タグ:短歌 ( 6 ) タグの人気記事

 

「短歌について」小林秀雄(1934)


短歌について

1934年6月「日本歌人」(創刊号)

石川君から短歌について意見を徴せられましたが、何んとお答へしたらいゝか、實は意見らしい意見がある程、僕は短歌に親しむでゐないのです。
僕は「萬葉集」を好みます。それも色々讀んだ上での事ではなく、まあ讀んだと人に言ふ事の出來る歌集は、「萬葉集」一つしかないから、さう申し上げるので、この一事を以つてしてもまづお話にならない。従つて僕の短歌についての意見は、實際その道に苦労してをられる方々にはごく無責任な子供らしいものと思はれても仕方がないのです。
近頃の歌壇で、傳統的な格調の正しい歌をよしとするものと、自由に形式を破つて歌はうとする人が互に相争つてゐる樣に見受けます。くはしい議論は勿論僕にはよくわからぬのですが、たゞ僕の好むところを言へば、僕は傳統派です。
僕のわづかな知識によつてみても、歌壇の自由律主張者の歌がどれほど歌壇革命としての意味があるか疑問に思へます。第一廣く形式破壊運動としてみても、藝術の他の領域、例へば畫とか音樂だとか小說だとかの世界で現代烈しく行はれてゐる形式上の革命に較べれば、話しにならぬほど貧弱な中途半端なものと思はれます。革命と言つたつてたかゞ知れてゐる。どうせ反抗するなら何故そんな小さな穴の中で小さな叫びをあげてゐるか。それよりも傳統的な形式を生かさうとする方が、遥かに難かしい仕事であり、やり甲斐のある仕事だとまあ失禮かもしれぬが僕は思つてゐます。
短歌は、今日の文學的表現のうち最も傳統的な表現形式です。最も傳統的な表現形式であるといふ以外に短歌の特殊性があらうとも思へませぬ。それが厭なら他の藝術に赴くべきだ。若々しい反抗的情熱を中途半端な革命のうちで費ひ果すな、といふのが僕の意見であります。
藝術上の形式といふものが、人間の情熱の自由な表現の邪魔をすると單純に思ひこんでゐる人々へ、カントの說いた鳩を例としてジイドがどこかで書いてをりました。さういふ人達は、空氣がなかつたらもつと自由に飛べるだらうと考へる鳩の樣なものだ、といふのです。僕は短歌の形式は今日の情熱や思想をまもるには貧弱な文学形式だと思つてゐるが、その形式は鳩の群れで壊れるほど脆弱なものとは思ひませぬ



様々なる意匠を疑ひ伝統を重視する小林らしい考へであるが、このあと日本が戦争へ突入するなか西行、実朝へと赴き、つひには本居宣長を最後の大仕事にしていく、といふ事をどう考へるか。


by ichiro_ishikawa | 2019-07-04 23:19 | 文学 | Comments(0)  

寺山修司 in 徹子の部屋


7:36〜39の間がおそろしい緊張感。

寺山は抜群に返しと話が面白い。
全文起こしたいが、面倒なのでほんの一部抜粋。

詩人といふ肩書きについて
「詩人つていふのは便利でね。誰が詩人だつて言つても文句言ふことはできないんですよ。浮浪者なんていはれるときには、それいやだつたら詩人て言へばいいんでね。法律で決まつてるわけじないから。便利だからね。だから詩人てことにしてるだけで」

子供の頃
「子供の頃からものは書いてたんですね。小説つていふか、話を作るわけですね。結局、ほら親がいなかつたでしよ。1人で暮らしてたんでね、なんか面白い話しなきや人があまり遊びに来ないんで。正当防衛です。狼が来たの少年みたいなもんでね。口から出まかせいろいろ言つて友達を集めるわけですね。詩でも小説でも結局は上手な嘘のつき方ですからね」

父親について
「僕が四つか五つの頃に戦争に行つたんですね。昭和20年の9月3日に戦死つていふんですよ。ところが9月3日に戦死つていふことはないんですね、8月15日に戦争は終はつてるから。それで、知らないで戦争してるのかと思つたら実際はアル中で死んだらしいですね?」

煙草について
「煙草はね中学の頃吸つてたんですけどね、結局、だんだん吸わなくなつたんですね。僕は煙草は吸ふもんだつていふのは知らなかつたんですね。口に煙を入れて出すもんだつて、ずつと長い間さう思つてて、ある日みんなと話してたら、煙草つていふのは深く吸ふんだつてことを知つて、恥ずかしくなつてやめちやつたんですけどね」
黒柳徹子「それからもうお吸ひにならない?」
「まあ時々カツコつけてね、間が持たなかつたり灰皿があつたりすると吸ひますけど。吸つてるわけじやなくて口入れて煙を出してるつて感じですね」

一本の樫の木やさしそのなかに血は立つたまま眠れるものを
「そんな深い意味は別にないんですけどね。僕はやつぱり木だとか電信柱だとかああいふものもかうやつぱり夜になると眠るのかなつていふのを子供の頃不思議に思つてたんですよね、それとまあ、よく分かんないですけどね、パリは立つたまま眠つてるつていふユリアールの有名な言葉があるんですよ、それで結局立つたまま死んだ馬もゐるしね、で、だいたい人間はかう最後まできちつと立つてゐたいつていふのがあるんですね、さう思つてた頃に作つたんじやないですかね」

若い時分ネフローゼで入院
黒柳徹子「どのくらいの期間、入院していらしたんですか」
「4年」
黒柳徹子「まぁー…。その間どういふ…ことを考えてらしたんですか」
「いや、そのときそのときで。そんな長期的展望に立つて入院してたわけじやないからね。いつも来週退院すると思つてて、計算してみたら4年になつてたつてこと」

なぜ競馬が好きか
「普通の世の中だと働いたら働いた分だけ月給が入つてくる感じでしよ。会社入つたら新入社員で入つた日から定年まで、サラリーマンだったら一生の賃金が決まつてて。やつぱりいいうちに生まれた人はいいけど、そうじやない人は運が悪かつたつて諦めるしかないじやない。競馬なんていふのは非常に偶然があつてね。全く思ひがけないやうな幸運があつたりするわけですよね。世の中で手に入らない興奮があるんですよね。もしかしたら俺は今日はついてるかもわからないつて思つて行くわけでしよ」

「やつぱり当たるときもあるし、外れてるときもあるしね。で、やつぱり素人の人はトータルすると損してますか儲かつてますかつて聞くんですね。で僕はだいたいさういふときいつも言ふのは、芝居見に行つてトータルして泣いてますか笑つてますかつて聞かないでしよつて。やつぱり、損したくて行くときもあるんですよ。要するに、ただ儲けるんだつたら馬券買ふお金を銀行とか殖産なんとかそんなとこにお金を預けておけば利息が付くわけだけども、全部なくなつちやいたいと思ふときもあるし、突然なんかやつぱり儲けたいと思ふときもあるし。だから、悲劇ばつかりでもつまんないけれども、やつぱり喜劇ばつかりでもつまんないつていふのがあるんですね。だから芝居観に行くみたいなものですね、競馬つていふのは」

「馬も持つたこともあるんですよ。ユリシーズなんて壮大な名前の。いまはマザー牧場かなんかで子供が乗つて遊んでますよ」





素晴らしき仲間の年齢関係

※(  )はタモリからの差異


赤塚不二夫 1935年9月生まれ(10上)

山下洋輔 1942年2月生まれ(4上)

坂田明 1945年2月生まれ(1上)

タモリ 1945年8月生まれ

長谷川法世  1945年9月生まれ(同郷同学年)

中村誠一 1947年3月生まれ(1下)

三上寛 1950年3月生まれ(4下)


披露される芸

タモリとの出会い再現 by タモリ×中村誠一

中国人と話す秘訣 by タモリ

寺山修司同士の議論 by タモリ×三上寛

前衛童謡 by 坂田明

田中角栄 by 坂田明

革新野党の角栄×自民党角栄 by タモリ×坂田明

圓生、ジャズの歴史を語る by 中村誠一

シュール芝居(天井桟敷ごつこ)

いい観客、山下洋輔



by ichiro_ishikawa | 2018-03-27 20:28 | 文学 | Comments(0)  

抜き書き「実相観入」


 写生とはsketchという意味ではい、生を写す、神を伝えるという意味だ。この言葉の伝統をだんだん辿って行くと、宋の書論につき当る。つまり禅の観法につき当るのであります。だから、斎藤氏は写生を説いて実相観入という様な言葉を使っている。空海なら目撃というところかも知れない、空海は詩を論じ、「須らく心を凝らして其物を目撃すべし、便ち心を以て之を撃ち、深く其境を穿れ」と教えている。心を物に入れる、心で物を撃つ、それは現実の体験に関する工夫なのである。

 と、小林秀雄が言ってた。斎藤とは茂吉の事。小林と同時代の歌人。
 俺が最近、茂吉の歌論を読んで、なるほど、小林秀雄みたいな事を言うな、と思ったことは、以前書いたが、そういや小林も茂吉について何か書いていたよな、と思い出し、だがあれは文庫ではなかったはずだ、俺に最も親しい文庫なら、茂吉の歌論を読む前に既にその箇所に気づいていたはずだ、すると、ものによっては一読しかしていない全集の中の一つだろうと目星を付け、全集をひっくり返して、見つけたのが上記の文章だ。所要時間5時間。なかなか見つからなかったのもあるが、ところどころで別のものを読んでしまったりで、時間がかかった。まあそれはどうでもいいな。
 いずれにせよ、上記の考えは、小林秀雄の根本をなしているもので、基本的に、どの文章でもそういう事を言っている。そういや、岡潔との対談で、自分が確信した同じ事ばかりを何度も繰り返し繰り返し書いている、そこがいい、と岡を褒めていたが、小林自身もそうだ。
 小林は人の事について書いてばかりいるが、それは自分の事でもあり、要は自他の区別がなくなっているイタコ的文章、すなわち無私の精神に常に貫かれているのであった。

by ichiro_ishikawa | 2010-03-11 00:09 | 文学 | Comments(0)  

エセー「黒く塗れ」


 私が昔、絵を習っていた事を知っているのは、今執筆中の「本末転倒くん」のラフを見た人なら、さもありなん、とごちるだろうが、何を習ったかは思い出せない。習わなくても上手かったことは確かだ。
 だがひとつ、鮮明に覚えている事がある。
 風景の写生で、木々の色を塗っていたとき、「果たしてそんな色か? よく見てみん」と先生がいうので、よく見てパレット上に色を作り、塗り塗りしていた。当時既に10歳ぐらいで、「葉っぱ=緑」という合理的な知恵が宿ってしまっていた私は、緑ベースで黒を混ぜるというイージーな混色を施していた。業を煮やした先生は貸してみろと言って、人のパレットに赤やら群青色やらを混ぜて行った。「葉っぱなのに赤とか混ぜるつけ!」と意外に思っていたが、実際、何かそれらしくなっていったので、世界はそういう塩梅か…と感心しながら、彩色を続けていた。
 すると今度は、重なる葉っぱの暗い部分に話は移行。先生は「果たしてそんな明るいか?」と、またもやおむづかりのご様子。黒を徐々に混ぜて行くが、どうしても「あの色」にならない。先生は再び人のパレットに黒をブワーッと垂らし、それを筆ですくうと少しだけ赤と緑を混ぜて、画用紙にベタッと塗った。それにより、私の絵はグッと良くなったのを自分でも認めた。「ここ、こんなに黒かったつけ! ほとんど漆黒だったつけ!」。
 絵は春の風景なので陽光やら青く茂る葉っぱ、色とりどりの花や、済んだ空が基調で、全体として明るい絵なのだが、先生の補助のもと仕上げた私の絵は、他の生徒と一線を画す、「本当な風景」の絵になったという充足感があった。それは、葉っぱの赤、そして何より、点在している漆黒の存在だ。全体を見るとその漆黒はまったく目に入らないのだが、それがあるのとないのではリアリズムが全然違っている事を使用前を知っている当人は知っていた。
 以来、意外とすげえ黒が世界には点在しており、その黒が世界を引き締めている、と私は思うようになった。後年、谷崎の「陰影礼賛」に出会い、陰影を礼賛するようになり、やがて、うんと援用して、その黒は、一見「無用」のもの、という抽象概念となり、私の心を巣くうに至った。その無用の価値というものに惹かれた。
 おそらく、ロックとか文学とか映画とか美術という、今でもわりと私が大事に思っている芸術(厳密な意味ではない)というものは、つまり、世界におけるその黒であり、無用という価値で成り立っている。それらは現実の見えない真実を、非現実によって照射する。

 以下、最近読んで感銘を受けた中井英夫「黒衣の短歌史」から抄録。
 
 文学が一度でも「有用」だった試しがあるだろうか。少なくともそう勢ったがさいご、何とも言えぬ微妙な臭いがまつわる

 もともと空しいもの、その代わり限りなく美しいもの以外に短歌の本質があるだろうか。作品の背後で紫色に散る火花の激しさだけが肝心なので、そこに消耗される無駄の多寡こそ作品の良否の岐れ目だ

 心の鬱する日に初めて風景はかがやき、蝕まれた人の瞳孔にだけ春は小さく明るいはずだ

by ichiro_ishikawa | 2010-02-21 03:25 | 文学 | Comments(0)  

抄録「写生に就いて」


 実相に観入しておのずから感ずる衝迫、すなわちうたごごろを歌い上げることが、写生であり、短歌の根本である。ひとつの方法や主義というものではない。いわば芸術全般の根本である。あまりにも簡明で物足りなくとも、真相とはこういう当たり前の事、常識なのである。ただこの当たり前の事を実行する人は少ない。この実相への観入を緩めまいと努める事は大変難しいが、それが全てある。実相実相へと歩兵のようにひたすら歩むだけだ。観入の実行を突き詰めて行けば、感動は自ずから流露する。

 まるで小林秀雄の言葉のようだが、「斎藤茂吉歌論集」の要約である。全編に渡ってただそれだけを説いている。その歌への覚悟は痛切極まりない。

by ichiro_ishikawa | 2010-02-14 22:20 | 文学 | Comments(0)  

感想「授賞式」


 短歌というのは、散文的に書き連ねて行けば何千何万字にもなることを5・7・5・7・7のリズムに乗せた31字に凝縮した文学で、迸る抒情を、ときに内面の抑えきれない濃厚で執拗な燃えたぎる激情を、自然など他者への視点を絡めて覚めた目で、毅然と慎ましく表現していくもので、ロックに近いものを感じる。

 先日、短歌・俳句のある賞の授賞式で、受賞者がスピーチを行う場面に立ち会った。先に俳句の受賞者のスピーチが終わると、ガッチガッチにあがっていた短歌の若い彼は、ゆっくりと深呼吸をして壇上へのぼった。両肩が定位置より3cmほどあがっている。第一声から声が裏返る。結局、終始、朴訥にもほどがあるという、途切れ途切れの物言い、言葉が出てこず30秒ぐらい沈黙してしまう場面も度々、という非常にショッキングなものだった。俳句の受賞者がメモを片手に内容も表現もある流麗なスピーチを行ったあとだけに、その差は際立った。
 だが、間違いなく良いスピーチだと思ったのは短歌の彼で、一言一句が深く心に突き刺さった。俳句のスピーチは話が達者という印象は強かったが、内容が思い出せない。来歴を語り、師のおかげ、みんなに感謝みたいな、アメリカンな、ゴッド・ブレス・ユー的スムースなスピーチだったという形式的な事が思い出されるばかりだ。

 短歌の彼は次のような事を受賞スピーチで言っていた。生まれ育ち今も住んでいる北海道というのは「郊外」、それも他の郊外と違い、郊外を郊外たらしめる中心部というものを持たない郊外である。短歌という歴史的伝統のあるものを、歴史から切り離された独立した「郊外」で生む特殊性、のようなことを語ろうとしていた。また、かつて自分が短歌に魅せられた瞬間のその初期衝動こそが歌う源にある、と。
 難しい事を言おうとしたわけではない。自分の立ち位地を明確に語り、率直に今後の抱負を述べたにすぎない。真面目で誠実。オバマの影響でスピーチへの関心が日本でも多少は高まっている節があるが、要はものをきちんと考えていて、誠実に伝えようとする、その誠意だけが問題だ、技術は二の次、三の次。とにかく、久しぶりに非常にいいものを見た。

砂利道を行く自転車のやうにわが心はパンクぎりぎりである
麦揺れて風はからだをもたざれど鳥類であることをみとめる
調律師のゆたかなる髪ふるへをり白鍵がなりやみてもしばし
飼ひ犬が死んだと君が泣きじゃくる午後すらもほのぼのと海鳴り
僕らには未だ見えざる五つ目の季節が窓の向こうに揺れる
地に落ちる水の未来をおもふとき涙はふいに逆流をする
積乱雲に呼ばれたやうな感覚を残して夏の曲馬団去る
(山田航「夏の曲馬団」50首より抜粋)

by ichiro_ishikawa | 2010-01-24 21:00 | 文学 | Comments(0)