考察 なぜ人はある一つのことを終へられないのか

やることが常に2億個あるが、
ここはひとつ、
「ある一つのこと」がなぜ終はらないか、
実際の現場に即して具体的に見てみることで、
問題点を可視化し、打破せむ。


起床。
身支度、掃除、朝食など。
メールチェック。150件アリ。返信は保留。その戦場に実際出向かないとモードが切り替はらないから。
戦場へ。移動中はApple Musicでインスト流しながら趣味の読書。たまにネットニュースもチラチラ。

戦場にて。「ある一つのこと」をやろうと思ふ。
しかしその前に一服。その後トイレ。
さらにもう一服。戦場に戻り、とりあへず「ある一つのこと」とは別の比較的軽いものを処理。

一服。昼食、その後コーヒー。トイレ。一服。

戦場に戻り、「ある一つのこと」をやらねばと思いつつ、そのモードへと慣らすため、別のことを処理。
一服。会議。一服。
戦場に戻り、これは今からやつても終はらないと踏む。明日のスケジュールに組み込むためリスケ。
一服。とりあへず残り時間で別のことを処理。

帰宅。移動中はYouTube。もしくはApple Musicでインスト流しながら趣味の読書。
夕食、風呂、あー明日学校行きたくねえと思ひつつ、Apple Musicをかけながら、睡眠。

といふ具合だ。以後繰り返し。
かういふわけで、「ある一つのこと」は永遠に終はらない。終はつてないことで常に「やばいこんなことしてる場合じやねえ」と不安に苛まれ、基本的に毎日憂鬱。

生まれてこのかた50年間、ずつとこんな感じだ。





by ichiro_ishikawa | 2019-07-23 09:27 | 日々の泡 | Comments(0)  

名前
URL
画像認証
削除用パスワード

<< ユーミン ベストオブベスト2019 貴重PV 山下久美子 Single >>