長渕剛と矢島賢

1986〜92年ごろの長渕は本当に途轍もなかつた。
30〜36歳。『STAY DREAM』から『JAPAN』と言つてもいい。音楽的にも、そして人気的にも、最高潮で、他を寄せ付けない、圧倒的な凄みがあつた。これはもう圧倒的だ。

なんてことをまたしても、いまさら、書く気になつたのは、ギターマガジンでの矢島賢の発言を読んでだ。

彼(長渕剛)は一緒にやっていて、面白かったです。こっちが全開でギターを弾いても負けないというか。全開で弾いちゃうと歌が負けちゃう人がいるんですけど。音量的ではなくエネルギー的にね。彼はキーがいいんですよ。DとかGとかギターに最適な声のレンジで、ギターを弾くには最適なアーティストですよ。

言つてることはそこまで大したことでもないが、発言者が矢島賢といふところが大事だ。矢島をしてさう言はしめてゐるところだ。

全盛期の長渕は、この矢島賢、笛吹利明、そして浜田良美といふギタリスト、コーラスが居て、成り立つてゐたと言つても過言ではない。あと瀬尾一三。

長渕剛「激愛」



長渕以前の矢島賢WORKS

山口百恵「ロックンロール・ウィドウ」

山口百恵「プレイバック Part 2」 

松田聖子「青い珊瑚礁」

中森明菜「少女A」

岩崎良美「タッチ」



by ichiro_ishikawa | 2019-03-06 20:34 | 音楽 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< Charと野口五郎の対談がおもしろい キース・フリント逝去 >>