連載 日本のロック史 60〜70年代 (6)早川義夫、鈴木慶一界隈

ジャックス
c0005419_23213912.jpg

前身:1965年夏

和光高校(東京都町田市)の同級生、早川義夫、高橋末広、松原絵里の3人が結成した「ナイチンゲイル」。

1965年秋 

早川と高橋でオリジナル曲を制作。タイトルは「セブンティーン」「ふるさとの歌」「なぐさめ」「神様と僕達」。 

1966年夏

フジテレビのフォークソング合戦にウィンドミルズの名称で出場。松原絵里が脱退。バンド名をジャックスに変更。

1967年1月

谷野ひとしが加入。

1967年5月

高橋末広が脱退し、木田高介、水橋春夫が加入。早川義夫(ボーカル)、水橋春夫(ギター)、谷野ひとし(ベース)、木田高介(ドラム)の4人による活動開始。

1968年3月

シングル「からっぽの世界」でレコードデビュー。

1968年9月

ファーストアルバム『ジャックスの世界』を発表。


1968年9月

水橋春夫が脱退。

1968年11月

角田ひろ(ドラム)が加入。木田高介はドラムから、サックスやフルート、ヴィブラフォンに替わる。

1969年7月

第5回「ジャックス・ショウ」のステージ上で解散を宣言。

1969年8月

第1回全日本フォークジャンボリーの出演を最後にジャックスは解散。

1969年10月

セカンドアルバム『ジャックスの奇蹟』が発表される。



鈴木慶一界隈

はちみつぱい

母体:1970年

鈴木慶一があがた森魚らと共に結成したあがた精神病院。後にあがた森魚と蜂蜜麺麭(はちみつぱい)と名前を変えるが、メンバーは一定せずロックバンドというよりは、あがた森魚のバックバンド的な活動。

1971年

蜂蜜ぱいと名乗り、あがたとは独立したロックバンドとしての活動を行うやうに。

1973年11月

ファーストアルバム『センチメンタル通り』を発売。1974年5月

シングル「君と旅行鞄(トランク)」を発売

1974年11月20日

山野ホールでのコンサートを最後に解散。


ムーンライダーズ

c0005419_23222892.jpg

鈴木慶一 :ボーカル、ギター、キーボード

岡田徹:キーボード、コーラス、ボーカル

武川雅寛:ヴァイオリン、トランペット、マンドリン、ギター、コーラス、ボーカル

鈴木博文 :ベース、ギター、コーラス、ボーカル

かしぶち哲郎 :ドラムス、パーカッション、ギター、コーラス、ボーカル ※2013年12月17日死去

白井良明:ギター、シタール、ギタギドラ、ツィター、コーラス、ボーカル ※1977年、椎名和夫の脱退に伴い加入。


1975年

「はちみつぱい」のメンバーだった鈴木慶一、岡田徹、武川雅寛、かしぶち哲郎、椎名和夫と、鈴木慶一の実弟の鈴木博文により結成。

1976年1月25日

「鈴木慶一とムーンライダース」として『火の玉ボーイ』(ワーナー・パイオニア)でアルバムデビュー。

1977年2月25日

「ムーンライダーズ」としてアルバム『ムーンライダーズ』(クラウンレコード)を発表。






by ichiro_ishikawa | 2018-12-01 20:00 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 連載 日本のロック史 60〜7... 名曲「ルージュの伝言」荒井由実 >>