<   2018年 01月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

中森明菜の中期シングルズ

松田聖子と中森明菜がやはりアイドル歌手におけるビートルズとストーンズだと思ふが、世代的に少し遅い生まれゆゑ、キンクスとザ・フー的に小泉今日子と中山美穂だつた俺は、齢40をとうに超えた今更、かのツートップにハマつてゐるのだが、今回は明菜だ。


スローモーション(1982年)来生たかお

少女A(1982年)

セカンド・ラブ(1982年)来生たかお

1⁄2の神話(1983年)大澤誉志幸

トワイライト -夕暮れ便り-(1983年)来生たかお

禁区(1983年)細野晴臣

北ウイング(1984年)

サザン・ウインド(1984年)玉置浩二

十戒 (1984)(1984年)高中正義

飾りじゃないのよ涙は(1984年)井上陽水


といつた、職業作曲家ばかりでなく時のアーティストに積極的に楽曲を依頼した怒涛のポップシングルはものすげえよいし、


DESIRE -情熱-(1986年) 

TATTOO(1988年) 


といつた派手な代表曲ももちろんよい。


しかしながら、昭和後期、明菜中期における下記の一見地味な楽曲群のクオリティの高さに驚くのであつた。


ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕(1985年)

SAND BEIGE -砂漠へ-(1985年)

SOLITUDE(1985年)

ジプシー・クイーン(1986年)

Fin(1986年)

TANGO NOIR(1987年)

BLONDE(1987年)

AL-MAUJ (アルマージ)(1988年) 



ちやうどこの1985〜1988年は、俺が最もあばれはっちゃくな中2〜高校の時期で、アイドル歌手を卒業し、前述のやうな小泉今日子や中山美穂といつたスケバンにばかり目が行つてゐたため、上記楽曲及び中森明菜といふ存在は地味で大人らしい、ちよつと別世界のお姉さんといふ感じで、ピンと来なかつたのであつた。


しかし初老の今、中森明菜楽曲をグワつと聞き倒すにつけ、1982〜84はスイートに過ぎ、85〜88のアーバンポップがハマつてゐるといふ次第だ。


改めてYouTubeで見てみる。


ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕(1985年) 



SAND BEIGE -砂漠へ-(1985年) 



SOLITUDE(1985年) 



ジプシー・クイーン(1986年) 



Fin(1986年) 



TANGO NOIR(1987年) 



BLONDE(1987年) 



AL-MAUJ (アルマージ)(1988年) 




by ichiro_ishikawa | 2018-01-29 21:07 | 音楽 | Comments(0)  

Apple Musicの最大の欠点


Apple Musicの最大の欠点は大滝詠一がらみ及び中山美穂が一切アップされてないところだ。
誰が止めてる?


by ichiro_ishikawa | 2018-01-29 20:25 | 音楽 | Comments(0)  

『i see the rhythm』の翻訳版


黒人音楽500年の歴史を紐解く絵本『i see the rhythm』(1998年刊、2005年ペーパーバック刊)が、金原瑞人の翻訳、​​ピーター・バラカンの監修で、出版計画中。
一般の企画出版はかなはぬらしく、クラウドファウンディングで資金を募つての出版といふ形態だ。
愛好者のパイが小さいとかういふことが起こるので困る。

ピーター・バラカン氏、翻訳の金原氏 、共にいいものにしか動かないから、監修、翻訳を受けたといふだけで内容は折り紙つき。
プロジェクト成立後の一般販売予価は「¥3,000+税」で、貧乏暇なしな俺は、3,024円の「書籍版『i see the rhythm 』1冊」に申し込んだ次第だ。
現時点で72万5,000円ほど足りず、あと5日でタイムリミットだといふ。

このブロムの読者は5人なので、ここで告知しても焼け石に水やもしれぬが、濃い5人なので申し込む可能性は高い。
原本も3,000円ほどでネットでも買えへるわけだが、やはり国内盤が欲しいだらう、金原瑞人訳なら間違ひない。

お勧めは、

¥6,480
■ 書籍版『i see the rhythm 』1冊(¥2,800+税)
■出版記念イベント(9月7日(金)19時前後より、東京都内)ご招待1名様
追加で申し込む予定

¥12,960
■ 書籍版『i see the rhythm 』5冊
(一般販売予価¥3,000+税より1冊あたり¥648も安くなる)
買つてくれる友人が見当たらねえが長い目で達成できるやもと思案中。

¥32,400
■ 書籍版『i see the rhythm 』1冊
■ ご希望のお名前を本の奥付に掲載
稀覯本になること必至で、貴重だが……たけえ

¥32,400
■ 書籍版『i see the rhythm 』1冊
■ピーター・バラカンと音楽談義ができる食事会にご招待1名様
⇒ ピーター・バラカンと音楽談義してえが、シャイネスがオーヴァードライヴしさうでこええ。

by ichiro_ishikawa | 2018-01-29 20:09 | 音楽 | Comments(0)  

呑気な歩行者へ


俺が道を歩く目的の9割9分は「移動」で、大抵遅刻気味もしくは腹痛ゆゑ、いつも急いてゐる。
そんなとき、前を行く、歩くのがものすげえ遅え輩に進路を塞がれたりすることが、往々にしてある。彼奴等はなぜかくも遅えのか。
犬の散歩とか子供連れとか老人、または身体不如意なら分かる。しかしふつうの一人歩きのやつにも、ものすげえ遅え輩がゐるのである。彼奴等はなにをしてゐるのか、俺は訝る。

1. 散歩
2. 吟行
3. 形而上的な思索
4. 直前にあまりにショックな事態に遭遇して呆然と歩行

ぐらいしか思いつかぬ。
いづれにせよ、呑気である。
エスカレーターの慣例のやうに、車道を行く原付のやうに、呑気な輩は左右どちらかに寄るべし。





by ichiro_ishikawa | 2018-01-26 18:29 | 日々の泡 | Comments(0)  

大人のためのゲス名曲集


ツラが嫌ひ、声がやつぱちよつと、髪型が…
となかなか世に理解されないゲスだが、すでにモノホンといふことは確定してゐる。

そのすごい魅力は数多あるが、あへてベスト5をあげれば、

1.メロディ
2.歌詞
3.アレンジ
4.鍵盤
5.女性コーラス
6.ギターフレイズ
7.ベース

といつたところか。

そこで今回は大人のための、要は、音楽通、詞にうるさい、アレンジに敏感、ギターリフマニア、リズム野郎、ズージャのロープー、ポップ嫌ひのエリート、評論家などなど、偏屈で面倒くさい人も唸らせること必至の、名曲紹介。

momoe
(『ドレスの脱ぎ方』2013)


ユレルカレル
(『みんなノーマル』2014)

ルミリー
(「私以外私じゃないの」2015、『両成敗』2016)


Ink
(「ロマンスがありあまる」2015)


煙る
(『両成敗』2016)

心歌舞く
(『両成敗』2016)


勝手な青春劇
(『達磨林檎』2017)


ゲストーリー
(『達磨林檎』2017)


by ichiro_ishikawa | 2018-01-26 09:27 | 音楽 | Comments(0)  

小林秀雄の読み方


小林秀雄の原文は極めて明快だのに、小林秀雄を書いた文章は晦渋に過ぎて読み進めることが苦痛である。
といふかまつたく面白くないので、読み切れない。
といふ事態がままある。これが不思議だ。わかりやすく目の前にあるものを分かりにくく書き直す、あるひは分かりにくく解説するといふ行為は何のために為されてゐるのか。


母親がてめえの子供を、
「あの子はああいふ子」といふときの眼。
その理屈抜きの正確さ。
小林秀雄は、あらゆる対象をこの目でみようとした。ランボオ、ドストエフスキイ、モオツアルト、実朝、西行、宣長。それらが見ているものを見、哀しんでいるところを哀しむことがまづあつて、それらは、そも、母親の視点ではなかつたか。あの子はああいふ子、といふことを、なるべく論理的に書かうとした、しかしそも理屈でないことでそれらは出来上がつてゐるがために、散文ではなく詩が現れざるを得ない。

小林秀雄の批評とは、母親が我が子を詠んだ散文詩である、といふのはさういふ事情であり、さういふやうに小林秀雄を読んで行くとスツとすべてが腑に落ちるし、そのやうな読み方しか小林秀雄を読む術はない。



by ichiro_ishikawa | 2018-01-25 15:33 | 文学 | Comments(0)  

目に見えないと理解できない日本人


日本人は抽象的、論理的思考が苦手で、それは散文より詩歌、裁判より示談、以心伝心、忖度といつた方向に向かひがち、といふところにも表れてゐる。

目に見えない唯一神より山でも海でも現実の目の前に見える森羅万象に宿るところの八百万の神を信奉することも然り。

先日の大降雪で、誰かが、さうした特徴をさらに抽象せしめて、目に見えるものしか信じない、コトが起こらないと次の動きができないといふ日本人の特徴を指摘して、だから正確に予報がなされてゐても、実際に雪が降つたのを確認してから人々は対処しだし、例によつて交通機関の麻痺、帰宅難民で溢れた、効率的に動くのが本当に苦手な国民だ、といふやうなことを書いてゐて、なるへそと思つた。

確かに効率は悪い。殊に仕事などにおいてはダメだ。しかしどこか、さうさう、確かに目に見えないとよく分からぬ、といふところがある。
人に何かをしてもらつて神に感謝するよりその人に感謝する。人が弱つてゐるときには遠くで真摯にお祈りするよりも、何ができるわけではないけれど、とにかく駆けつけたい。

この、目に見えるものしか信じない、コトが起こらないと次の動きができない心性といふのは深いものがある。

それは、理屈より感覚や身体性を信ずるといふことにもつながつてゐて、たとへば、人が死ぬといふことなどにおいては、死ぬとはいかなることかさつぱり分からないと分かり、しかし今までゐた人が無くなるといふ事態に面接したときにピタッと死といふものを理解もしている、といふ独特の感知の仕方が成され、つまりわからないがわかる、わかるがわからない、といつたところをぐるぐるまわり、それは哲学の萌芽であらうと思はれる。

以上、オチなし。




by ichiro_ishikawa | 2018-01-25 15:10 | 日々の泡 | Comments(0)  

松本隆 風街レジェンド 2015

『松本隆 風街レジェンド 2015』~松本隆 作詞活動45周年記念 オフィシャル・プロジェクト~
がようやくUPされたのですかさずここに保存。
ポップ・ミュージックの普遍性と、シンガーの無常といふことを思ふ。


山下久美子「赤道小町ドキッ」
作詞:松本隆/作曲:細野晴臣

1982


2015(33:34〜)




早見優「誘惑光線・クラッ!」
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:大村雅朗

1983


2015(24:26〜)




斉藤由貴「卒業」
作詞:松本隆/作曲:筒美京平/編曲:武部聡

1985


2015(1:01:51〜)




by ichiro_ishikawa | 2018-01-21 12:33 | 音楽 | Comments(0)  

追悼ドロレス・オリオーダン


ドロレス・オリオーダン急逝、享年46。
合掌。
それまでミュージシャンはすべて年上だつたのが、
ついに同い年が出てきた、先を越された、
といふのがクランベリーズだ。

最高傑作「Linger」


by ichiro_ishikawa | 2018-01-18 09:39 | 音楽 | Comments(0)