2018年 02月 27日 ( 2 )

 

ジャニーズの客と俺


前にも書いたが、職場がビッグエッグこと東京ドームに近いため、退勤時の電車でジャニーズ帰りとバッティングすることがままある。

中に、見たこともない人間がよくゐるのである。
いやいつも見たことない人間ばかりである。しかし、いつもの彼らを見てもさうは思はない。
いつもの彼らにはどこか共通点があるのだらう。
だがジャニーズの時は、いつもの彼奴等との共通点が見出せない、明らかに初見の輩が居るのである。
これは野球もさうである。

やはりこれだけ数万単位、全国で何百万といふファンのゐる催しには、かうした見たことのない人間が混じるのだな、混じつてゐても不思議はない、いかにてめえがふだん限定された世界で生きてゐるか、といふことを実感するのであつた。




by ichiro_ishikawa | 2018-02-27 22:30 | 日々の泡 | Comments(0)  

太陽と月と俺


我々が居るこの地球は自らぐるぐる回り(自転。一日一回転)、かつ不動の太陽の回りをぐるぐる回つてもゐる(公転。一年で一周)。
これは分かる。

また少し傾いてゐるから、公転の際、太陽に対して仰け反つた状態の時は太陽から遠のくから冬で、前傾になると近づくので夏となる。
これも分かる。

わからないのが、月の満ち欠けである。
そこに見えてる月は三日月だつたり半月だつたり満月だつたり様々で、それはいま月を見ている己が位置と、月への太陽の当たり加減で変化するのだらうといふのは、頭ではわかる。

しかし、いま太陽がどこにあり、それが照らしているところのその月がどう動いていくか、同時にこの地球も動いてゐるが、どのように回転していくのか、どう月への光の当たり加減が変はつていくのか、などなど、咄嗟には分からない。それが俺をイラつかせる。俺は一挙に全てを把握したいのである。

といふのは30年来の悩みで、いよいよかういふのを買つて、常備してゐようと思ふ。
月を見て、「いまかうだ」といふセッティングを都度して確認していく。


c0005419_22164989.gif






by ichiro_ishikawa | 2018-02-27 17:46 | 日々の泡 | Comments(0)