<   2018年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

 

ロック夫婦 19881205


山下久美子のロックヴォーカルと、ラストギグズ後、ギタリズムの頃の布袋のギター。名曲で名演。



イントロのリズム感が素晴らしい。
池畑潤二にドラムの入りを促す、
気のコンタクトも見どころ。

布袋はこのとき27歳でいまの俺の20下だが、どうしても、10上にしか見えない。
あまり映らないがベースは松井だから半分BOØWY。

by ichiro_ishikawa | 2018-07-30 21:21 | 音楽 | Comments(0)  

10時間浪費


商用で博多に行つたが、初めて陸路、新幹線で九州上陸。5時間ちよつと。ものすげえ長かつた。
やはり一か八かで空路を行くべきだつたか。
しかし、八とは死だから、商用で死を覚悟するのも馬鹿げてゐる。
道中はずつとデスクワークをしようと思つてゐたが、案の定、8割は爆睡で、残りもたいていGoogleマップとかYouTubeとか麻雀をしてしまつた。移動時間を如何に有効に使へるかが今後の課題だらう。

by ichiro_ishikawa | 2018-07-30 20:42 | Comments(0)  

パンツ売り場の陥穽


UNIQLOでパンツを買ふが、
たまに前が閉じてゐるものをつかまされる。
忘れた頃につかまされる。
罠のやうに前閉じパンツは、売られてゐる。

よくよく見ると、ラベル欄に「前閉じ」と小さい字で書かれてゐるから文句も言へない。
混ぜるな危険的にもつと大きく書くべきだらう。
売り場でも「前閉じコーナー」を作つて、一般と分けた方がいい。前閉じは特殊な筈だ。
あるひは、レジで店員が「前閉じですがよいですか?」と聞くことを義務付けた方がいい。



by ichiro_ishikawa | 2018-07-30 19:31 | 日々の泡 | Comments(0)  

高宮斎場


キリスト教や仏教、ヒンズー教、イスラム教などの宗教美術は、信仰にかかはらず、美的に惹かれるところが多々あつたが、いまは神社だ。

昔、池田晶子が、そこには何もない、といふことを書いてゐて、いつか神社に行つてみたいと思つてゐたが、このたび縁あつて、福岡の宗像大社の高宮斎場まで足を運んだ。

c0005419_19000876.jpg


高宮斎場は、樹木自体を神の御座所とする神籬(ひもろぎ)で、間近で直接見ることが出来る全国でも数少ない古代祭場の一つ。なお岩を神の御座所とするのは磐座(いわくら)。


古事記に、アマテラスとスサノオの誓約(うけい)といふクダリがあり、アマテラスがスサノオの持っている十拳剣(とつかのつるぎ)を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から三柱の女神(宗像三女神)が生まれたといふが、その三女神が降り立つた場所が、この高宮斎場である。


ちなみにそのクダリは、次にスサノオが、アマテラスの「八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠」を受け取って噛み砕き、吹き出した息の霧から五柱の男神が生まれたとある。


で、地名にもある八王子といふのは、この宗像三女神と五柱の男神を指すと知り、へえさうなんだ、知らなんだ、と思つた。





by ichiro_ishikawa | 2018-07-30 18:31 | 日々の泡 | Comments(0)  

本質と表層

本質を突き詰めて行くことは問題解決には役立つやもしれぬが、表層の多様性を味わはないと、生は楽しめないといふことが、やつと発覚した。

生まれて生きて死ぬといふのは誰も一緒だが、その内容はひとつとして同じものはない。ひとりの人生においても昨日と今日と明日は違ふ。その違ふ部分に着目すると、人生を謳歌できるのやもしれぬ。

千葉といつても上総と下総と安房は表層は違ふ。
福岡に行くと、小倉と博多と久留米は違つた。
違ふのは表層だが、表層だからといつて軽視することはないのである。



by ichiro_ishikawa | 2018-07-30 18:17 | 日々の泡 | Comments(0)  

俺はほら元来貧乏性つていふのかな

あの頃の長渕を追つてゐた者なら誰しも諳んじることができる『LIVE'89』収録「Don't Cry My Love」前の名MCを、もはや当人よりも似てゐるタクヤナガブチが、完コピしてゐた。



by ichiro_ishikawa | 2018-07-27 22:39 | 音楽 | Comments(0)  

ベーシストの憂鬱


ジャズとか、特にフュージョン系のドラマーやベーシストがリーダーアルバムを出すとき、リズム楽器はメインとしては間が持たないといふ考へからか、あるひはマーケットを、数の多い一般人リスナーを意識するからなのか知らぬが、ラップとか女性ボーカルを入れたり、ストリングスを乗せたりする傾向が顕著だが、邪魔だ。

一曲丸々ベースとドラムだけでいいじやない。
全曲ベースとドラムだけでいいじやない。
加へるのはピアノ、いつてもギターかサックスでいいじやない。こちとらベースとドラムだけをじつくり聴きたいわけだから。

ベースだけを聴きたい惜しいニューアルバム
『レイド・ブラック』マーカス・ミラー


by ichiro_ishikawa | 2018-07-27 10:37 | 音楽 | Comments(0)  

外国の距離感


Googleアースを眺め世界中を闊歩するのが日課だが、外国の「距離感」、日本でも地方の距離感が感覚的につかめず、モヤモヤすることが多々あり、日本を切り抜いて他の国などに当てはめられるといいのだが…もはやさういふサイトやアプリがあるのでは?、と思ひ立ち、「世界地図、面積、比較、日本」で検索したところ、実際の国の大きさがチェックできるサイト『The True Size Of …』といふ、ズバリのものが一発で見つかつた。

早速やつてみた。
c0005419_18512947.jpg

日本をヨーロッパに当てはめてみる。
稚内をアムステルダムにすると、
パリが函館、バルセロナが伊豆、
ポルトガルが長崎、
モロッコあたりが沖縄といふことが発覚。


c0005419_18544592.jpg
東京をロンドンに当てはめてみると、
マンチェスターが佐渡、
リバプールが能登半島、
ウェールズが敦賀
といふ距離感だ。

c0005419_18565922.jpg
ニューヨークに東京に当てはめてみると、
ニューオーリンズが那覇で、ケベックが北海道。
日本はアメリカの東部の一部でしかない。
とはいへ思つたよりでかい。



by ichiro_ishikawa | 2018-07-26 18:47 | 日々の泡 | Comments(0)  

ものまねメドレー


ものまね芸人がよく、ものまねメドレーをやるが、



クリス・スペディングといふセッションギタリストがゐて、アルバム『クリス・スペディング』(1975)の「ギタージャンボリー」にて、ギターものまねメドレーを披露してゐる。
c0005419_19164561.jpg

レパートリーは、

アルバート・キング→チャック・ベリー→ジミ・ヘンドリックス→ジャック・ブルース(ベース)→ピート・タウンゼント→キース・リチャーズ→ジョージ・ハリスン→エリック・クラプトン→ジミー・ペイジ→ジェフ・ベック→ポール・コゾフ→レズリー・ウェスト→デヴィッド・ギルモア 





ライブバージョン




by ichiro_ishikawa | 2018-07-21 19:09 | 音楽 | Comments(0)  

ジャンプ創刊50年と俺


ジャンプが今日、創刊50年とのこと。
俺がジャンプを読んでゐたのは1978年から85年まで。クオリティ的なピークは1980〜84年の5年間で、
丁度Dr.スランプの連載時期にあたるといふのは象徴的だ。
ジャンプと言へばやはり鳥山明、江口寿史だ。

本来、ジャンプのボスは『男一匹ガキ大将』本宮ひろ志であらうが、俺が読んでゐた時期の本宮は政治ドキュメント漫画『やぶれかぶれ』で、小5の俺にはつまらなかつた。それより本宮の弟子の車田正美『リングにかけろ』『風魔の小次郎』と宮下あきら『激‼︎極虎一家』であつた。ほかにも秋本治、ゆでたまご、高橋陽一、北条司、平松伸二、原哲夫ら錚々たるビッグネームを輩出した当時のジャンプはものすごい。
1983年、小6の夏休みの自由研究が「少年ジャンプのできるまで」であつたことは、もはや当人以外この世の誰も知らない。

1986年以降、全く漫画は読まなくなつてしまつた。
多分読めば面白いのだらうが、ハマるのが怖くて手を出せない。ハマるととことん研究し論文を書かねばならぬ性分だからだ。そんな時間は今はない。

生涯ベスト5

1.あしたのジョー
2.湘南爆走族
3.ちょっとヨロシク!
4.1・2の三四郎
5.Dr.スランプ
6.激‼︎極虎一家
7.中崎タツヤ全作品
8.江口寿史全作品
9.風の谷のナウシカ
10.火の鳥


by ichiro_ishikawa | 2018-07-11 10:36 | 日々の泡 | Comments(0)