2019年 05月 16日 ( 1 )

 

服は変はる


ペン、手帖、タバコ、ライター、腕時計、ケータイ、の6つが常備グッズで、それぞれ鞄の中に所定の位置を持つてゐる(腕時計は腕に巻く)。

しかし、それらは使用頻度が高く、頻繁に出し入れするため、暫定的に上着の胸ポケやサイドポケ、ズボンのケツポケに収めることが、ままある。そして、そのまま帰宅してしまふことも、やはりままある。
すると、あくる日、鞄の所定の位置にあるべきものがない、といふ事態が発生することになる。服も着替へてゐるため、その時に着てゐる服の中にも当然ない。
「あ、暫定的にあつちの服に入れたのだつた」。

かうした悲劇を回避するため、
「服は変はる」
といふ文言を毎朝唱へてゐる。
この毎朝の緊張感たるや凄まじいものがあり、
これだけでひと仕事分エネルギーを消耗するので、
家を出たときにはすでに、ややクタクタである。
働き方改革の必要を感じる。


by ichiro_ishikawa | 2019-05-16 12:49 | 日々の泡 | Comments(0)