブームが急速に沈滞化し、終焉の兆しを見せ始める。音楽シーンが多様化する中で、同年秋からはグループとしての活動よりもメンバー個々の活動が中心となった。瞳が脱退の意向を示したことも背景にある。

1970年4月26日

日本万国博覧会のEXPOホール・水上ステージにて「ザ・タイガース・ショー」で参加。

たのが目立つくらいだ。  メディアによる解散報道が相次ぐ中、ザ・タイガースは

1970年12月7日

解散を表明。

1971年1月24日

日本武道館にて事実上の解散コンサート「ザ・タイガース ビューティフル・コンサート」。

大幅に編集された実況録音盤(ライブアルバム)『ザ・タイガース・フィナーレ』として同年に発売。

コンサートの夜、内田主催で食事会が行はれ、5人のメンバー、そして会場の客席にゐた加橋も参加。宴の終わった後、瞳はトラックに家財道具を積み込み実家のある京都へ戻る。


by ichiro_ishikawa | 2018-11-28 00:12 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 連載 日本のロック史 60〜7... これつてすごくないですか?について >>