カテゴリ:音楽( 674 )

 

貴重データ 1986ポップ時系列

1986年

1月

吉川晃司「キャンドルの瞳」動画

1月1日、作詞:安藤秀樹/作曲:原田真二

c0005419_00174335.jpg

新田恵利「冬のオペラグラス」動画

1月1日、作詞:秋元康/作曲・編曲:佐藤準

c0005419_23284838.jpg

とんねるず「歌謡曲」動画

1月21日、作詞:秋元康/作曲:見岳章/編曲:水谷公生

c0005419_23295087.jpg

うしろゆびさされ組「バナナの涙」
1月21日、作詞:秋元康/作曲:後藤次利
c0005419_02004724.jpg

渡辺美里「My Revolution」

1月22日、作詞:川村真澄/作曲:小室哲哉

c0005419_23302584.jpg

2月

BOØWY「わがままジュリエット」動画

2月1日、作詞・作曲:氷室京介/編曲:布袋寅泰

c0005419_23305489.jpg

国生さゆり「バレンタイン・キッス」動画

2月1日、作詞:秋元康/作曲:瀬井広明/編曲:佐藤準

c0005419_23333769.jpg

中森明菜「DESIRE -情熱-」動画

2月3日、作詞:阿木燿子/作曲:鈴木キサブロー/編曲:椎名和夫

c0005419_23342294.jpg

中山美穂「色・ホワイトブレンド」動画

2月5日、作詞・作曲:竹内まりや

c0005419_23323508.jpg

本田美奈子「1986年のマリリン」動画

2月5日、作詞:秋元康/作曲:筒美京平/編曲:新川博

c0005419_23330258.jpg

Prince「Kiss」動画

2月5日、作詞:作曲:Prince

c0005419_23332678.jpg

おニャン子クラブ「じゃあね」

2月21日、作詞:秋元康/作曲:高橋研/編曲:佐藤準

c0005419_23335187.jpg

チェッカーズ「OH!! POPSTAR」

2月21日、作詞:売野雅勇/作曲: 芹澤廣明

c0005419_23341739.jpg

テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」

2月21日、作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし

c0005419_23353542.jpg

鈴木雅之「ガラス越しに消えた夏」動画

2月26日、作詞:松本一起/作曲:大沢誉志幸/編曲:ホッピー神山

c0005419_23355928.jpg

Elvis Costello & The Attractions「Don't Let Me Be Misunderstood」動画

2月、作詞・作曲:ベニー・ベンジャミン、グロリア・コールドウェル、ソル・マーカス
c0005419_23364376.jpg


3月

ラフ&レディ「背番号のないエース」

3月21日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_23380532.jpg

吉川晃司「MODERN TIME」動画

3月21日、作詞・作曲:吉川晃司 

c0005419_23391202.jpg

斉藤由貴「悲しみよこんにちは」

3月21日、作詞:森雪之丞/作曲:玉置浩二/編曲:武部聡志

c0005419_23393868.jpg

少年隊「デカメロン伝説」

3月24日、作詞:秋元康/作曲:筒美京平/編曲:新川博

c0005419_23400239.jpg

荻野目洋子「フラミンゴinパラダイス」動画

3月26日、作詞:売野雅勇/作曲:NOBODY/編曲:船山基紀

c0005419_23402392.jpg


4月

KUWATA BAND「BAN BAN BAN」

4月5日、作詞・作曲:桑田佳祐

c0005419_23404650.jpg

C-C-B「元気なブロークン・ハート」

4月9日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大谷和夫、C-C-B

c0005419_23435882.jpg

新田恵利「恋のロープをほどかないで」動画

4月10日、作詞:秋元康/作曲・編曲:後藤次利

c0005419_23422073.jpg

TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」動画

4月21日、作詞:亜蘭知子/作曲・編曲:織田哲郎

c0005419_23424301.jpg

おニャン子クラブ「おっとCHIKAN!」

4月21日、作詞:秋元康/作曲:長沢ヒロ/編曲:山川恵津子

c0005419_23430572.jpg

小泉今日子「100%男女交際」動画

4月30日、作詞:麻生圭子/作曲:馬飼野康二/編曲:山川恵津子

c0005419_23454511.jpg


5月

1986オメガトライブ「君は1000%」動画

5月1日、作詞:有川正沙子/作曲:和泉常寛/編曲:新川博

c0005419_23435461.jpg

うしろゆびさされ組「象さんのすきゃんてぃ」 

5月2日、作詞:秋元康/作曲・編曲:後藤次利

c0005419_02033056.jpg

レベッカ「RASPBERRY DREAM」動画

5月2日、作詞:NOKKO/作曲:土橋安騎夫

c0005419_23451991.jpg

国生さゆり「夏を待てない」

5月10日、作詞: 秋元康/作曲:後藤次利

c0005419_23455564.jpg

中山美穂「クローズ・アップ」動画

5月16日、作詞:松本隆/作曲:財津和夫/編曲:大村雅朗

c0005419_23491684.jpg

The Smiths「Bigmouth Strikes Again」動画

5月22日、作詞・作曲:モリッシー、ジョニー・マー

c0005419_23473474.jpg

中森明菜「ジプシー・クイーン」動画
5月26日、作詞:松本一起/作曲:国安わたる/編曲:小林信吾
c0005419_01542790.jpg

杉山清貴「さよならのオーシャン」動画

5月28日、作詞:大津あきら/作曲:杉山清貴/編曲:佐藤準

c0005419_23480055.jpg

とんねるず「やぶさかでない」動画

5月28日、作詞:秋元康/作曲・編曲:見岳章

c0005419_23485607.jpg


6月

チェッカーズ「Song for U.S.A.」

6月5日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_23500812.jpg

荻野目洋子「Dance Beatは夜明けまで」動画

6月10日、作詞:森浩美/作曲:NOBODY/編曲:西平彰

c0005419_23503279.jpg

Madonna「Papa Don't Preach」動画

6月11日、作詞・作曲:Brian Elliot, Madonna

c0005419_23510403.jpg

吉川晃司「NERVOUS VENUS」動画

6月21日、作詞・作曲:吉川晃司

c0005419_23541317.jpg


7月

長渕剛「SUPER STAR」動画

7月2日、作詞・作曲:長渕剛

c0005419_23533190.jpg

KUWATA BAND「スキップ・ビート」

7月5日、作詞・作曲:桑田佳祐

c0005419_23540201.jpg

KUWATA BAND「MERRY X'MAS IN SUMMER」

7月5日、作詞:桑田佳祐/作曲・編曲:KUWATA BAND

c0005419_23564537.jpg

小泉今日子「夜明けのMEW」動画

7月10日、作詞:秋元康/作曲:筒美京平/編曲:武部聡志

c0005419_23571761.jpg

中山美穂「JINGI・愛してもらいます」動画

7月15日、作詞:松本隆/作曲:小室哲哉/編曲:大村雅朗

c0005419_23574914.jpg

山下久美子「GIRL-FRIEND」動画

7月21日、作詞:竹花いち子、永瀧達治/作曲:村松邦男

c0005419_23555932.jpg

山下久美子「BOY-FRIEND」動画

7月21日、作詞:竹花いち子、須江直子/作曲:村松邦男

c0005419_23562461.jpg

石川さゆり「天城越え」

7月21日、作詞:吉岡治/作曲:弦哲也/編曲:桜庭伸幸

c0005419_23571459.jpg

おニャン子クラブ「お先に失礼」

7月21日、作詞:秋元康/作曲・編曲:後藤次利

c0005419_23575100.jpg

The Smiths「Panic」動画

7月21日、作詞・作曲:モリッシー、ジョニー・マー

c0005419_00003662.jpg


8月

新田恵利「不思議な手品のように」動画

8月1日、作詞:秋元康/作曲・編曲:後藤次利

c0005419_23584896.jpg

とんねるず「寝た子も起きる子守唄」動画

8月5日、作詞:きたやまおさむ/作曲:林哲司/編曲:中村哲

c0005419_23592234.jpg

池田聡「モノクローム・ヴィーナス」

8月5日、作詞:松本一起/作曲:佐藤健/編曲:清水信之

c0005419_23595483.jpg

石井明美「CHA-CHA-CHA」動画

8月14日、作詞:G.BOIDO/日本語訳詞:今野雄二/作曲:B.REITANO, B.ROSELLINI, F.BALDONI, F.REITANO/編曲:戸塚修

c0005419_00003429.jpg

中山美穂「ツイてるねノッてるね」動画

8月21日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗、船山基紀

c0005419_00011081.jpg

斉藤由貴「青空のかけら」

8月21日、作詞:松本隆/作曲:亀井登志夫/編曲:武部聡志

c0005419_00015358.jpg


うしろゆびさされ組「渚の『・・・・・』」 

8月27日、作詞:秋元康/作曲・編曲:後藤次利

c0005419_02073903.jpg

R.E.M. 「Fall on Me」動画

8月、作詞・作曲:Bill Berry,Peter Buck, Mike Mills, Michael Stipe

c0005419_00022364.jpg


9月

Madonna「True Blue」動画

9月17日、作詞・作曲:Madonna Stephen Bray

c0005419_00032985.jpg

中森明菜「Fin」動画
9月25日、作詞:松本一起/作曲:佐藤健/編曲:佐藤準
c0005419_01595381.jpg

BOØWY「B・BLUE」動画

9月29日、作詞:氷室京介/作曲:布袋寅泰

c0005419_00041364.jpg

吉川晃司「すべてはこの夜に」動画

9月30日、作詞・作曲:佐野元春

c0005419_00044782.jpg

Elvis Costello & The Attractions「Tokyo Storm Warning」動画

9月、作詞・作曲:Elvis Costello & Cait O'Riordan

c0005419_00052705.jpg

Elvis Costello & The Attractions「I Want You」動画

9月、作詞・作曲:Elvis Costello
c0005419_00055831.jpg


10月

山下久美子「SINGLE」動画

10月1日、作詞:竹花いち子/作曲:布袋寅泰

c0005419_00064729.jpg

チェッカーズ「NANA」

10月15日、作詞:藤井郁弥/作曲:藤井尚之/編曲:チェッカーズ、八木橋カンペー

c0005419_00093568.jpg

The Smiths「Ask」動画

10月20日、作詞・作曲:モリッシー、ジョニー・マー

c0005419_00080788.jpg

Duran Duran「Notorious」動画

10月20日、作詞・作曲:Simon Le Bon, John Taylor, Nick Rhodes/プロデュース:Duran Duran, Nile Rodgers

c0005419_02205382.jpg

とんねるず「人情岬」動画

10月21日、作詞:秋元康/作曲:後藤次利/編曲:高田弘

c0005419_00083416.jpg

荻野目洋子「六本木純情派」動画

10月29日、作詞:売野雅勇/作曲:吉実明宏/編曲:新川博

c0005419_00090470.jpg


11月

KUWATA BAND「ONE DAY」

11月5日、作詞・作曲:桑田佳祐

c0005419_00093932.jpg

杉山清貴「最後のHoly Night」動画

11月6日、作詞:売野雅勇/作曲:杉山清貴/編曲:笹路正徳

c0005419_00100998.jpg

小泉今日子「木枯しに抱かれて」動画

11月19日、作詞・作曲:高見沢俊彦/編曲:井上鑑

c0005419_00105861.jpg

Madonna「Open Your Heart」動画

11月19日、作詞・作曲:Madonna, Gardner Cole, Peter Rafelson

c0005419_00112843.jpg

中山美穂「WAKU WAKUさせて」動画

11月21日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀

c0005419_00115696.jpg

薬師丸ひろ子「紳士同盟」動画

11月24日、作詞:阿木燿子/作曲:宇崎竜童

c0005419_00122433.jpg

12月
久保田利伸「TIMEシャワーに射たれて…」動画
12月21日、作詞:川村真澄/作曲:久保田利伸/編曲:杉山卓夫
c0005419_02094302.jpg

1986ポップ時系列 YouTubeノンストップ

by ichiro_ishikawa | 2019-10-05 16:23 | 音楽 | Comments(0)  

貴重データ 1985ポップ時系列

1985年

1月


吉川晃司「YouGotta Chance 〜ダンスで夏を抱きしめて〜」動画

1月11日、作詞:麻生圭子/作曲:NOBODY

c0005419_20151561.jpg

C-C-B「Romanticが止まらない」動画

1月25日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平

c0005419_20154903.jpg

安全地帯「熱視線」

1月25日作詞:松井五郎/作曲:玉置浩二/編曲:安全地帯・星勝

c0005419_20172726.jpg

The Smiths「How Soon Is Now?」動画

1月28日、作詞・作曲:Johnny Marr, Morrissey/プロデュース:John Porter

c0005419_17113150.jpg

松田聖子「天使のウィンク」動画

1月30日、作詞・作曲:尾崎亜美

c0005419_20201562.jpg

2月

斉藤由貴「卒業」 動画

2月21日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/プロデュース:長岡和弘

c0005419_20185654.jpg

菊池桃子「卒業-GRADUATION-」動画

2月27日、作詞:秋元康/作曲・プロデュース:林哲司

c0005419_20193498.jpg

3月

マドンナ「クレイジー・フォー・ユー」動画

3月2日、作詞・作曲:ジョン・ベティス、ジョン・リンド/プロデュース:ジョン・ベニテス

c0005419_20232216.jpg

杉山清貴&オメガトライブ「ふたりの夏物語 NEVER ENDING SUMMER」動画

3月6日、作詞:康珍化/作曲・編曲:林哲司

c0005419_20215343.jpg

中森明菜「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」動画

3月8日、作詞:康珍化/作曲:松岡直也

c0005419_20245798.jpg

Frankie Goes to Hollywood「Welcome to the Pleasuredome」動画

3月18日、作詞・作曲: Peter Gill, Holly Johnson, Mark O'Toole, Brian Nash/プロデュース:Trevor Horn

c0005419_02352858.jpg

The Smiths「Shakespeare's Sister」動画

3月18日、作詞・作曲:Johnny Marr, Morrissey

c0005419_17150918.jpg

チェッカーズ「あの娘とスキャンダル」動画

3月21日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_20261614.jpg

岩崎良美「タッチ」動画

3月21日、作詞:康珍化/作曲 :芹澤廣明

c0005419_20264389.jpg

サミュエル・ホイ&山田邦子「Top Secret」動画

3月23日(映画『皇帝密使(最佳拍檔女皇密令)』主題歌)、作詞:麻生圭子/作曲・編曲:佐久間正英

c0005419_20255671.jpg

USAフォー・アフリカ「ウィ・アー・ザ・ワールド」動画

3月28日、作詞・作曲:マイケル・ジャクソン、ライオネル・リッチー/プロデュース:クインシー・ジョーンズ.マイケル・オマーティアン

c0005419_20262205.jpg

長渕剛「久しぶりに俺は泣いたんだ」動画

3月30日、作詞:秋元康/作曲:長渕剛

c0005419_20290842.jpg

4月

小泉今日子「常夏娘」動画

4月10日、作詞:緑一二三/作曲:幸耕平

c0005419_20272650.jpg

とんねるず「青年の主張」動画

4月21日、作詞・作曲:秋元康

c0005419_20281161.jpg

レベッカ「ラブ イズ Cash」動画

4月21日、作詞:NOKKO・沢ちひろ/作曲:土橋安騎夫

c0005419_20310276.jpg

U2「The Unforgettable Fire(焔)」動画

4月22日、作詞:Bono/作曲:U2/プロデュース:Brian Eno, Daniel Lanois

c0005419_20292740.jpg

吉川晃司「にくまれそうなNEWフェイス」動画

4月23日、作詞:安藤秀樹/作曲:NOBODY

c0005419_20320920.jpg

C-C-B「スクール・ガール」動画

4月25日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀

c0005419_20305072.jpg

The Smiths「Barbarism Begins at Home」動画

4月、作詞・作曲:Johnny Marr, Morrissey

c0005419_17141362.jpg


5月

Duran Duran「A View to a Kill」動画

5月6日、 作詞・作曲:Duran Duran, John Barry/プロデュース:Bernard Edwards, Jason Corsaro, Duran Duran

c0005419_02264251.jpg

松田聖子「ボーイの季節」動画

5月9日、作詞・作曲:尾崎亜美

c0005419_20312549.jpg

サザンオールスターズ「Bye Bye My Love (U are the one)」

5月29日、作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ & リアル・フィッシュ

c0005419_20340735.jpg

6月

BOØWY「ホンキー・トンキー・クレイジー」動画

6月1日、作詞・作曲:BOØWY/編曲:布袋寅泰、佐久間正英

c0005419_20322842.jpg

Squeeze「Last Time Forever」動画

6月、作詞・作曲:Glenn Tilbrook and Chris Difford/プロデュース:Laurie Latham

c0005419_20330419.jpg

中森明菜「SAND BEIGE -砂漠へ-」動画

6月19日、作詞:許瑛子/作曲:都志見隆

c0005419_20335995.jpg

中山美穂「C」動画

6月21日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平

c0005419_20342566.jpg

安全地帯「悲しみにさよなら」 動画

6月25日、作詞:松井五郎/作曲:玉置浩二

c0005419_20345817.jpg

7月

稲垣潤一「バチェラー・ガール」動画

7月1日、作詞:松本隆/作曲:大瀧詠一

c0005419_20352657.jpg

The Smiths「That Joke Isn't Funny Anymore」動画

7月1日、作詞・作曲:Johnny Marr, Morrissey

c0005419_17131765.jpg

薬師丸ひろ子「あなたを・もっと・知りたくて」

7月3日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平

c0005419_20360200.jpg

おニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」動画

7月5日、作詞:秋元康/作曲・編曲:佐藤準

c0005419_20364924.jpg

Sting「If You Love Somebody Set Them Free」動画

7月9日、作詞・作曲:Sting

c0005419_02374425.jpg

長渕剛「勇次」動画

7月22日、作詞・作曲:長渕剛

c0005419_20374284.jpg

小泉今日子「魔女」 動画

7月25日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平

c0005419_20404569.jpg

8月

松任谷由実「メトロポリスの片隅で」 

1985年8月1日、作詞・作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆

c0005419_20391276.jpg

時代錯誤「幸運序曲〜大福星のテーマ〜」動画

8月10日(映画『香港発活劇エクスプレス 大福星(福星高照)』主題歌)、作詞:PANTA/作曲:鈴木慶一

c0005419_20401321.jpg

C-C-B「Lucky Chanceをもう一度」

8月21日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀

c0005419_20413183.jpg

サザンオールスターズ「メロディ (Melody)」 

8月21日、作詞・作曲:桑田佳祐/編曲:サザンオールスターズ)

c0005419_20423277.jpg

BOØWY「BAD FEELIN'」動画

8月22日、作詞:氷室京介、高橋信/作曲:布袋寅泰

c0005419_20431182.jpg

HOUND DOG「ff (フォルティシモ)」

8月25日、作詞:松尾由紀夫/作曲:蓑輪単志

c0005419_20440040.jpg

9月

とんねるず「雨の西麻布」 動画

9月5日、作詞:秋元康/作曲:見岳章

c0005419_20464737.jpg

スティーヴィー・ワンダー「パートタイム・ラヴァー」動画

9月13日、作詞・作曲:スティーヴィー・ワンダー

c0005419_20450577.jpg

ジャッキー・チェン「Tokyo Saturday Night」動画

9月14日(映画『ファースト・ミッション(龍的心)』主題歌)、作詞・作曲:美樹克彦

c0005419_20475194.jpg

The Smiths「The Boy with the Thorn in His Side」動画

9月16日、作詞・作曲:Johnny Marr, Morrissey

c0005419_17144131.jpg

吉川晃司「RAIN-DANCEがきこえる 」 動画

9月25日、作詞:安藤秀樹/作曲:佐藤健

c0005419_20455943.jpg

Squeeze「No Place Like Home」動画

9月、作詞・作曲:Glenn Tilbrook and Chris Difford/プロデュース:Laurie Latham

c0005419_20462455.jpg

10月

中山美穂「生意気」動画

10月1日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平

c0005419_20493651.jpg

安全地帯「碧い瞳のエリス」

10月1日 、作詞:松井五郎/作曲:玉置浩二

c0005419_20475110.jpg

中森明菜「SOLITUDE」動画

10月9日、作詞:湯川れい子/作曲:タケカワユキヒデ

c0005419_20481998.jpg

おニャン子クラブ「およしになってねTEACHER」動画

10月21日、作詞:秋元康/作曲・編曲:佐藤準

c0005419_20484475.jpg

レベッカ「フレンズ」動画

10月21日、作詞:NOKKO/作曲:土橋安騎夫

c0005419_20520384.jpg

11月

小泉今日子「なんてったってアイドル」動画

11月21日、作詞:秋元康/作曲:筒美京平

c0005419_20501215.jpg

荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」動画

11月21日訳詞:篠原仁志/作曲:A.Kate - T.Baker/編曲:馬飼野康二

c0005419_20525723.jpg

C-C-B「空想Kiss

11月27日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大谷和夫、C-C-B

c0005419_20545552.jpg

12月

中山美穂「BE-BOP-HIGHSCHOOL」動画

12月5日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平

c0005419_20531683.jpg

ヒューイ・ルイス&ザ・ニュース「パワー・オブ・ラヴ」 動画
12月7日、作詞・作曲:ヒューイ・ルイス、クリス・ヘイズ、ジョニー・コーラ
c0005419_02164194.jpg


Squeeze「By Your Side」動画

12月?、作詞・作曲:Glenn Tilbrook and Chris Difford/プロデュース:Laurie Latham

c0005419_20540538.jpg

1985ポップ時系列YouTubeミックス


by ichiro_ishikawa | 2019-10-05 16:18 | 音楽 | Comments(0)  

貴重データ 1984ポップ時系列

1984年のヒットソングみたいなデータはあるが、時系列でのリストといふのは、どう探してもなかつたので、てめえで拵へた。そこそこ手間がかかつた貴重なリストをオープン。


1984年

1月

中森明菜「北ウイング」 動画

1984年1月1日、作詞:康珍化/作曲:林哲司

c0005419_12385814.jpg

チェッカーズ「涙のリクエスト」

1984年1月21日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_01274728.jpg


テレサ・テン「つぐない」

1984年1月21日、作詞:荒木とよひさ/作曲:三木たかし

c0005419_12411398.jpg

安田成美「風の谷のナウシカ」 

1984年1月25日、作詞:松本隆/作曲:細野晴臣

c0005419_12440124.jpg


The Smiths「What Difference Does It Make」動画

1984年1月28日、作詞・作曲:モリッシー、ジョニー・マー

c0005419_12425920.jpg


2月

吉川晃司「モニカ」動画

198421日、作詞=三浦徳子/作曲=NOBODY

c0005419_01535591.jpg

松田聖子「Rock'n Rouge」動画

1984年2月1日、作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:松任谷正隆

c0005419_01545377.jpg

松任谷由実「VOYAGER〜日付のない墓標〜」

1984年2月1日、作詞・作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆

c0005419_01552629.jpg

ジャッキー・チェン「東方的威風」動画

1984年2月25日(映画『プロジェクトA』)

c0005419_11454001.jpg


3月

スタイル・カウンシル

「マイ・エヴァ・チェンジング・ムーズ」動画

1984年3月16日(『カフェ・ブリュ』)、作詞・作曲:ポール・ウェラー

c0005419_01561776.jpg

長渕剛「孤独なハート」 動画

1984年3月21日、作詞:秋元康/作曲:長渕剛/編曲:瀬尾一三

c0005419_16334536.jpg

小泉今日子「渚のはいから人魚」動画

1984321日、作詞=康珍化/作曲=馬飼野康二

c0005419_01591400.jpg

早見優「誘惑光線・クラッ! 」動画

3月31日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗

c0005419_02002661.jpg


4月

中原めいこ

「君たちキウイ・パパイア・ マンゴーだね。」  

4月5日、作詞:中原めいこ、森雪之丞/作曲:中原めいこ/プロデュース:新川博

c0005419_01591351.jpg

R.E.M.「So. Central Rain」動画

4月9日(『Reckoning』)

作詞・作曲:Mike Mills, Bill Berry, Peter Buck, Michael Stipe

c0005419_01594192.jpg


中森明菜「サザン・ウインド」動画

4月11日、作詞:来生えつこ/作曲:玉置浩二

c0005419_12373919.jpg


石川優子とチャゲ「ふたりの愛ランド」

1984421

作詞=チャゲ、松井五郎/作曲=チャゲ

c0005419_02002935.jpg

小林麻美 with C-POINT「雨音はショパンの調べ」 

1984年4月21日 動画

作詞・作曲 Gazebo, P.Giombini/日本語詞:松任谷由実

c0005419_11293743.jpg


オフコース「君が、嘘を、ついた」

1984421日、作詞・作曲 : 小田和正、編曲 : オフコース

c0005419_02130041.jpg

原田知世「愛情物語」

1984年4月25日、作詞:康珍化/作曲 :林哲司

c0005419_02113694.jpg


5月

チェッカーズ「哀しくてジェラシー」

1984年5月1日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_02123420.jpg

松田聖子「時間の国のアリス」動画

1984年5月10日、作詞:松本隆/作曲:呉田軽穂/編曲:大村雅朗

c0005419_02154375.jpg

薬師丸ひろ子「メイン・テーマ」動画

1984年5月16日、作詞:松本隆/作曲:南佳孝/編曲:大村雅朗

c0005419_02135879.jpg

プリンス「When Doves Cry」(ビートに抱かれて)

1984年5月16日、作詞・作曲:プリンス 動画

c0005419_02055859.jpg

高橋真梨子「桃色吐息」
1984年5月21日、作詞:康珍化/作曲:佐藤隆
c0005419_02071170.jpg


6月

The Smiths「Heaven Knows I'm Miserable  Now」動画

1984年6月2日、作詞・作曲:モリッシー、ジョニー・マー

c0005419_02021329.jpg


Frankie Goes to Hollywood「Two Tribes」動画

1984年6月4日、作詞・作曲: Peter Gill, Holly Johnson, Mark O'Toole/プロデュース:Producer(s) Trevor Horn

c0005419_11241628.jpg

近藤真彦「ケジメなさい」

198466日、作詞=売野雅勇/作曲=馬飼野康二

c0005419_02030886.jpg

エルヴィス・コステロ&ジ・アトラクションズ

「The Only Flame in Town」動画

1984年6月18日、作詞・作曲:エルヴィス・コステロ/プロデュース:Clive Langer & Alan Winstanley

c0005419_02033915.jpg

吉川晃司「さよならは八月のララバイ」動画

1984年6月21日、作詞:売野雅勇/作曲:NOBODY/編曲:大村雅朗

c0005419_02064097.jpg

小泉今日子「迷宮のアンドローラ」動画

1984年6月21日、作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:船山基紀

c0005419_02014614.jpg

サザンオールスターズ「ミス・ブランニュー・デイ」

1984625日、作詞・作曲=桑田佳祐

c0005419_02010218.jpg

一世風靡セピア「前略、道の上より」

1984年6月25日、作詞:セピア/作曲:GOTO 

c0005419_01513856.jpg


7月

ジャッキー・チェン「ハートはYES/MOVIE STAR」動画

1984年7月10日、作詞:芹沢類/作曲:玉置浩二

作詞・作曲:Paul de Senneville / Olivier Toussaint

c0005419_11492517.jpg

ケニー・ロギンス「フットルース」動画

1984年7月14日、作詞・作曲:ケニー・ロギンス

c0005419_01530403.jpg

中森明菜「十戒1984)動画

1984725日、作詞=売野雅勇/作曲=高中正義

c0005419_01531507.jpg


8月

舘ひろし「泣かないで」動画

1984年8月1日、作詞=今野雄二/作曲=たちひろし

c0005419_01433297.jpg

松田聖子「ピンクのモーツァルト」動画

1984年8月1日、作詞:松本隆/作曲:細野晴臣/編曲:細野晴臣・松任谷正隆

c0005419_01441533.jpg


陣内孝則「SUPER SUPERSTAR」動画

1984年7月5日(映画『五福星(奇諜妙計五福星)』主題歌)、作詞:Linda Hennrick/作曲・編曲:佐久間正英

c0005419_16410301.jpg


チェッカーズ「星屑のステージ」

1984年8月23日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_01444544.jpg

スティーヴィー・ワンダー「心の愛」  動画
8月28日、作詞・作曲:スティーヴィー・ワンダー
c0005419_18321928.jpg



9月

The Smiths「William It Was Really Nothing」動画

1984年9月1日、作詞・作曲:モリッシー、ジョニー・マー

c0005419_01494638.jpg

U2「Pride (In the Name of Love)」動画

1984年9月3日、作詞:ボノ/作曲:U2/プロデュース:ブライアン・イーノ、ダニエル・ラノワ

c0005419_01491455.jpg

吉川晃司「ラ・ヴィアンローズ」動画

1984910日、作詞=売野雅勇/作曲=大沢誉志幸/プロデュース=木崎賢治、小野山二郎

c0005419_01452297.jpg

大沢誉志幸

「そして僕は途方に暮れる」動画

1984921日、作詞=銀色夏生/作曲=大沢誉志幸/プロデュース=木崎賢治、小林和之

c0005419_01455932.jpg

小泉今日子「ヤマトナデシコ七変化」動画

1984年9月21日、作詞:康珍化/作曲:筒美京平/編曲:若草恵

c0005419_01492181.jpg

プリンス「パープル・レイン」動画

1984年9月26日、作詞・作曲:プリンス

c0005419_01481402.jpg


10月

アン・ルイス「六本木心中」動画

1984105日、作詞=湯川れい子/作曲=NOBODY

c0005419_01421909.jpg

薬師丸ひろ子「Woman "Wの悲劇"より」動画

19841024日、作詞=松本隆/作曲=呉田軽穂

c0005419_01434214.jpg

井上陽水「いっそセレナーデ」動画

19841024日、作詞・作曲=井上陽水

c0005419_01405353.jpg

安全地帯「恋の予感」

1984年10月25日 、作詞:井上陽水/作曲:玉置浩二/編曲:安全地帯・星勝

c0005419_01421991.jpg


ブルース・スプリングスティーン「ボーン・イン・ザ・U.S.A.」

1984年10月30日、作詞・作曲:ブルース・スプリングスティーン

c0005419_12272335.jpg


11月

松田聖子「ハートのイアリング」動画

1984年11月1日、作詞:松本隆/作曲:Holland Rose/編曲:大村雅朗)

c0005419_01413838.jpg

マドンナ「ライク・ア・ヴァージン」動画

1984年11月6日、作詞:トム・ケリー/作曲:ビリー・スタインバーグ/プロデュース:ナイル・ロジャース

c0005419_01384214.jpg

TOM★CAT「ふられ気分でRock'n' Roll」動画

1984年11月14日、作詞・作曲:TOM、編曲:Light House(矢島賢)

c0005419_01394200.jpg

チェッカーズ「ジュリアに傷心」動画

1984年11月21日、作詞:売野雅勇/作曲・編曲:芹澤廣明

c0005419_01360305.jpg

吉幾三「俺ら東京さ行ぐだ」動画

19841125日、作詞・作曲=吉幾三/プロデュース=千昌夫

c0005419_01352755.jpg


ジャッキー・チェン「I LOVE YOU, YOU, YOU」動画

1984年11月28日、作詞:売野雅勇/作曲:後藤次利

c0005419_11483849.jpg


マドンナ「マテリアル・ガール」動画

1984年11月30日、作詞・作曲:Peter Brown, Robert Rans/プロデュース、ギター:Nile Rodgers、ベースBernard Edwards

c0005419_01361859.jpg


12月

松任谷由実「ノーサイド」「BLIZZARD」

「破れた恋の繕し方教えます」

1984年12月1日(『NO SIDE』)、作詞・作曲:松任谷由実/編曲:松任谷正隆

c0005419_01330997.jpg

レイ・パーカーJr.「ゴーストバスターズ」動画

1984年12月2日、作詞・作曲:レイ・パーカーJr.

c0005419_01320586.jpg


バンド・エイド「Do They Know It's Christmas?」動画

1984年12月3日、作詞・作曲:ボブ・ゲルドフ、ミッジ・ユーロ 

c0005419_01304576.jpg

とんねるず「一気!」 動画

1984年12月5日、作詞:秋元康/作曲:見岳章

c0005419_16421070.jpg


吉川晃司「MAIN DISH -PARTY VERSION- (No No サーキュレーション)」  動画

1984年12月5日、作詞:安藤秀樹/作曲:大沢誉志幸

c0005419_16442721.jpg


小泉今日子「The Stardust Memory」動画

1984年12月21日、作詞:高見沢俊彦、高橋研/作曲:高見沢俊彦/編曲:井上鑑

c0005419_01300121.jpg
 
1984ポップ時系列YouTubeノンストップミックス


by ichiro_ishikawa | 2019-10-04 21:25 | 音楽 | Comments(0)  

1984〜1986ポップ時系列


Apple Musicにて、「1984〜1986ポップ時系列」のライブラリ(オムニバステープ)を作つて日がな一日聴いてゐるが、ささやかな発見が幾つかあつたので備忘録的に記しておく。

c0005419_14243210.jpg

c0005419_14243358.jpg

c0005419_14243436.jpg

・明るい。主役は吉川晃司、とんねるず、小泉今日子、中山美穂。そしておニャン子クラブ。

・1986年後半から浮かれ騒ぎにピリオドを打たんと硬派の波が。BOØWYと長渕が歌謡界でもトップに差し迫らんとする。

・アイドル歌手では荻野目洋子がダントツに歌が上手く、楽曲ともに中森明菜が超ハイクオリティ。
氷室の歌唱力は一流演歌歌手ばりで、従来のロックつぽい語りボーカルでは勿体ないと思つた布袋によるメロディ寄りの方向性が、ポピュラリティを獲得せしめ、時代を黒く塗りつぶすことに成功。

・とはいへ、このオムニバスでBOØWYが流れるてくると、その異質感は否めない。歌メロを前面に出した初のロックバンドといふことで、歌謡曲の流れに乗つてさうだが、じつは乗つてない。サウンド面では逆に歌謡曲の方が70年代からロックに寄つて来てるので、ビートの鋭さはさすがに違いすぎるものの、全体的にさう違和感はない。では何か。何が1984、85、86年時系列において、BOØWYは空気を異質せしめてゐるのか。おそらくそれは氷室の歌詞による、といふ仮説を立てて検証中。

・配信されてないのは中山美穂、小泉今日子、とんねるず、サザンオールスターズ、大滝詠一。この辺が欠けると、本企画が成立しないためiTunes Storeにて一部購入して仕上げた。但しとんねるずはStoreにもないためお手上げ。CDからあげられるのか模索中。

・洋楽を入れたいところだが、そこまで手が回らない。プリンスとマドンナ、映画音楽(ネバエンやゴーストバスターズ、フットルースなど)はリリース年月日を調べてぜひとも入れたいが、U2とかスミス、コステロといつた高度なロックまでガッツリ入れると、それはそれでまたトータルコンセプトがブレさうなので外す。

・たまにオリジナルでなく後年になつての録音し直し、セルフカバーあるひは後年のライブ盤しか配信されてないものがあり、それをオリジナル盤レコードリリース日の時系列に入れ込むと、歌唱法やアレンジなどが異なつてゐるため、時系列リストの流れを損なふ。空気がいびつなことになる。かといつて外すのもしのびない。iTunes Storeで買ふまでもない。悩ましい問題。

・アレンジが大事。







by ichiro_ishikawa | 2019-10-01 09:41 | 音楽 | Comments(0)  

セプテンバーといへば9月の小雨


9月といへば「セプテンバー」


ではなくて、「9月の小雨」

9月の小雨 バンバンバザール

作詞:福島康之/作曲:富永寛之

(『Suge・Ban・Ba!!』2001年)


まぶしい季節が通り過ぎたよ

「愛していたのはあなただけさ」

人の影も遠ざかる 夏の終わり告げる警笛が

風に吹かれて少しだけ震えた

もう一度あの日あの場所に戻れるなら

抱きしめてずっと放さない

ただただ手を振りながら 後ずさりして(あなたは) 街灯のあかりからフェードアウトした


今ならば気の効いた言葉なんか思いつかずに

「愛していたのはあなただけさ」

九月の小雨が帰り道を濡らしてる

ひとり立ち尽くしたあの日みたいに

もう一度 誰かに心ひかれても

終わりない悲しみ隠すだけ

笑えないジョークでごまかしていた

古い思い出 拾い集めても

「愛していたのはあなただけさ」



by ichiro_ishikawa | 2019-09-23 00:26 | 音楽 | Comments(0)  

激レア音声 マッチ×氷室 1986


激レア音声



by ichiro_ishikawa | 2019-09-11 23:30 | 音楽 | Comments(0)  

貴重映像 氷室と布袋「TV音楽館」1986

今となつては激レア、超貴重なBOØWY1986の氷室と布袋。ギラギラとツツパつてゐた氷室は1986年下半期から口調が穏やかに。青山との試合中、防御をおぼえて目つきが穏やかに変わつた矢吹丈を想起させる。

MCはこれも貴重な井上堯之。流石に鋭いことを言ふ。「傷だらけの天使」は不良少年時代の氷室のマストアイテム。

カットされてる氷室と布袋の選曲
James Brown『Gravity(1986)


Bauhaus Telegram Sam
2nd single(1980年)T-Rexのカバー


Elvis Costello  Don't Let Me Be Misunderstood
『King of America』(1986年2月21日)
スタンダードナンバー(作詞・作曲:ベニー・ベンジャミン、グロリア・コールドウェル、ソル・マーカス、1964年)のカバー


山下久美子 Single(『1986』1986年)


BOØWY B.Blue(『Beat Emotion』1986年)


これもまあまあ貴重。九州ローカル





by ichiro_ishikawa | 2019-09-07 23:23 | 音楽 | Comments(0)  

1986ポップ年表 YouTube


昔あげた1986ポップ年表にYouTubeをつけて再アップ。

1月
1月1日 吉川晃司「キャンドルの瞳

1月1日 新田恵利「冬のオペラグラス」 

1月22日 渡辺美里「My Revolution」
1月28日 スペースシャトルのチャレンジャー号爆発事故。

2月
2月1日 BOØWY「わがままジュリエット」

2月1日 国生さゆり「バレンタイン・キッス」 

2月5日 本田美奈子「1986年のマリリン」

2月21日 おニャン子クラブ「じゃあね」

2月21日 チェッカーズ「OH!! POPSTAR」
2月21日 テレサ・テン「時の流れに身をまかせ」
2月21日 吉川晃司『MODERN TIME』
c0005419_01244190.jpg
3月
3月1日 BOØWY『JUST A HERO』

3月24日 BOØWY 青山スパイラルホールから「JUST A HERO TOUR」開始。
3月24日 少年隊「デカメロン伝説」

3月26日 荻野目洋子「フラミンゴinパラダイス」


4月
4月5日  KUWATA BAND「BAN BAN BAN」
4月6日 BOØWY「勇気ある子供達が時代をつくる」出演(日比谷野外音楽堂)。

4月7日  NTV「歌のトップテン」放送開始。
4月8日 岡田有希子が東京都内のビルで飛び降り自殺。

4月9日 C-C-B「元気なブロークン・ハート」

4月10日 新田恵利「不思議な手品のように」

4月21日 TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」

4月21日 おニャン子クラブ「おっとCHIKAN!」

4月26日 チェルノブイリ原子力発電所事故。
4月30日 小泉今日子「100%男女交際」


5月
5月1日 1986オメガトライブ「君は1000%」

5月2日 うしろゆびさされ組「渚の『・・・・・』」

5月2日 レベッカ「RASPBERRY DREAM」

5月10日 国生さゆり「夏を待てない」
5月16日 中山美穂「クローズ・アップ」

5月28日 とんねるず「やぶさかでない」
6月
6月5日 チェッカーズ「Song for U.S.A.」
6月7日 ドラマ「親子ゲーム」放送開始。

6月29日 FIFAワールドカップメキシコ大会でアルゼンチンが西ドイツを破って優勝。

7月
7月2日  BOØWY 日本武道館で「JUST A HERO TOUR」ツアー終了。
7月2日 長渕剛「SUPER STAR」

7月5日 KUWATA BAND「スキップ・ビート」
7月5日 KUWATA BAND「MERRY X'MAS IN SUMMER」
7月10日 小泉今日子「夜明けのMEW」

7月21日 山下久美子「GIRL-FRIEND」
7月21日 山下久美子「BOY-FRIEND
7月21日 石川さゆり「天城越え」
7月21日 おニャン子クラブ「お先に失礼」

7月31日 BOØWY『“GIGS”JUST A HERO TOUR 1986』

8月
8月2 -3日 BOØWY「第6回サマーピクニック」(玄海彫刻の岬・恋の浦)出演。
8月4日 BOØWY、吉川晃司、山下久美子、大沢誉志幸「ウォーター・ロック・フェス」(新宿 都有3号地)出演。

8月5日 池田聡「モノクローム・ヴィーナス」
8月10日 BOØWY「ROCK'N'ROLL OLYMPIC'86」(スポーツランドSUGO)出演。

9月
9月29日 BOØWY「B・BLUE」


10月15日 チェッカーズ「NANA」 
10月21日 山下久美子『1986』
10月21日 RCサクセション『the TEARS OF a CLOWN』
10月21日 とんねるず「人情岬」

10月24日 テレビ朝日「ミュージックステーション」放送開始。
10月22日 長渕剛 『STAY DREAM』
c0005419_01310691.jpg


11月
11月5日 KUWATA BAND「ONE DAY」
11月6日 杉山清貴「最後のHoly Night」

11月8日  BOØWY『BEAT EMOTION』
c0005419_01294286.jpg

11月11日  BOØWY石川厚生年金会館より「ROCK 'N ROLL CIRCUS TOUR」開始。
11月12日  BOØWY「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「B・BLUE」)

11月15日  BOØWY「オールナイトフジ」出演(「B・BLUE」、「BEAT SWEET」、「ONLY YOU」)。
12月

12月9日 ビートたけしフライデー襲撃事件。
12月12日 BOØWY「いきなりフライデーナイト」出演。



by ichiro_ishikawa | 2019-09-01 00:42 | 音楽 | Comments(0)  

お気に入り2018夏


Aimer  Stand Alone
息継ぎと、「間違い」「バイバイ」の部分がよい。

サカナクション 忘れられないの
全体的なテイストがよい。


by ichiro_ishikawa | 2019-08-31 11:12 | 音楽 | Comments(0)  

【転載】Morrissey: The Last Unwoke Pop Star


c0005419_10144579.jpg
Morrissey: The Last Unwoke Pop Star

Culture

Morrissey: The last unwoke pop star 


There was always only one Morrissey. But in 2019, this matters more than it ever has. All intelligent people know that we must separate the art from the artist. In our culture, this results in disallowing an artists’ real-life actions to affect the perception and appreciation of their art. It’s harder to apply this basic rule to Morrissey. That’s because, more than any other artist, Morrissey is his art.

The concept of an individual artist embodying their art to the point where they are indistinguishable from it is as 20th century a phenomenon as new wave. Musicians who appear to be what they present themselves as have been lauded and worshipped. So, what is Morrissey? As an artist who has maintained an elevated sense of mystery about his work, his sexuality, and his political perspectives, he continues to make music that calls directly to the hearts of his fans.  

The political will amongst the elites to take him down for his provocative gestures is strong. Bolstered by a fan base that just can’t quit him, he soldiers on. Instead of cowing to political pressure, he doubles down, often trolling those who would seek to do him damage. As long as Morrissey keeps crooning, he will be okay. 

The authors of this essay are diehard fans and outspoken writers; thoroughly advocating for artists to speak their minds, stray from the fold, and not give in to pervading views. We won’t do it, and whether in agreement with Steven Patrick Morrissey or not, we are in favour of his right to free expression, artistically and socially. Morrissey has carved his own path through pop culture and the music industry, and as the last, seriously independent thinker on the pop scene, he keeps his cool, and fans stick with him, despite the persistent apology culture of wokeness that has taken hold of virtually every aspect of mainstream, western culture. 

With this in mind, we attended the first two sold-out concerts Morrissey performed on his truncated spring Canadian tour. What we found was a very engaged crowd, and an artist who performed with grateful love for his fans. Those who crowded Sony Centre were expectant and even a little surprised to find themselves searched, and confronted with petitions to sign.

Morrissey survived libel and smears throughout the first wave of political correctness in the 1990s. No doubt he will survive the current one. He has been betrayed by fawning journalists too many times to mention. As Russell Brand recently put it on The Joe Rogan Experience, “[Modern journalists] change what you say, and then you have defend what they said you said.”

Morrissey is perhaps the only pro-Brexit pop star who still has a career. Like Kanye West with his MAGA moment in America, Morrissey has kicked against the pricks of the ruling class and revealed the convenient lies they rely upon and the inconvenient truths they are desperate to conceal. Morrissey on the media post-Brexit: “I am shocked at the refusal of the British media to be fair and accept the people’s final decision just because the result of the referendum did not benefit the establishment.” Kanye on the media post-MAGA: “That sounds like control to me. They will not program me.” Are Kanye and Morrissey the last living punks? Morrissey, certainly, was invented by punk and his own punk fandom. Now, in his later years, he has embraced the defiant gestures of the genre.

In a world of fearful compliance, Morrissey stands apart. Whether in agreement with his views or not, we need contrarians. We need people who will not bow down to the approved messages. Media-approved art is not art but propaganda. As Morrissey croons in “My Love, I’d Do Anything For You,” “Teach your kids / to recognize / and despise / all the propaganda / filtered down / by the dead echelons mainstream media.” 


Many of the messages Morrissey coveys are particularly pertinent to our times. “WHAT WOULD YOU DO IF YOU WEREN’T AFRAID?” was projected on the backdrop on the second night as he launched into the Viva Hate classic “Dial-a-cliche” Our social media-obsessed culture has reduced us to cliches and made us afraid of each other and real life. Morrissey’s altered the lyric slightly, as he did with a few of his older songs, and instead of simply “dial a cliche,” he sang “be a cliche.” Isn’t this what social media reduces us to? The yen to be a cliche instead of an individualist is strong on platforms where relevancy = likes, and unrelatability = obscurity.

So many people want to be the thing that most people will like, whether it is representative of their true selves or not. Instead of revealing themselves, they connect with identifiers that are broad enough to buffer them from having to attend to their inner lives. Morrissey and his fans inherently buck this, because so many of them began to express their individuality against a backdrop of normative expectations, and it was Morrissey’s lyrics and sound that gave them the understanding that life didn’t have to be like that. 

Speedway” takes on media mobbings. As the song reaches its crescendo, he croons “I could have mentioned your name / I could have dragged you in / guilt by implication / by association / I’ve always been true to you.” It makes sense; Morrissey was mobbed and shamed before it was an everyday occurrence. He’s been called every progressive slur in the book before progressivism was even a thing.


In the US, and online, there is a growing concern among artists that art should contain political activism within it. Morrissey is a peculiar case study in that he has always been political yet embodies the spirit of aestheticism almost perfectly. He exists within the realm of the sublime, a beauty through pain of sadness that speaks to his fans, refugees from mainstream pop joy.

He has disdain for any of those men and women who aspire to lead nations. One of his many concert backdrops featured Margaret Thatcher about to be whacked with a baton by an officer astride his horse. Those who take his unapologetic free speech advocacy as some sort of right-wing dog whistle should take note that this is still the man who proclaimed that the Queen was dead, called for Margaret on the guillotine, and claimed in song, “We won’t vote conservative!”  

The political songs are often the ones that miss the mark in an emotional context, precisely because his ability to connect on the heartfelt songs is so stellar. But they bring weight to this tour that marked the end of Morrissey’s personal boycott of Canada over barbaric seal hunting practices. In coming back, he said, “My stance was ultimately of no use and helped no one. My voice was drowned out by the merciless swing of spiked axes crushing the heads of babies. On my return to Canada I feel that I can be of more use by making sizeable donations to animal protection groups in each city that I play.”

Morrissey has the most intense fandom ever. For most, it’s a lifelong love affair that began with songs heard in early teenage years that carried them through those difficult years. The feeling that an artist truly understands the pain of growing up from a shy child into a miserable adult cannot be underestimated.

We listen to Morrissey because he speaks to that part of us that we don’t readily share. To recapture feelings of love and red wine on lazy summer afternoons, to live the songs of our hearts, the places where shame keeps us from expressing true desire, true loss, true hopeless expectation. But unlike so many of his peers in alt rock, Morrissey does it with both a deep reservoir of artistic knowledge and a sense of humour, like Oscar Wilde, James Joyce, Dorothy Parker. The smirk that plays at the edges of his mouth, at the edges of his verse, give us the feeling that no matter how miserably we have failed, it doesn’t matter if we rise again, because rising is not the goal, laughing at our tears is.

A mass of vulnerability crams into the theatres where he plays, and while we yearn for the old songs, he gives us something better. New ideas and perspectives that we weren’t expecting, that jar our realities and keep us from sinking into the peevish darkness. We can fight him, debate him, feel antagonized and betrayed as though by a lover we have loved more than he has loved us. Because despite his love for his fans, it’s we that keep reaching out for more of this fascinating artist, who, decades into his career, continues to deliver a vulnerable, expressive distance.


On the way to Toronto, the tiny, flimsy airplane was dotted with Morrissey shirts. A few hours before the first concert, the cafe girl asked us what we were doing in town; she had never heard of Morrissey. In that moment, it was inconceivable to us that one could ask such a question. It was also true of the customs guy, the hotel clerk, and for sure the kids in the hotel lobby watching the new Taylor Swift video on their iPhones. But for us—as well as thousands of jean-jacketed, rockabilly Betties and Quiffed-up, tattooed Latino fanboys—in the hours leading up to the first show, Morrissey was the world.

Security stood at the ready on the edge of the stage to push back worshippers. When fans jumped up on stage, as they have been doing for decades, Morrissey reached out for them, allowed them human touch. Other fans simply bowed their heads in appreciation, wanting to acknowledge what he’s given. We all felt the joy of a fan recognized by the man himself. The best artists know that their careers are held aloft by the experience the fans have with the work. The art is neither the object nor the man, but the moment in between the expression and the individual who craves what is expressed.

The joy of the crowd at the first licks of “How Soon Is Now” has been holding strong since its release. We know all the words, and we’re thrilled to have our outsider lonely lovelessness acknowledged. Could it be that we all stood at the edges of dance floors in the all-ages clubs of our youth, wishing for the DJ to play tracks we could sway and cry to, and that if we’d only looked into each others’ eyes we would have connected like we yearned to? Together we press toward the stage and toward each other. It’s our hearts reaching out and finding camaraderie. How can it be that so many controversial outsiders find a home in this music? We feel a kinship with each other despite our unwillingness to admit it, acknowledge it, or speak to each other. We’re still too shy. 


Adding the Spanish vocals in “World Peace Is None of Your Business” is something that comes from the Latino fandom and is an acknowledgement of it. These kids carry the torch, and the merging of Mexican American Chicano culture with Morrissey’s post-punk English sound is a glorious 21st Century collaboration.

Though it’s a tour for California Son, an album of obscure covers, he only played one song from the album each night in Toronto. “Wedding Bell Blues by The Fifth Dimension, and Jobriath’s “Morning Starship.” He noted that no one has probably heard of Jobriath, and we mostly hadn’t. Bringing these nearly forgotten tracks to his fans reveals Morrissey as a fan himself. The range of Morrissey’s influence is a treasure trove of obscure 20th Century music, and fans should take the time to dig in, listen, and then attend to Morrissey’s new covers record. Standouts include covers of R&B legend Dionne Warwick, American folk singer Phil Ochs, and Canadian pacifist Buffy Sainte-Marie.

He sang “I’m Throwing My Arms Around Paris” in front of a backdrop of flames and a single “Gilet Jaunes” protester defiantly waving a French flag. A reminder that political reality is complex, no matter what the media would have you believe. A reminder, too, that Morrissey has always been with the working class, Les Miserables.


Speaking of what the media would have you believe, shortly after the Canadian stint we observed, Morrissey caught another wave of bad press. This time, he was smeared for wearing a “For Britain” badge during a performance of “Morning Starship” on The Tonight Show with Jimmy Kimmell. One of Morrissey’s oldest frenemies in media, the NME, summed it up this way: “The performance led to posters for his new album ‘California Son’ to be removed at Merseyrail stations and for his music to be banned from the world’s oldest record shop.”

Morrissey issued a statement: 

Everyone always wants to jump to conclusions. 

Morrissey has never been affiliated with any political party in the past. Morrissey has never voted in his life, and is not a member of any political party. 

Morrissey opposes racism, hatred and press censorship. Morrissey believes in free speech and free expression and opposes totalitarian regimes. Morrissey has only ever met two political figures – Ken Livingstone and Tony Blair. 

Morrissey currently wears lapel pins of James Baldwin, Malcolm X, Martin Luther King, Aretha Franklin, Oscar Wilde.

Morrissey is quite used to smear campaigns from the UK press. It is nothing new for us.

Thanks to the fans the CS record is currently # 2 at HMV today. And thanks to Merseyrail for all the extra press today!

Morrissey later clarified in an interview with Sam Esty Rayner that while he supports For Britain (it appears largely for their broad animal rights platform), the notion that he is in anyway racist is preposterous: “If you call someone racist in modern Britain you are telling them that you have run out of words. You are shutting the debate down and running off. The word is meaningless now.” The world, as ever, won’t listen. 


Back in Toronto, while belting out his recent hit, “Spent the Day in Bed” Morrissey once again turns his gaze on the media that often maligns him. In taking aim against duplicitous, fear mongering journalists, he offers a way forward by which we should all abide: “I recommend that you / stop watching the news / because the news contrives to frighten you / to make you feel small and alone / to make you feel like your mind isn’t your own.” 


This is what keeps his fans feeling connected. We don’t want to feel small and alone, even as much as we acknowledge that we do. We don’t want to feel like our minds are not our own, and we won’t. That’s the point. To feel connected to our flaws, to know what they are, and to rail against those that would define us by our flaws, our vulnerabilities, and our misgivings. It is not a weakness to laugh at ourselves, to indulge in our shyness. The weakness comes in giving over your thoughts and attention to a culture that places no value on individuality or critical thought. Morrissey is ultimately a critically thinking individual, who does not hold back his views, his heart, his art, or his love.


by ichiro_ishikawa | 2019-08-28 10:08 | 音楽 | Comments(0)