タグ:映画 ( 26 ) タグの人気記事

 

特集「スコセッシが影響を受けたギャング映画」


c0005419_2145095.jpg
 アメリカのニュースサイト「The Daily Beast」 に、マーティン・スコセッシが「若く、何かを吸収しようと敏感だった頃に観た、てめえのキャリアに最も影響を与えたギャング映画たち」を書いているので、以下、全文転載する。

Scorsese's Favorite Gangster Movies
by Martin Scorsese


Here are 15 gangster pictures that had a profound effect on me and the way I thought about crime and how to portray it on film. They excited me, provoked me, and in one way or another, they had the ring of truth.
I stopped before the ‘70s because we’re talking about influence here, and I was looking at movies in a different way after I started making my own pictures. There are many gangster films I’ve admired in the last 40 years—Performance, the Godfather saga, Leone’s Once Upon a Time in America, The Long Good Friday, Sexy Beast, John Woo’s Hong Kong films.
The films below I saw when I was young, open, impressionable.


The Public Enemy (1931)
The shocking, blunt brutality; the energy of Cagney in his first starring role; the striking use of popular music (the song “I’m Forever Blowing Bubbles”)—this picture led the way for all of us.

Scarface (1932)
[Howard] Hawks’ film is so fast, so fluid, so funny, and so excitingly expressionistic. The audacity of it is amazing. It was finished by 1930, but it was so violent that it was held up by the censors.

Blood Money (1933)
Rowland Brown, a largely forgotten figure, made three tough, sardonic movies in the early ‘30s, each one very knowledgeable about city politics, corruption, the coziness between cops and criminals. This is my favorite. The ending is unforgettable.

The Roaring Twenties (1939)
In 1939, Raoul Walsh and Mark Hellinger’s classic was seen as a sendoff to the gangster genre, which seemed to have run its course. But it’s more than that. Much more. It plays like a journal of the life of a typical gangster of the period, and it covers so much ground, from the battlefields of France to the beer halls to the nightclubs, the boats that brought in the liquor, the aftermath of Prohibition, the whole rise and fall of ‘20s gangsterdom, that it achieves a very special epic scale—really, it was the template for GoodFellas and Casino. It also has one of the great movie endings.

Force of Evil (1948)
John Garfield is the mob lawyer, Thomas Gomez is his brother, a numbers runner who’s loyal to his customers and his employees. The conflict is elemental—money vs. family—and the interactions between the brothers are shattering. The only gangster picture ever done in blank verse, by Abraham Polonsky. Truthfully, it had as great an impact on me as Citizen Kane or On the Waterfront.

White Heat (1949)
Cagney and Walsh bit into this movie about a psychopathic gangster with a mother fixation as if they’d just abandoned a hunger strike. They intentionally pursued the madness of Cagney’s Cody Jarrett, a psychopathic gang leader with a mother complex. The level of ferocity and sustained energy is breathtaking, and it all comes to a head in the scene where Cagney goes berserk in the dining hall… which never fails to surprise me.

Night and the City (1950)
Desperation, no holds barred. We all loved and admired Richard Widmark from his first appearance in Kiss of Death, but his performance as Harry Fabian marked us forever. As did the rest of this hair-raising picture set in post-war London, the first made by Jules Dassin after he escaped the blacklist.

Touchez pas au Grisbi (1954)
Jacques Becker, who had worked as Jean Renoir’s assistant, made this picture with Jean Gabin, about an aging mobster who is forced out of retirement to save his old partner. The style is elegant and understated, the aura of weariness and mortality extremely powerful.

The Phenix City Story (1955)
A completely unsentimental picture by Phil Karlson that closely follows the true story of wholesale corruption, intimidation, racism, and terrifying brutality in the once-notorious town of Phenix City, Alabama—where it was shot on location… in 10 days! Fast, furious, and unflinching.

Pete Kelly's Blues (1955)
A beautifully made picture, in glorious color and Scope, directed by and starring Jack Webb as a cornet player in the ‘20s whose professional life is infiltrated and turned inside out by a Kansas City gangster (Edmund O’Brien). This kind of situation happened over and over again in the big-band years and later during the doo-wop era. It’s also at the center of Love Me or Leave Me, another tough Scope musical made around the same time.

Murder by Contract (1958)
A highly unusual, spare, elemental picture made on a low budget by Irving Lerner—a lesson in moviemaking. It’s about a hired gunman (Vince Edwards), and it’s from his point of view. The scenes where he’s alone in his apartment preparing for a hit were very much on my mind when we made Taxi Driver, and we studied the haunting guitar score and its role in the action when we were working on the music for The Departed with Howard Shore. For me, an inspiration.

Al Capone (1959)
This sharp, spare low-budget film by Richard Wilson, one of Orson Welles’ closest collaborators, deserves to be better known. Rod Steiger is brilliant as Capone—charming, boorish, brutal, ambitious. There’s not a trace of sentimentality. Wilson also made another striking crime film, Pay or Die, about the Black Hand in Little Italy right after the turn of the century.

Le Doulos (1962)
The French master Jean-Pierre Melville, a close student of American moviemaking, made a series of genuinely great, extremely elegant, intricate, and lovingly crafted gangster pictures, in which criminals and cops stick to a code of honor like knights in the age of chivalry. This is one of the best, and it might be my personal favorite.

Mafioso (1962)
A transplanted northerner living up north with his wife and family (the great Alberto Sordi) goes home to Sicily, and little by little, gets sucked back into the old loyalties, blood ties, and obligations. It starts as a broad comedy. It gradually becomes darker and darker… and darker, and by the end you’ll find the laughs catching in your throat. One of the best films ever made about Sicily.

Point Blank (1967)
This was one of the first movies that really took the storytelling innovations of the French New Wave—the shock cuts, the flash-forwards, the abstraction—and applied them to the crime genre. Lee Marvin is Walker, the man who may or may not be dreaming, but who is looking for vengeance on his old partner and his former wife. Like Burt Lancaster in the 1948 I Walk Alone, another favorite, he can’t get his money when he comes out of jail and enters a brave new corporate world. John Boorman’s picture re-set the gangster picture on a then-modern wavelength. It gave us a sense of how the genre could pulse with the energy of a new era.

by ichiro_ishikawa | 2010-09-12 21:41 | 映画 | Comments(3)  

映画「ストーンズ・イン・エグザイル」


 「70年代初頭、僕らは若く、ハンサムで、愚かだった。いまは愚かなだけだけどね」
  ミック・ジャガー談(2010年、カンヌ)

 今年5月、カンヌ国際映画祭の監督週間で特別上映作品として上映された『ストーンズ・イン・エグザイル~「メイン・ストリートのならず者」の真実』、バウスシアターにて鑑賞。
 exileは、英語のカナ表記にうるさいピーター・バラカンによるとエクサイルらしく、劇中でもミックはエクサイルと言っていた。イギリス発音はおそらくエクサイルだな。そういやヴァン・モリスンも「トゥーロング・イン・エクサイル」と歌ってたな。バラカンガナで言えば「ハッピー」は「ハピ」、「モンキー・マン」は「マンキ・マン」。
 93%の所得税から逃れる為、1971年にフランスへ移ったローリング・ストーンズは『メイン・ストリートのならず者』(1972年リリース)を、南仏のキース・リチャーズの別荘で録音、LAでフィニッシュが行われたのだが、南仏、すげえいい。しかしビル・ワイマンはイギリスの紅茶を筆頭に、生活グッズの違いに不平ばかり言い、終始ホームシックで哀しそうだった。
 それにしても、この頃のミック・ジャガーは抜群に美しいな。
 ブルーズ、リズム&ブルーズ、カントリー、50sロックンロールと、米国南部のルーツ・ミュージック愛が素晴らしく感動的だった。ビル・ワイマンはイギリスが恋しそうだった。
 
c0005419_1374647.jpg
(C)Dominique Tarlé

by ichiro_ishikawa | 2010-07-25 01:52 | 音楽 | Comments(0)  

エセー「レイトショーと俺」


 自宅から程近いジャズの町、吉祥寺は、駅をちょっと離れるといいジャズを流す雰囲気の落ち着いた喫茶店兼バーが多くあり、いいのだが、もうひとつ、バウスシアターという、ラインナップが秀逸な映画館があり、つい先日まで爆音ナイトが開催されていた。
「ソウルパワー」(2008年)をはじめ、マーティン・スコシージ「ラスト・ワルツ」(1978年)、アントン・コービン「コントロール」(2007)、ジャン=リュック・ゴダール「JLG/自画像」(1995)、パーシー・アドロン「バグダッド・カフェ」(1987)、ジャン=マリー・ストローブ「ジャン・ブリカールの道程」(2008)、レオス・カラックス「ポーラX」(1999)、 石井聰亙「爆裂都市 BURST CITY」(1982)、 塚本晋也「鉄男」(1989)、と、凄まじいラインアップを堪能。
c0005419_16133091.jpg
c0005419_1683470.jpg
c0005419_1685242.jpg
c0005419_1692694.jpg
c0005419_16101058.jpg

c0005419_16102873.jpg

c0005419_1617313.jpg
c0005419_16101974.jpg
c0005419_16103715.jpg


 さらに朗報、7月9日と16日の21時からモグワイのライヴ映像の爆音上映決定。その前、7月3日から6日間、ピクシーズのラウドクワイアットラウドの爆音再上映。


 そんな映画づいた勢いで、ゴトシ帰りに独りでレイトショーを見る、というアクションを、10年ぶりにしてみた。レイトショーでやるような「後追い名画」は殆ど見尽くした事、夜のゴトシが増えて物理的時間の確保が難しくなった事、ライブなどと違って同じものが何度も繰り返されるため今この時を逃すことが致命的ではない事、などが、遠のいていた理由だが、一番大きいのは、心のゆとりが出来たからなのやも知れぬ。「あ、こんな事してる場合じゃねえ」という焦燥感に駆られると、落ち着いて2時間座っていられないが、例えば、明日ゴトシ的なのっぴきならぬミッションがあるとしても、その物理的精神的準備はその前に片付ける時間の余裕が出てきたし、もっと目に見えない「何かしなきゃ」、という「何か」も、うすうす正体が分かってきたので、後でやればいい、と「物理的な計画」に組み込むことができるようになったため、今は映画、とどっしりと構えていられるのだった。

 というのは、後からこしらえた理屈で、人に酒宴に誘われ新宿駅で待っていると、武蔵野映画館の看板が目に入ったのだった。
 「ジョニー・トー最新作、『冷たい雨に撃て、約束の銃弾を』
 香港映画は80年代で終わったと思っている俺は、このジョニー・トーだけは認めている。愚直なところがいい。洋の東西を問わず様々なる稚拙な意匠を凝らした女子供相手のエンタメ映画が多い中、バカな男の生き様を、カッコつけることなく(すげえカッコつけてるけどな)、諦念、シニシズムに酔うことなく、ストレートに描く、その手つきがいい。
 今作は、「記憶をなくした男に復讐の意味はあるのか」というテーマが気に入っての鑑賞という事もあったが、実際、それが掘り下げられているわけではない。文芸映画だったら、拍子抜けするところだが、香港映画だから、まあよい、とする。香港映画はそこじゃない。
 俺は映画のテーマにも、脚本や撮影、美術といったテクニカルな部分にもさほど興味はなく(すげえあるけどな)、誰がどんなツラでやるか、特にその眼、こそを見る。この映画は言わずもがな、アンソニー・ウォンがいい(ずっとグラサンだけどな)。

「約束を最後まで守れるかどうかが、本物の男かどうかを図る最大の基準。そういう男たちのドラマを描きたい」 ジョニー・トー(2010)
c0005419_1556263.jpg

by ichiro_ishikawa | 2010-06-22 16:23 | 映画 | Comments(0)  

映画「不朽の名作ベスト5」

公開順(かつ今日の気分、ロック、ランボオ、20代)

「イージー・ライダー」(1969)


「気違いピエロ」(1965)


「タクシードライバー」(1976)


「ノスタルジア」(1983)


「パリ、テキサス」(1984)


「汚れた血」(1986)


「ベティ・ブルー」(1986)


「インディアン・ランナー 」(1991)

by ichiro_ishikawa | 2010-06-21 01:34 | 映画 | Comments(0)  

告知「OUTSIDE社の次回作」


c0005419_11563967.jpg

 映画・動画製作会社OUTSIDEの最新作『海浜警ら隊ピーチ&チェリー』の公式ブログがオープン。

 また、知る人ぞ知るカルト俳優・稲葉凌一を主演に「ダーティハリー」シリーズを超える作品を準備中。
c0005419_11551733.jpg


 ともに、俺、出演予定。満を持して俳優デビュー。
 また、俺脚本・主演のハードボイルド「さよならと言ってくれ」、同社で製作準備開始。第二弾「別にわざわざお前に会いに来たんじゃないんだぜ」も、鋭意執筆中!

by ichiro_ishikawa | 2010-04-06 23:53 | 映画 | Comments(1)  

エセー「未読の真意」


 先の読者アンケートではなんと5万通を超える返答が寄せられたが、見事、「読みたいネタ」・「もううんざりなネタ」の2冠に輝いたのが「小林秀雄」で、今回は、読ませると同時にうんざりさせるという荒業を試みる。

 ご存知の通り、大きくなったら世界一の小林秀雄研究者になる、というのが私の将来の夢だが、実はまだ読んでいない作品がある。「まさか!(ナンセンス!)」と叱責されてもぐうの音も出ない。しかもその作品とは、代表作「本居宣長」なので、世界一なぞどの口が言う、だ。
 一度通しで読んだ。無私の精神で古人の魂に推参した本居宣長、ものすげえ、という事が骨子だろうとはおぼろげながら感じたが、あの大作を一度で「読める」はずもなく、実際、読んだという実感がないのが問題だ。
 なぜ読んでいないかというと、まずなげえ。ただし同じ長編でも「ドストエフスキイの生活」などは何度も読めるし、文庫上中下ぐらいだったら他の小説などは苦もなく行ける。だが文庫上下2巻の「宣長」は、なげえ上に古文で書かれた原典の引用が結構ある、から、そこがきちいのだった。引用の箇所で読書のペースが乱される。ついパタと閉じ、傍らのYouTubeに浮気してしまう。
 読むともなしに眺める、という名著読書法を駆使しつつ、時機が来るのをずっと待っているが、まだ時機じゃないらしい。この時機というのは、てめえの意志とは別の力の作用との合致で訪れるものなので、静かに紫煙を燻らせながら待っている。

 だが、実は一番の理由は、本居宣長を読んでしまうと、あとは本当に再読しか楽しみがなくなってしまう、というのが本音だ。昔、「ダブル・ファンタジー」を聴かないのはそういうことだと松村雄策が言っていたが、別に真似たわけではなく、そういう事は、ままある。新刊「本居宣長」、早く出ねえかなあ…という事だ。

 本・音楽・映画という三大趣味は、それぞれがそれぞれのサイクルで私の気分を支配するが、水村美苗という偉大な作家の発見があり、スタンダールから古井由吉まで、古今東西の文学界を徘徊していたここのところの本の気分がそろそろ終わる気配があり、シメはどうしても小林秀雄となった。やはり別格だ。ブルーズ、ジャズ、ニューオーリーンズ、ロック、前衛、ポップスと聴き散らかしながら、最後にはやはりビートルズが別格と感じるのに近い。いや、ちょっと違うな。じゃあ何か。知らぬ。
 今はあまり読書モードではなく、映画だ。「竜二」と「インディアン・ランナー」「日の名残」「山椒大夫」から始まり、いま「女優・高峰秀子」に通っている。すげえいい。ヒマなわけではない。

by ichiro_ishikawa | 2010-01-25 03:25 | 文学 | Comments(3)  

名作「日の名残り」


c0005419_13521372.jpg


AMAZONの押し売りに易々と屈し、コレクターズ・エディション1,286円、ゲットン・鑑賞。
原作はカズオ・イシグロのベストセラー小説。イギリス紳士の淡くせつない恋。
《監督》 ジェームズ・アイヴォリー
《出演》 アンソニー・ホプキンズ、エマ・トンプソン、ジェームズ・フォックス、クリストファー・リーヴ

原作もものすげえいい。
c0005419_13543444.jpg

by ichiro_ishikawa | 2010-01-07 01:56 | 映画 | Comments(0)  

意外な動き「のだめカンタービレ」


ポップな動きをしよう月間の一環として、
チェックのネルシャツを羽織り、新宿ピカデリーにて
「のだめカンタービレ最終楽章」鑑賞。
c0005419_1355114.jpg

少女マンガ的な擬音や台詞回し、ギャグ、世界観、テレビドラマ的なキャラ設定とストーリー、展開には閉口したが、意外と良かった。
上野樹里はいい。
ラヴェルの「ボレロ」、ガーシュウィンの「ラプソディ・イン・ブルー」はいい。

by ichiro_ishikawa | 2009-12-24 02:12 | 映画 | Comments(0)  

香港と俺


 目まぐるしい多忙さのせいで駄文を書き連ねる事(思索する事)が出来ないでいたが、このままでは過労死しかねないと、安田記念で当てた10万円を握りしめ、すべての仕事を放棄して初めて香港に飛んだ。
 案の定、出発間際の空港ロビーで仕事の電話がガンガンかかってきた。
 挙げ句の果てに「何かあったら電話していいですか?」とか言いやがるので、「してくれるな」と吐き捨てて、携帯電話をゴミ箱に放り投げ、飛行機に飛び乗った。

 香港に着くと、唐突に台風が直撃。さらにこの7月から、香港中、禁煙という制度が敷かれていた。レストランは無論、喫茶店でもバーでも吸えない。要するに食後に一服が出来ない、珈琲やスピリッツを飲みながら紫煙を燻らせる事が出来ない。郷に入りては郷に従う俺は、食後、ただじっとうつむいて黙っているほか無かった。

 地球との相性の悪さがここでも露呈した形となり、逆風が吹き荒れる中、とはいえ今回のトリップの主眼は、煙草を吸う事ではないのであった。それは、「Mr.BOO インベーダー作戦」(原題:売身契/1978年)で、売れないTV司会者役のマイケル・ホイ(許冠文)が、当月唯一の仕事がキャンセル、という電話を受けた時にかじっていた、「あの棒状のモノ」を食う事であった。
 それは、油条(you tiao)と呼ばれる揚げパンで、フランスのどの食卓にもバゲッツがあるように、香港の食卓にはこの油条がある。マイケル・ホイ(許冠文)はチキンなどモノを実にうまそうに食う事で有名だが、俺はこの棒状のモノをいつしか食ってみてえと思っていた。
 そして初見から実に30年、遂に俺はあの棒状のモノを食したのだった。

c0005419_4584075.jpg
c0005419_4184897.jpg
油条と俺


c0005419_419470.jpg
マイケル・ホイ(許冠文)の手形。

c0005419_4191312.jpg
サミュエル・ホイ(許冠傑)の手形。裏方(「Mr.BOO!」のラブホテルの店員役で出演もあり)の次男スタンレー・ホイがないのは兎も角、リッキー・ホイ(許冠英)もなかった…。

c0005419_4192097.jpg
サモ・ハン・キンポー(洪金寶)の手形。

c0005419_422244.jpg

戦利品「サミュエル・ホイBOX(3CD+1DVD)」1,000円

by ichiro_ishikawa | 2009-07-26 04:30 | 紀行 | Comments(0)  

五福星

サンハウスとルースターズの映像をYouTubeで見ていると、ロッカーズの映像も出てきた。言わずもがな、博多つながりだが、ロッカーズのボーカルは陣内孝則で、高い鼻と薄い唇に若干出た顎が欧米風なので、巻き舌の歌唱も、巻き毛のリーゼントと化粧もバッチリ決まっていて、結構いい。
ところで、俺にとって陣内と言えば、ロッカーズでもトレンディドラマでもなく、五福星(原題:奇諜妙計五福星)の主題歌を歌う男、なのであった。
「Super SuperStar」。84年、13歳の夏にすぐトリップ出来る。81〜86年、あの頃の空気、すげえいい。香港映画とプロレスとジャンプ、そして歌謡曲が全盛期であった…。戻りたい、戻れない、狭間で叫ぶ俺がここにいる、いまだに…。もうすぐこの僕も38歳。で、僕のギターにはいつもヘビーゲージ。



ついでにサモ・ハン・キンポーが歌うテーマ曲も。リチャード・ウン&フォン・ツェイ・ファン最高。


ついでに「上海エクスプレス(富貴列車)」のサモ・ハン vs. ユン・ピョウ


最後に。

by ichiro_ishikawa | 2009-05-15 02:05 | 音楽 | Comments(2)