連載 日本のロック史 60〜70年代(5)シュガーベイブ

シュガーベイブ

c0005419_22261106.jpg

第1期:1973年4月 - 1975年4月

山下達郎 – ヴォーカル、ギター、キーボード、コーラス

大貫妙子 – ヴォーカル、キーボード、コーラス

村松邦男 – ヴォーカル、ギター、コーラス

鰐川己久男 – ベース、コーラス

野口明彦 – ドラムス


1971年3月

大貫妙子、高校を卒業。陶芸家を目指し美術学校に入学。持病の肩こりが悪化し首が全く回らなくなり退学。

冬、ギターを持って渋谷ヤマハに譜面を買いに来たところ、入り口付近にたむろしていた林謙司と広瀬ジョージの2人に声をかけられ、グループ“三輪車”への参加を持ちかけられ参加を決める。翌日、当時彼らがすでに契約していたワーナー・パイオニアに行き大野という女性のディレクターを紹介され、実質的なプロとしてのキャリアがスタート。


1972年7月

山下達郎、同時に大学に進学した友人達(山下の中学時代のクラスメイトだった並木進、並木が高校で知り合った鰐川己久男と武川伸一)と3か月かけてアルバム『ADD SOME MUSIC TO YOUR DAY』を自主制作。アナログA面にザ・ビーチ・ボーイズ、B面にドゥーワップやロックンロールのカヴァーをそれぞれ収録。制作費は100枚で13万円。それをメンバー4人で25枚ずつ分け、友達に1枚1,500円で無理矢理売るが、結局最後はほとんどタダ同然で配布。

このレコーディング時に並木からの依頼でエコー・マシーンを貸すため並木の高校の友人の1年先輩の村松邦男がレコーディング・スタジオになっていた並木家を訪れ、「SINCERELY」のコーラスを手伝う。以後、並木家で行われていたセッションにギターを携え毎週、顔を出すようになる。


1972年

『ADD SOME~』レコーディング・メンバーの山下・鰐川・並木・武川に村松が加わり、アルバム・ジャケットのデザインを手がけた金子辰也が当時通っていた美術学校の文化祭に出演。

秋、大貫、三輪車のレコーディング制作がスタートするもやがて辞め、同年秋にジャズ喫茶“いーぐる”のオーナー後藤雅洋が“いーぐる”のすぐ傍にオープンさせた四谷のロック喫茶“ディスク・チャート”(夏に故郷の長崎ではっぴいえんどを招いてイベント“大震祭Vol.3”を主催した長門芳郎と長門の学生時代からの友人でバンド仲間でもあった小宮康裕の二人が店の運営を任されていた)にて閉店後、毎週水曜日に地下室でセッションが行うように。メンバーは大貫のほか、長門と小宮、すでにプロとして活動していた山本コウタローや徳武弘文。この時カメラマンのアシスタントをしていて後にシュガー・ベイブに参加する野口明彦。他に矢野や武蔵野タンポポ団の若林純夫、後に広告業界に身を置く下條高志などが参加して自作曲やCMソングの録音が行われていた。併せて、後にTVプロデューサーとなる日野原幼紀のアイデアで、大貫のソロ・デビューに向けたオリジナル曲のデモ・テープ制作も行われるようになり、「午后の休息」他数曲が録音される。


1972年11月

山下、自主制作盤のレコーディング・メンバーだった武川から彼の大学で評判になっていたディスク・チャートの存在を知らされる。しばらく講習がたて込んでいて行けそうもないという武川に代わって山下が『ADD SOME~』を置いてもらうように店に行き、チーフの長門と会う。音楽の趣味があったため話に熱が入り、結局持参したレコードはプレゼント。その場で聴いた長門は、山下のヴォーカルにすぐさま惹かれ、彼をディスク・チャートで閉店後地下室で行われていたセッションに誘う。


1972年12月

山下・鰐川・武川・村松、ディスク・チャートで閉店後地下室で行われていた大貫のデモ・レコーディングのセッションを見学。以後、山下は一人で足繁く通うようになり、やがて見学だけではおさまらず、コーラス・アレンジに意見を出したり、自分もギターを持ち込んで演奏に加わって歌うなど、次第にセッションに欠かせない存在となる。


1972年暮れ

山下はシンガーとしてソロ・デビュー計画があった大貫にバンドへの参加を持ちかける。大貫は参加を了承。併せて、キーボードへの転向も了承。 山下、鰐川にベースでメンバーになるよう説得。もともとギタリストだった鰐川は当初渋ったものの、バンドをやりたいとの思いに勝てず、これを了承。


1973年1月

山下、ギターは鰐川のほうが指は速かったが“フレーズが泣く”という理由で、すでに会社員として勤務していた村松を口説き、最終的には参加させる。


1973年3月

知り合いのつてを頼ってドラムのメンバー募集を開始。

1973年4月

応募してきたドラマーのオーディションを行うも惨敗。ディスク・チャートのセッションで顔見知りだった野口が最近ドラムを始めたことを山下が大貫から聞き、野口と会う。野口はバンド加入を了承、メンバーが決まる。

1973年5月

山下、長門にマネージャーになるよう依頼、長門も引き受けることを決める。バンド名は映画『砂丘』で使われていたヤングブラッズの曲名からとって“シュガー・ベイブ”に決定するがこの時、山下と長門は同じ名前を考えていた。

1973初夏

はちみつぱいのベーシスト、和田博巳の経営する高円寺のロック喫茶“MOVIN'”で伊藤銀次と駒沢裕城が『ADD SOME~』を聴き、大滝詠一に伝える。和田は、渋谷ヤマハで買い求めた『ADD SOME~』を、店でよくかけていたという。

1973年8月18日

山下、長門とともに福生の大滝宅を訪問。以後、大滝のレコード・コレクションを聴くため通い詰める。大滝、山下にはっぴいえんどラスト・ライヴでのコーラスを依頼する。

1973年8月23日

長門が故郷の長崎で友人たちと主催したイベント“大震祭Vol.4”にて、デビューコンサート(長崎NBCビデオ・ホール 共演 : グッド・モーニング, ドゥーワー・ブラザース)。大貫がMCを担当した、最初で最後のステージ。

1973年8月26日

日本テレビ系「遠くへ行きたい」放送。番組中、大貫が知床で切り株に腰掛けて「光の中へ」(山下作)と「港の灯り」(小宮やすゆう作)、列車の中で番組のテーマ曲「遠くへ行きたい」を歌う。

1973年9月

はっぴいえんどラスト・ライヴに向け、ココナツ・バンクと合同でリハーサルを行うためコーラス隊の山下、大貫、村松が数回、大滝宅を訪れる。音を出しながら曲の構成をまとめつつ、同時に山下がそれを横で聴きながらコーラスのアイデアを考えて、すぐにコーラスを試す。それを1曲ごとに行い、それらがある程度決まったらパーカッション部隊の鰐川・野口を呼んで、全員で仕上げのリハにとりかかるという段取りで進めることになった。

1973年9月10日

新宿ラ・セーヌ(共演 : ビートルズのコピーバンド)。

1973年9月11日

はっぴいえんどラスト・ライヴに向けた、ココナツ・バンクとの合同リハーサルのため、今度はメンバー全員で大滝宅を訪れる。リハーサルは以後数日行われる。

1973年9月21日

はっぴいえんどラスト・ライヴ“CITY-LAST TIME AROUND”にて大滝詠一、ココナツ・バンク、布谷文夫のコーラスに参加(文京公会堂)。後に『ライブ!! はっぴいえんど』として発売。


197310月

“三菱ラジオジーガム(日本語改作版)”レコーディング(HITスタジオ)。大滝のCMソングに、シュガー・ベイブがコーラスで初参加。

1973年11月9日

東洋大学“白山祭”。

1973年11月18日

跡見女子短期大学学園祭。

1973年12月17日

“HELLO! WE'RE SUGAR BABE”(青山タワー・ホール 共演 : 小宮やすゆうとレッド・アイ・エキスプレス, 山本コウタローと少年探偵団、 はちみつぱい)。ライブ中突然、山下がMCでこの年に発売された洋楽アルバムのベストテンとワーストテンを発表した。数日後、はっぴいえんどが所属していたプロダクション“風都市”が長門に接触、バンドと一緒の入社を打診してくる。メンバーと相談した結果、長門は承諾の返事をする。


1974年1月1日

マネージャーの長門とともに、風都市に入社。これを機に、それまで練習スタジオ代わりに使用していた並木宅から、風都市が契約していた新宿のスタジオでリハーサルを行うようになる。

1974年1月16日

“三ツ矢サイダー'74”レコーディング(~17日 ポリドール・スタジオ)

1974年1月24日

“三ツ矢サイダー'73 (Long Version)”レコーディング(ポリドール・スタジオ)。

19741月28日

“大滝詠一&鈴木茂コンサート”にゲスト出演(仙台市公会堂)。鈴木が風邪のため南佳孝が出演。

1974年2月15日

ファッションショーでの大貫のパフォーマンスに山下がバッキングで参加(有楽町・読売ホール)。

1974年3月2日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”に初出演。

1974年3月

レコード会社へのプレゼン用デモ・テープ録りの話が具体化。4月の第1週にニッポン放送銀河スタジオでの録音決定が、長門からメンバーに告げられる。

1974年4月3日

デモ・テープ録音(ニッポン放送第一スタジオ)。

1974年4月

プロモーション用のとアーティスト写真撮影(六本木~新宿)。デモ・テープとアーティスト写真をセットにすることでレコード会社へのプロモーション効果を高めようと考へてゐた風都市の意向で、プロのカメラマンを起用しての撮影となつた。

1974年4月14日

新宿・サムライ。

1974年4月16日

大宮の女子高文化祭。

1974年4月18日

“HOBO'Sコンサート”に出演(池袋シアター・グリーン 共演 : 南正人)。

1974年4月24日

デモ・テープ録音(ニッポン放送第一スタジオ)。

1974年4月28日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”(共演 : 生田敬太郎)。この頃、風都市を辞め、長門が友人たちと新しく設立した事務所“テイク・ワン”に移る。テイク・ワンはPAの会社と共同で笹塚のマンションに2LDKの部屋を借り、その所属アーティストの筆頭は山下洋輔トリオだつたので、後にシュガー・ベイブの山下と合はせて“ダブル山下の事務所”と言はれてゐた。テイク・ワンの真下の部屋はテイク・ワンと親しい関係の会社が借りてゐたが、そこには伊藤銀次が入り浸つてゐた。上下階での行き来も頻繁だつたので、これが「DOWN TOWN」をはじめとする山下・伊藤の共作曲誕生のきつかけとなつた。

1974年5月7日

山下、亀淵友香コンサートにコーラスで出演(青山・タワー・ホール)。当初、コーラスで参加予定だったシンガーズ・スリーが直前で不参加となり、丁度遊びに来てゐた大貫と村松をリハーサルなしで急遽ステージに上げ、なんとかこなした。この時客席で彼らを見てゐた荒井由実が後に、3人を自身のレコーディングに呼ぶ。

1974年5月8日

ラジオ関西公開録音。11日まで、初の大阪ツアー。

1974年5月9日

六番町コンサート(共演 : 布谷文夫&ココナツ・バンク、スターキング・デリシャス)。風都市マネージメントによる、最後のステージ。

19745月10日

大阪・DUKE。この日のライブ以降、テイク・ワンがマネージメントを手掛ける。

1974年5月11日

京都・拾得。山下は客からの「帰れ!」に落ち込んでゐたが、観に来てゐた山岸潤史の「本当は外人の方がもつと怖い。外人はノッてゐたから心配あらへん」との言葉に慰められる。

19745月19日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”(共演 : 神山慶子)。

1974年5月中旬

高島屋ローズホール(共演 : オイルフッド・ブラザース)。

1974年5月28日

新宿厚生年金会館。

1974年6月9日

“第13回A・ROCK祭”に出演(日本青年館ホール 共演 : ミッキー・カーチス & ポーカーフェイス他)。

1974年6月21日

“7TH ステッチ・コンサート イシバシ・オン・ザ・ロック”にゲスト出演(御茶ノ水・日仏会館 共演 : スモーキー・メディスン、他アマチュア・バンド)。

1974年6月25日

“三愛バーゲンフェスティヴァル'74”レコーディング(アバコ・スタジオ)。山下にとつて初めて依頼されたCMソング。

1974年6月26日

“HOBO'Sコンサート”に出演(池袋シアター・グリーン 共演 : センチメンタル・シティ・ロマンス)。この時から、2組の長い交流が始まる。

1974年7月

“第11回三ツ矢フォーク・メイツ・フェス”公開録音の通しリハーサル(文化放送のスタジオ)。

1974年7月11日

文化放送“第11回三ツ矢フォーク・メイツ・フェス”公開録音に出演(有楽町・読売ホール 司会 : 小室等 出演 : 大滝詠一、布谷文夫、バック : 上原裕、伊藤銀次、駒沢裕城、田中章弘、岡田徹、シンガーズ・スリー、稲垣次郎セクション、飛び入りゲスト : 鈴木茂)。録音はAM放送用モノラル音源のみ。

1974年7月19日

山下と大貫、沢チエ“CHIE-BEAT POPS IN SO・GETSU”にコーラスで参加(草月会館ホール 出演 : 沢チエ、下田逸郎、矢野誠、ココナツ・バンク、鈴木顕子)。

1974年7月20日

バンド・リハーサル(エレック・スタジオ)。

19747月23日

“三ツ矢フルーツソーダ'74”レコーディング(TSC東京スタジオセンター)。

19747月28日

“7TH ステッチ・コンサート イシバシ・オン・ザ・ロック”にゲスト出演(日本青年館ホール 共演 : エディ藩 & オリエント・エキスプレス、ミッキー・カーチス & ポーカーフェイス、VSOP、他アマチュア・バンド10組)。その後、荒井由実のレコーディングに参加。「12月の雨」と「瞳を閉じて」でコーラスを担当。この頃からレコーディングでのコーラスは、主に吉田美奈子を加えた4人編成になる。

1974年7月30日

山梨県清里のスケート場(共演 : チャコとヘルス・エンジェルス、フレンズ、アンデルセン)。

1974年8月5日

センチメンタル・シティ・ロマンスの月例コンサートにゲスト出演(名古屋雲龍ホール)。

1974年8月8日

郡山“ONESTEP FESTIVAL”に出演。

1974年8月24日

千葉・セントラル・プラザ7Fホール。

1974年8月

山下・大貫・村松と吉田美奈子、ルネ・シマール日本公演のコーラス打ち合わせ(浜松町・アルファレコード)。大阪1回、東京2回のレコード発売記念コンサートでのコーラスを、シュガー・ベイブの3人に吉田を加えた4人が依頼を受けた。これは、コーラスでレコーディングに参加した荒井由実の所属するアルファレコードから来た話だつた。

1974年9月4日

山下・大貫・村松と吉田、ルネ・シマールのコンサートにコーラスで出演(大阪厚生年金会館)。

1974年9月6日

“不二家ハートチョコレート'74”レコーディング(赤坂ミュージック・スタジオ)。

1974年9月14日

山下・大貫・村松と吉田美奈子、ルネ・シマールのコンサートにコーラスで出演(~15日 渋谷公会堂)。

19749月

ルネ・シマールのコンサートの仕事の合間にテイク・ワンに、難航してゐたレコーディングの話が本決まりになつたとの連絡が入る。レコード会社はエレック、時期は10月末、レーベルは大瀧詠一の主催するナイアガラ。

1974年9月半ば

バンド、リハーサル(新宿・御苑スタジオ~エレック・スタジオ)。1か月半ほどの集中的なリハーサルの目的は、今までの曲のレパートリーのアレンジをレコーディング用に見直すことと、「DOWN TOWN」「過ぎ去りし日々」「風の世界」といった新曲の練習の二つ。10月末からのレコーディングまでの間、初めの1か月を新宿の御苑スタジオで、その後エレック社内のリハーサル室に移動して行はれた。

1974年9月26日

“伊勢丹どんな顔するかな”レコーディング(モウリ・スタジオ)。

1974年9月29日

横浜・グリーン・ピース。

1974年10月5日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”(共演 : きりぎりす)。

1974年10月7日

“資生堂バスボン'74”レコーディング(TSC)。

1974年10月9日

山下、大滝とザ・キングトーンズのライヴを見に行く(新宿ルイード)。

1974年10月13日

“HOBO'Sコンサート”に出演(池袋シアター・グリーン)。

1974年10月25日

高千穂商科大学文化祭。

197410月28日

アルバム・レコーディング開始(~12月26日 エレック・スタジオ)。楽器のセッティング~音決め、「SHOW」レコーディング。

197410月29日

「DOWN TOWN」レコーディング(エレック・スタジオ)。以後、数曲のヴォーカル、ダビングは工事中の福生45スタジオで行ふ。

1974年11月3日

城西大学体育館“コマ祭”シェイキー・フラット・コンサート(共演 : 内田裕也 & 1815R&Rバンド、クリエーション、イエロー、ヘルハウス、ミルキーウェイ他)。

1974年11月6日

“らんまんコンサートVol.4 〜小坂忠・細野晴臣 再会…そして出発〜”にコーラスで出演(新宿厚生年金小ホール 共演 : 小坂忠、ティン・パン・アレー、細野晴臣、林立夫、松任谷正隆、矢野誠、伊藤銀次、吉田美奈子)。

197411月10日

金沢女子短期大学文化祭(共演 : 浅野由彦)。

1974年11月15日

センチメンタル・シティ・ロマンスの月例コンサートにゲスト出演(名古屋雲龍ホール)。

1974年11月23日

“ティン・パン・アレイ・セッション”(~24日 荻窪ロフト 共演 : 細野晴臣、林立夫、伊藤銀次、矢野誠、はちみつぱい、上原裕)。

1974年11月24日

横浜・グリーン・ピース。伊藤銀次、矢野誠等と布谷文夫のバックを担当。 12月6日、荻窪ロフト(共演 : 吉田美奈子)。

197412月11日

渋谷ヤマハ店頭。

1974年12月8日

“ホーボーズ・コンサート”に出演(池袋シアター・グリーン 共演 : 久保田麻琴と夕焼け楽団)。

1974年12月25日

山下と大貫、“荒井由実クリスマス・コンサート”にアンコールでゲスト出演、コーラスを担当する。

1975年1月14日

“SKYHILLS PARTY Vol.1”に出演(横浜市民ホール 共演 : 荒井由実 & ダディー・オー, 吉田美奈子)。

19751月15日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”。

1975年1月24日

“シュガー・ベイブ セカンド・コンサート”(新宿厚生年金会館小ホール ゲスト&司会 : 細野晴臣、鈴木慶一 特別ゲスト : 大滝詠一 ダンサー : 荒井由実 & 横浜CLUB 162)。

1975年2月2日

山下、大滝・吉田美奈子・伊集加代子と共にかまやつひろし「お先にどうぞ」(作詞・作曲・編曲 : 大瀧)レコーディングにコーラスで参加(東芝EMIスタジオ)。 

1975年2月22日

荻窪ロフト(共演 : センチメンタル・シティ・ロマンス)。

19752月23日

渋谷・ジァン・ジァン(共演 : 中山ラビ)。

1975年3月7日

アルバム『SONGS』完成。

1975年3月

野口に代わって当時、ハイ・ファイ・セットのバッキング・メンバーだった上原裕(Ds)が参加。更に上原の意向で伊藤銀次(G)が加入。

1975年3月

鰐川に代わって当時、上原・伊藤と共にハイ・ファイ・セットのバッキング・メンバーだった寺尾次郎(B)が参加。鰐川は去年の秋頃からレコーディング終了後にバンドを辞めようと考えてゐた。そのため、正月明けから後任のベーシスト探しがメンバーやスタッフによつて始められたが、なかなかこれといつたメンバーが見つからなかつた。そんな折、2月に上原から「シュガー・ベイブに入れへんか」と勧誘を受けた寺尾が、メンバーになりたいと自らテイク・ワンに電話をかけてきた。元々、寺尾はシュガー・ベイブのファンで、事務所に何度もコンサート予約の電話をかけてゐたことから、スタッフとは懇意になつてゐた。

19753月

マネージャーが長門から柏原卓に交代する。

1975年3月22日

荻窪ロフト(共演 : 愛奴)。

1975年3月29日

“ベイ・エリア・コンサート スーパーロックジェネレーション”に出演(文京公会堂 出演 : ティン・パン・アレー、大滝詠一、ココナツ・バンク(伊藤銀次、上原裕、藤本雄志)、鈴木茂バンド(鈴木茂、佐藤博、林敏明、田中章弘)、小坂忠、吉田美奈子)。

1975年3月30日

千葉ヤマハ。



第2期:1975年4月 - 1975年6月

山下達郎 – ヴォーカル、ギター、キーボード、コーラス

大貫妙子 – ヴォーカル、キーボード、コーラス

村松邦男 – ヴォーカル、ギター、コーラス

伊藤銀次 – ギター

寺尾次郎 – ベース、コーラス

上原裕 – ドラムス


1975年4月4日

“ベイエリア・コンサート スーパーロックジェネレーション”に出演(大阪サンケイ・ホール)。

1975年4月5日

“ベイエリア・コンサート スーパーロックジェネレーション”に出演(名古屋市公会堂)。

1975年4月20日

“ブルース・パワー・スプリング・カーニバル・イン日比谷”に出演(日比谷野外音楽堂 共演 : ウエスト・ロード・ブルース・バンド、鈴木茂バンド、久保田麻琴と夕焼け楽団、ウィーピング・ハープ・セノオ & ヒズ・ローラーコースター)。この日のライブ写真が翌週の雑誌『週刊プレイボーイ』に掲載される。

1975年4月25日

アルバム『SONGS』とシングル「DOWN TOWN」を同時発表。以降、「雨は手のひらにいっぱい」のやうなメロディアスな曲から「WINDY LADY」のやうな16ビートの楽曲へと、次第に山下の作風に変化が生じる。




1975年4月26日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”。

1975年5月4日

山下、アルバム『NIAGARA MOON』を明け方にミックス・ダウン中の大瀧に“滝の音がないとだめだよ”と助言。明日搬入予定にも拘らず白糸の滝に行って滝の音を録つた夜、戻つてくる。夜中じゅう山下の録音してきた滝の音がミックスされた後にマスタリング、翌5日に搬入された(六本木CBSソニースタジオ)。

1975年5月8日

バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。

1975年5月9日

“資生堂店頭BGM'75「南の島」”レコーディング(音響ハウス)。

1975年5月10日

山下・大貫・村松、コーラス・レコーディング 1日目(六本木CBSソニースタジオ)。

1975年5月11日

バンド・リハーサル(エレック・スタジオ)。その後、静岡放送の取材。

1975年5月13日

服飾メーカーのCMレコーディング(音響ハウス)。

1975年5月14日

バンド・リハーサル(~15日 渋谷ヤマハ)。

1975年5月16日

山下・大貫・村松、コーラス・レコーディング 2日目(六本木CBSソニースタジオ)。

1975年5月17日

バンド・リハーサル(~18日 福生45スタジオ)。

1975年5月19日

家電メーカーのCMデモ・レコーディング(音響ハウス)。その後、バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。

1975年5月20日

バンド・リハーサル(渋谷ヤマハ)。

1975年5月21日

FM東京“週刊FM サウンドスペシャル”に出演(目黒・パイオニア・スタジオ)。

1975年5月23日

バンド・リハーサル(四谷スタジオ)。その後、山下・大貫・村松、コーラス・レコーディング。この日予定されてゐた19日録音のCMデモの本録りはキャンセルになつた。

1975年5月24日

“ティン・パン・アレイ・フェスティバル”に出演(中野サンプラザ 出演 : 鈴木茂バンド、小坂忠 + ティン・パン・アレーら細野晴臣 + セッション・バンド, 大滝詠一 + セッション・バンド、バンブー、ブレッド&バター、トランザム + クニ河内、シュガー・ベイブ)。その後、山下・大貫・村松、コーラス・レコーディング(溜池・クラウン・レコーディング・スタジオ)。



第3期:1975年6月 - 1976年4月

山下達郎 – ヴォーカル、ギター、キーボード、コーラス

大貫妙子 – ヴォーカル、キーボード、コーラス

村松邦男 – ヴォーカル、ギター、コーラス

寺尾次郎 – ベース、コーラス

上原裕 – ドラムス


1975年6月

「DOWN TOWN」のラジオ・スポットCMのオンエアが始まる。

1975年6月1日

山下・大貫・村松、フジテレビ幼児向け番組のコーラス・レコーディング。その後、アーティスト写真の打ち合はせ。福生での撮影が決まる。

1975年6月2日

アーティスト写真撮影および、バンド・リハーサル(~5日 福生45スタジオ)。

19756月6日

自動車メーカーのCMソング・レコーディング(新橋・飛行館スタジオ)。

1975年6月11日

バンド・リハーサル(~13日 福生45スタジオ)。

1975年6月14日

バンド・リハーサル(チョコレートスタジオ)。

19756月15日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”。この日を最後に伊藤がバンドを離籍。

1975年6月16日

製菓メーカーのCMソング・コーラス・レコーディング(アオイスタジオ)。

1975年6月18日

バンド・リハーサル(~20日 福生45スタジオ)。

1975年6月20日

“いちじく浣腸'75”レコーディング(音響ハウス)。

1975年6月22日

バンド・リハーサル(~23日 福生45スタジオ)。

1975年6月24日

“SKYHILLS PARTY Vol.2”に出演(横浜教育会館 共演 : センチメンタル・シティ・ロマンス、鈴木茂 & ハックルバック。

1975年6月25日

製菓メーカー、自動車メーカー、別の製菓メーカーのCMソング・レコーディング(KRCスタジオ, アオイスタジオ, 音響ハウス)。

1975年6月28日

センチメンタル・シティ・ロマンスの月例コンサートにゲスト出演(~29日 名古屋雲龍ホール)。

1975年7月

マネージャー牧村憲一立会いのもと、ナイアガラ・レーベルとのレコーディング契約を破棄。ただしコンサート等のバッキングは継続することで合意。

1975年7月

黒木真由美、アルバム『12のらくがき』発売。山下作曲・編曲「恋人と呼ばれて」「北極回り」収録。

1975年7月3日

バンド・リハーサル(~5日 福生45スタジオ)。

1975年7月6日

“うたのおーどぶる 第10回ポピュラー・ソング・コンテスト横浜大会”にゲスト出演(横浜市民ホール)。

1975年7月8日

アーティスト写真撮影(福生45スタジオ)。

1975年7月9日

バンド・リハーサル(高円寺・Sit-Inスタジオ)。

1975年7月11日

バンド・リハーサル(アダンスタジオ)。

1975年7月12日

高円寺・次郎吉。

19757月13日

TVK“ヤング・インパルス”公開放送に出演(共演 : 愛奴)。

1975年7月15日

家電メーカーのCMソング・レコーディング(音響ハウス)。 

1975年7月16日

文化放送“ハロー・パーティー”公開録音(文化放送内スタジオ)。

1975年7月18日

バンド・リハーサル(アダンスタジオ)。

1975年7月19日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”(共演 : 音つばめ)。

1975年7月20日

荻窪ロフト(共演 : 愛奴)。初めて満員になる。

1975年7月23日

バンド・リハーサル(~25日 新宿・御苑スタジオ)。

1975年7月26日

“サマー・ロック・カーニバル”に出演(日比谷野外音楽堂 共演 : 鈴木茂&ハックルバック、頭脳警察、愛奴、上田正樹 & サウス・トゥ・サウス、サンハウス)。

1975年8月2日

バンド・リハーサル(福生45スタジオ)。

1975年8月5日

バンド・リハーサル(~6日 新宿・御苑スタジオ)。

1975年8月7日

九頭竜フェスティバルのリハーサルがこの日の午後行はれるため早朝5時、笹塚の事務所テイク・ワンに集合、6時出発。北陸ツアー開始(~18日)。

1975年8月8日

“福井・九頭竜フェスティバル”に出演(~9日)。

1975年8月10日

“金沢・百万石夏祭”に出演。

1975年8月11日

バンド・リハーサル(金沢VanVanスタジオ)。「WINDY LADY」と「愛は幻」の2曲を集中的に練習する。

1975年8月13日

バンド・リハーサル(~16日 金沢VanVanスタジオ)。山下が体調不良のため欠席、4人で行ふ。

1975年8月17日

“金沢・卯辰山フェスティバル”に出演(共演 : ジプシ・グッピー、バッド・ボーイズ、上田正樹 & サウス・トゥ・サウス、めんたんぴん、カルメン・マキ & OZ、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド)。

1975年8月18日

富岡市民会館(共演 : めんたんぴん)。

1975年8月21日

山下、センチメンタル・シティ・ロマンスのレコード発売記念コンサートにゲスト出演(御茶ノ水・日仏会館)。彼らの演奏をバックにハンド・マイクで「DOWN TOWN」を歌ふ。

1975年8月26日

新宿の喫茶店「嵐山」にて取材。

19758月29日

村松、CMレコーディング(世田谷・KRCスタジオ)。

19759月1日

デモ・レコーディング(渋谷・アダンスタジオ)。

19759月3日

コーラス・レコーディング(音響ハウス)。その後、酒造メーカーのCMレコーディング(アバコ・スタジオ)。

1975年9月4日

バンド・リハーサル(渋谷・アダンスタジオ)。

19759月5日

コーラス・レコーディング(モウリスタジオ)。

1975年9月7日

“うたのおーどぶる 第10回ポピュラーソングコンテスト北海道大会”にゲスト出演(札幌厚生年金会館)。

19759月8日

“ラグノオ シュガーレス・ケーキ'75”レコーディング(アオイスタジオ)。

19759月10日

バンド・リハーサル(渋谷・エピキュラススタジオ)。

1975年9月11日

バンド・リハーサル(サイコスタジオ)。その後、女性歌手のコーラス・レコーディング(キング・スタジオ)。

1975年9月12日

めんたんぴんのコンサート“MENTANPIN IN TOKYO”にゲスト出演(中野公会堂)。

1975年9月13日

神奈川大学学園祭(神奈川大学大講堂 共演 : めんたんぴん)。

1975年9月15日

バンド・リハーサル(渋谷・エピキュラススタジオ)。

1975年9月18日

自動車メーカーのCMレコーディング(~19日 音響ハウス)。

1975年9月23日

女性歌手のコーラス・レコーディング(アルファ・スタジオ)。

1975年9月26日

バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。

1975年9月27日

“ニューミュージック・コンサート”(芝・増上寺ホール 共演 : 久保田麻琴と夕焼け楽団、鈴木茂 & ハックルバック)。

1975年9月29日

バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。山下、大滝詠一のゴー・ゴー・ナイアガラ 第16回“NIAGARA SPECIAL 1”に伊藤銀次とゲスト出演。

1975年9月30日

電話リクエストの番組テーマソング, ジングル・レコーディング(音響ハウス)。

1975年10月1日

村松、大滝詠一のバックバンド・リハーサル。

1975年10月2日

バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。その後、村松、大滝詠一のバックバンド・リハーサル。

1975年10月3日

山下と大貫、ハイ・ファイ・セットとともに吉田美奈子のコンサートにコーラスでゲスト出演(中野サンプラザ)。後に『MINAKO II Live at Sun Plaza Hall October 3, 1975』として発売。

村松・寺尾・上原、文化放送“三ツ矢フォーク・メイツ・フェス”公開録音にゲスト出演する大滝のバックで参加(新宿厚生年金会館)。

1975年10月4日

“ニッポン放送ハンドメイド・スペシャル”公開録音(渋谷・エピキュラスホール 共演 : 荒井由実 & コズミックララバイ)。

1975年10月6日

荻窪ロフト。山下、大滝詠一のゴー・ゴー・ナイアガラ 第17回“NIAGARA SPECIAL 2”に伊藤銀次とゲスト出演。THE BEACH BOYS「DARLIN'」のカヴァーをオン・エア。

終了後、新会社を設立し新たにコロムビアと契約する大滝から、その第一弾として1973年からここまでの三人の活動を記録しておきたいという“トライアングル企画”が山下・伊藤の二人に提案される。

1975年10月9日

バンド・リハーサル(~11日 新宿・御苑スタジオ)。

1975年10月12日

“第10回ポピュラー・ソング・コンテスト名古屋大会”にゲスト出演(四日市市内の会場)。コンサート後、山下、四日市のレコード店「ワンワン」でのアマチュア・コンサートにゲスト出演。アマチュア・バンドの演奏をバックに「DOWN TOWN」を歌う。

1975年10月16日

バンド・リハーサル(渋谷ヤマハ)。

1975年10月17日

バンド・リハーサル(渋谷・エピキュラススタジオ)。

1975年10月18日

荻窪ロフト。

1975年10月19日

渋谷ヤマハ店頭。当時大学1年だった竹内まりやが、友人らと黒山の人だかりの中でシュガー・ベイブの演奏を聴く。

1975年10月27日

村松・寺尾・大貫、筒井康隆・山下洋輔『家』レコーディングに参加(六本木・フォノグラムスタジオ)。

1975年10月29日

バンド・リハーサル(~30日 渋谷・エピキュラススタジオ)。

1975年10月31日

石橋楽器“ステッチコンテスト・グランプリ”にゲスト出演(御茶ノ水・日仏会館)。

1975年11月3日

郡山・日大学園祭。

1975年11月7日

山下、『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』レコーディング開始(~11日 福生45スタジオ, 赤坂コロムビアスタジオ)。

1975年11月12日

アバコ・スタジオ。その後、バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。

197511月13日

バンド・リハーサル(~14日 福生45スタジオ)。

197511月15日

“TWILIGHT TIME CONCERT”(青山・VAN99ホール)。

197511月16日

下北沢・マライカ(昼)。その後、“ハックルバックさよならコンサート”にゲスト出演の大滝のバックで参加(新宿厚生年金会館小ホール 出演 : 鈴木茂 & ハックルバック、大滝詠一、トーマス・レディング)。

1975年11月19日

“ナショナルまきまきカール'75”レコーディング(アルファ・スタジオ)。

1975年11月20日

バンド・リハーサル(渋谷・エピキュラススタジオ)。

197511月22日

渋谷・ジァン・ジァン“昼の部”。その後、“大滝詠一 Live In 荻窪ロフト”にバックで参加(ゲスト : 吉田美奈子(Cho)、稲垣次郎(Sax)、臨時参加 : 矢野顕子(P))。

197511月23日

荻窪ロフト(共演 : フライング・グライダース)。

197511月24日

明治大学学園祭。 

1975年11月25日

“資生堂MG5'76”レコーディング(音響ハウス)。

1975年11月28日

バンド・リハーサル(渋谷・エピキュラススタジオ)。

1975年11月29日

駒場・東京大学農学部学園祭(共演 : めんたんぴん、金子マリ、中山ラビ)。

197511月30日

高円寺・次郎吉。 

1975年12月13日

バンド・リハーサル(渋谷・エピキュラススタジオ)。

1975年12月14日

名古屋ヤマハ店頭。

1975年12月15日

大滝のリハーサル(赤坂コロムビアスタジオ)。

1975年12月16日

“SKYHILLS PARTY Vol.3 –細野晴臣・大滝詠一 TROPICAL MOON–”に大滝のバックバンドで出演(横浜市民ホール 出演 : 細野晴臣、大滝詠一、南佳孝)。

1975年12月17日

バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。

1975年12月22日

バンド・リハーサル(新宿・御苑スタジオ)。

1975年12月23日

“シュガー・ベイブ クリスマス・コンサート”(新宿厚生年金会館小ホール ゲスト : センチメンタル・シティ・ロマンス、坂本龍一(Key)、大滝(Vo, 2回目のアンコールのみ)、伊藤(G, 2回目のアンコールのみ)。

1975年12月28日

バンド・リハーサル(アダンスタジオ)。

197512月29日

女性歌手のコーラス・レコーディング(キング・スタジオ)。

197512月31日

“グッバイ・コンサート 第2部 : カモン・ロマンス・ベイビー”(オールナイト)に出演(名古屋雲龍ホール 共演 : センチメンタル・シティ・ロマンス、デキシー・ダウン、尾関ブラザーズ、愛奴)。


1976年1月

新年のミーティングの席上「ユカリ(上原)が辞める。代わりのドラマーがゐない」との理由でバンドの解散が、山下から大貫・村松・寺尾(上原は欠席)に伝へられる(新宿の喫茶店)。

1976年1月6日

女性歌手のコーラス・レコーディング(キング・スタジオ)。

19761月8日

“山下達郎のオールナイトニッポン”スタート(~9月28日)。

1976年1月18日

“下北沢から51年”に出演(玉川区民会館 共演 : センチメンタル・シティ・ロマンス、めんたんぴん、ハート・オブ・サタディ・ナイト(元 神無月)、ストロベリージャム他)。

1976年1月24日

下北沢ロフト。

1976年1月28日

“細野晴臣・大滝詠一 TROPICAL MOON”(仙台電力ホール 出演 : 細野晴臣、大滝詠一)。当初は大滝のバックバンドのみでの参加予定だったが、ゲストの鈴木茂が風邪で欠席のためシュガー・ベイブが急遽出演。

19761月29日

“三ツ矢サイダー'76”レコーディング 1日目(赤坂ミュージック・スタジオ)。

19761月31日

“大滝詠一コンサート”に大滝のバックで参加(~2月1日 各2回公演 神戸サンダー・ハウス)。

19762月14日

下北沢ロフト。

1976年2月16日

山下、大滝詠一のゴー・ゴー・ナイアガラ 第36回“NIAGARA TRIANGLE”に伊藤銀次とゲスト出演。

1976年2月19日

山下達郎のオールナイトニッポン 第7回“ナイアガラ・トライアングル特集”放送(ゲスト : 大滝詠一、伊藤銀次)。

1976年2月24日

“第2回音協スターライズ・コンサート”(都市センターホール 共演 : センチメンタル・シティ・ロマンス)。山下、解散を発表。

19762月27日

“三ツ矢サイダー'76”レコーディング 2日目(赤坂ミュージック・スタジオ)。

19763月4日

山下、吉田美奈子“MINAKO'S WEEK”にゲスト出演(新宿紀伊国屋ホール)。

1976年3月5日

大貫、吉田美奈子“MINAKO'S WEEK”にゲスト出演(新宿紀伊国屋ホール)。山下が大貫のバッキングで参加。

1976年3月7日

吉田美奈子“MINAKO'S WEEK”にゲストの大滝とともに山下が飛び入り出演(新宿紀伊国屋ホール)。ミナコ・バンドは“FLYING KID SCREW”と名付けられる。

1976年3月13日

山下、“ニッポン放送ハンドメイド・スペシャル”に出演(渋谷・エピキュラスホール 出演 : 南佳孝、山下達郎、吉田美奈子、大滝詠一)。

1976年3月20日

山下、文化放送“三ツ矢フォーク・メイツ・フェス”公開録音にゲスト出演する吉田美奈子のバッキングで参加(新宿厚生年金会館)。

1976年3月25

アルバム『NIAGARA TRIANGLE Vol.1』(山下・伊藤銀次・大滝詠一)発売。 同日、吉田美奈子、アルバム『FLAPPER』発売。「永遠に」「ラスト・ステップ」収録。

1976年3月29日

山下、“ナイアガラ・トライアングル コンサート”に出演(芝・ABC会館ホール 出演 : 伊藤銀次, 山下達郎, 大滝詠一)。

1976年3月31日

“シュガーベイブ 解散コンサート”(荻窪ロフト)。当初は1日だけの予定だったが、入りきれなかつた約100人のファンが居残り、店のスタッフと交渉。最終的にはマネージャー柏原のOKを受けて、翌日の追加公演が決定する。



1976年4月1日

“シュガーベイブ 解散コンサート(追加公演)”(荻窪ロフト)。同日、ナイアガラ・トライアングル、シングル「幸せにさよなら/ドリーミング・デイ」発売。

1976年4月4日

山下、大滝の“ナイアガラ・トライアングルDJパーティー”に伊藤と共にゲスト出演(日仏会館)。

1976年4月13日

山下達郎のオールナイトニッポン 第15回“シュガー・ベイブ特集 1”放送。

1976年4月20日

山下達郎のオールナイトニッポン 第16回“シュガー・ベイブ特集 2”放送(ゲスト : 大貫妙子、寺尾次郎、上原裕)。

1976年4月27日

山下達郎のオールナイトニッポン 第17回“シュガー・ベイブ特集 3”放送(ゲスト : 大貫妙子)。

1976年6月12日

大貫、アルバム『Grey Skies』レコーディング開始(~8月)。

1976年7月30日

山下、ソロ・コンサート(~31日 下北沢ロフト)。

1976年8月16日

山下、アルバム『CIRCUS TOWN』レコーディングの為渡米(~9月5日 8月17-26日:ニューヨーク、8月30日-9月3日:ロスアンジェルス)。

19768月28日

大貫、“デビュー・ライブ”(~29日 下北沢ロフト)。

1976年9月25日

大貫、ファースト・アルバム『Grey Skies』発売。「時の始まり」「約束」「愛は幻」収録。

1976年10月25日

山下、ファースト・アルバム『CIRCUS TOWN』発売。「WINDY LADY」「LAST STEP」収録。


1977年5月25日

伊藤、ファースト・アルバム『DEADLY DRIVE』発売。「こぬか雨」収録。

1983年 9月25日

村松、ファースト・アルバム『GREEN WATER』発売。「うたたね」収録。





by ichiro_ishikawa | 2018-11-30 20:57 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< 名曲「ルージュの伝言」荒井由実 連載 日本のロック史 60〜7... >>