<   2010年 08月 ( 15 )   > この月の画像一覧

 

エセー「美と俺」


 俺はこんなツラして、実は絵心、美心がすこぶるたくましい。
 それは自然の美から、絵や建築といった人工物の造形美、人間の仕草や表情といった無常なる姿形、声や音楽といった空気の振動系、そして、思想や信念といった抽象的なものにいたるまで、竟には美のみを見る、とさえいってもよい。
 そんな俺なもんだから、この醜悪の極みたる己がツラ、これと今後ずっと付き合って行く事を思うと、早く来世をと、つい生き急ぎがちなわけだ。
 それはジョークの皮をかぶった真実的な余談としても、昨今、ひらがなの美に、いよいよ参っている。極めつけがこの書だ。


「ひらがなの美学」石川 九楊
c0005419_1323212.jpg


 先日、「常に新しい髪の切り方を考えている」という、知人の知人の美容師が行き着いたのが「ひらがな」のやわらかさだった、ということを聞いた。そのきっかけになった書がこの「ひらがなの美学」石川九楊(新潮社)だというので、聞いたその場でiPhoneからamazonで購入、一杯引っ掛けてから家に着くとすでに届いていた。
 石川九楊といえば、言わずと知れた国宝級の書家。最近の電子ブックの狂騒の中、朝日新聞紙上で「要は中味」と、四文字ですべてを射抜いた、偉人である。本書は、彼が2006、2007年に「芸術新潮」「和樂」で書いた特集記事をまとめたもの。タイトルがズバリ示す通り、ひらがなの美が、数多の図版とともに、充溢している。素晴らしい。ひらがな、美しい。

 そんなわけで、鳩居堂でしこたま粋な紙を買い込んでは、アイデアメモ(主に普天間等の政策)などを、ひらがなで書きまくっていることに加え、仕事のメールもいちいち一筆箋に手書きで書いたものをスキャンして添付で送る、という手間をかけている(ヒマではない)。カードの支払いなどでサインする時も、ひらがなに変えた。署名したいがために、西友でキャスターONEを2箱580円を買うのもわざわざカードで支払い、いしかわ いちろうと、流麗なひらがなをしたためてレジのババアをうっとりさせてもいる。さらに最近は、署名欄のスペースを無視して縦書きにすらしている。

by ichiro_ishikawa | 2010-08-11 13:00 | 日々の泡 | Comments(0)  

訴状「夏休みの俺」


夏休みが9連休もらえるということで、すわ海外か!?という線もあったが、海外に一人で行って…どうすんだ? という問いに、分かりません、としか答えられなかったため、初日の土曜、家でじっと、ソファーで本を読みながらゴロゴロして、今後の計画を立てていた。
計画名を「サクリファイス」と決めたあたりで心地良い睡魔に襲われたが、抗う理由も特になく、そのまますやすや午睡を貪った。
パンツ一丁で、21度に設定したクーラーの風直下。目覚めると、案の定、風邪をこじらせた。やばい、油断した。例によって喉、腹、ドタマ、鼻と悪魔が綺麗に闊歩して行き、土、日、月曜と、ベッド上でもんどりうっていた。月曜夜がピークで、水をたらふく飲みスウェット上下を着込んで眠り、汗をびっしょりかいて翌朝目覚めると、体重4kgを奪ってやっと悪魔は去った。なんとか動けるようになったので、大事をとって病院へ行くが、火曜午後がピタッと休診。そうか、そっちがそういうスタンスならもう頼まねえ。帰りの道すがら、3日ぶりに喫煙、気持ち悪くなり、ゲボをはき、泣きながら、これを書いている。
いきなり4日、無駄にした。こんなに真面目に生きてるのに。俺が何をした? そうか原罪か。江田さん、官僚の天下り完全廃止して掘り出した分から月50ぐれえの贖罪手当の支給、法律化、アジェンダに追加されたし。

by ichiro_ishikawa | 2010-08-10 18:47 | 日々の泡 | Comments(0)  

カナ書き「Stop Breaking Down」


「ミックっぺく歌えた!」と、カナ書きストーンズが意外と、特に英語が苦手なバカから好評なため、第2弾としてこれまたかっけえ「Stop Breaking Down(スタッブエキンダーン)」をカナ書きせんとす。



STOP BREAKING DOWN
(Originally written by Robert Johnson)
(M. Jagger/K. Richards/M. Taylor/C. Watts/B. Wyman)

エヴィジョウモウ ウォーキン オウダーンザスツイー
Every time I'm walking all down the street

サムプリマーマスタッブウェイキン、ダウノンミー
Some pretty mama start breaking down on me.

スタッ、ブウェキンダーン、 ベベ、プリーズ、スタッブウェキンダーン
Stop breaking down, baby, please, stop breaking down.

スタフィゴナゴスチュ ブレインダウベイビ
Stuff is gonna bust you brains out, baby,

イェイゴナメイクヨ、ルーウジュマーイ
Gonna make you lose your mind.

ヨッ サラレナイ ウマン ナウヨジョ、エイップンクラー
You Saturday night women, now, you just ape and clown,

ユドンドゥーナッリバッ、チャーマー、レピュテーションダーウン
You don't do nothing but tear my reputation down.

スタッ、ブレキンダーン、ママ、プリーズ、スタッ、ブレキンダーン
Stop breaking down, mama, please, stop breaking down.

スタフィゴナバスチュ、ブレインダ、ベベ
Stuff is gonna bust you brains out, baby,

イエー、イッツゴナメイキュ、ルーウズユーマーイン
Yeah, it's gonna make you lose your mind.

アラッマッベイベ、ナレナインディグリー
I love my baby ninety nine degrees,

ガッママガッ、ペストウレイラ、ダウンノンミー
But that mama got a pistol, laid it down on me.

スタッ、ブウェキンダーン、ベビプリーズ、スタッ、ブウェキンダーン
Stop breaking down, baby, please, stop breaking down.

スタフィゴナボステュブレインダ、ベベ
Stuff is gonna bust you brains out, baby,

イエー、ゴナメイキュ、ルーズユウマーイン
Yeah, gonna make you lose your mind.

エヴィジョウモウ ウォーキン オウダーンザスツイー
Every time I'm walking all down the street

サムプリウーマンスタッブレキン ダウノンミー
Some pretty woman start breaking down on me.

スタッ、ブウェキンダーン、ママプリーズ、スタッ、ブウェキンダーン
Stop breaking down, mama, please, stop breaking down.

セジュゴナクロスチュ ブレイダッベベ、アツェ
Stuff is gonna bust your brains out, baby,

ゴナメイキュルーズユウマーイン
Gonna make you lose your mind.

by ichiro_ishikawa | 2010-08-05 02:40 | 音楽 | Comments(0)  

報告書「電子書籍」


iPadで電子書籍をガンガン読み込むにつけ、本はやっぱり紙という結論に達した。


紙でなければダメなもの

■単行本(ハードカバー、ソフトカバーともに)
■叢書・選書
■新書
■文庫
■雑誌(「考える人」「en-taxi」といった読み込み系)


電子でいいもの(但しタダ)

■R25やフリーペーパー等、「まあ読まないなら読まないで一向に構わない」もの。
■新聞などのニュース
■写真集
■情報系雑誌


両刀

■全集
本文中の細かい単語などをバリバリ検索ができるようになれば、ストック資料として電子が重宝する。
ただし、「読む」ことはない。あくまで資料。


つまり、電子書籍は不要。
書籍出版社は電子化などには目もくれずせず堂々と紙の本を出せばいい。
ただ、宣伝ツールとしての電子化はアリ。電子書棚に入れることがすなわち宣伝になる。
電子で気に入ったら、絶対紙バージョンも買う。
電子で気に入られないものは、そも紙でも買われない。
要するに、あくまでクオリティにこそ注力すべし。
紙の本というのは究極の形、ということが分かった。紙の本、すげえ。

by ichiro_ishikawa | 2010-08-03 22:27 | 文学 | Comments(0)  

感想「愚直の信念」


『愚直の信念』
江田 憲司
c0005419_16475919.gif


「みんなの党」のアジェンダ、いい。
何のために、何をする、という政策が明確。
無私を感じる。
これまでの政治家は政局ばかりを気にしていて、この基本ができていなかった。
官僚や世界にきちんと物を言えるまともな政治家、党が戦後初めて現れた。
日本人は本来すげえヤツがいっぱいいるのに、そういうやつは得てして、ひっそりと黙って暮らす傾向にあった。表通りで声高に威勢がいいのはブタばかりだった。
ここに来て、まともなヤツが前線に出てきた。

よく、「誤解を招く発言」だったので「訂正」する、という政治家がいるが、さも、考えは正しかったが表現がややまずかった、的な、「言葉のせい」、にするという、みえみえの保身スタンスで、非常にカッコ悪い。「言葉」がすべて、という真理をまるで分かっていない。言葉をなめてる。
なぜ愚直に、「考えが間違っていたので、思い直し、訂正する」と言わないか。それでクビになるかもしれないが余生は清清しいだろう。椅子に縋り付いて卑しいツラを晒していても惨めなだけだろう。
政策がないから、頭は良いが人に冷たい官僚に煽てられ操られ、言い訳マニュアルに則った弁明ばかりを繰り返す。
「みんなの党」は、目的がはっきりしているから、仮にうまくいかなかったとしても、「しょうがない、そういうこともある」と思える。

 マスコミもマスコミで、いつも「中立」、「番人」という位置をかさに、単に「高みの見物」で、政治家のダメな部分ばかりを突いて、ふうーっとため息なぞをついて、すましている。なぜダメで、どうするべきかを提案せず、いつも否定ばかりで、気分が滅入る。おそらくアイデアがないのではなく(ないかもしれないが)、覚悟と信念がない。失敗して今の地位を失うのが怖い。
 覚悟と信念で、明確な目的を持って「こうすべき」と言えば、それが失敗しても誰も文句は言わない。よしんば言われても言わせとけばいい。信念持ってやっていれば、褒められようと貶されようと関係ないはず。

 という、当たり前のことを思い知った。良書。

by ichiro_ishikawa | 2010-08-02 01:25 | 日々の泡 | Comments(0)