タグ:music ( 496 ) タグの人気記事

 

長渕剛1988-94


長渕とBOØWYはともに1986〜1987年にピークを迎えた。『ステイ・ドリーム』と『ライセンス』、『ビート・エモーション』と『サイコパス』である。『ステイドリーム』と『ビートエモーション』で頂点に立ち、『ライセンス』と『サイコパス』で不動の地位を築いた。
といふことはこれまで散々検証してきたが、その後についてはあまり言及してこなかつたことにふと思ひ至つた。
Apple Musicに88年以前の長渕のカタログがアップされてゐないため89年以降の楽曲ばかりを聴いてゐるうちに、この時期、1988年「とんぼ」以降の長渕を詳しくみるといふことをやつてゐないことに気づきいたので、氷室と布袋のソロ初期との比較で検証していく。


不動の地位構築

1987


〈LIVE'87 LICENSE〉(1987年12月3日終了)

BOØWY〈DR.FEELMAN'S PSYCHOPATHIC HEARTS CLUB BAND TOUR〉(1987年12月24日終了、解散)



一旦総決算

1988前半


長渕は、1980年のヒット曲「乾杯」を始め過去の捨てきれない名曲を“今”の声で歌い直した『NEVER CHANGE』をリリースする。

一方、解散したBOØWYは、ソロ活動前にファンへの置き土産的に、できたばかりの東京ドームでラストギクズを敢行。

ともに新しいステージに向かふ前に一旦過去を総決算した。


「乾杯」(1988年2月5日)

「NEVER CHANGE」(1988年3月5日) 

BOØWY〈LAST GIGS〉(1988年4月4日、5日)

〈LIVE'88 NEVER CHANGE〉(1988年4月20日〜6月19日) 

『NEVER CHANGE』(1988年5月25日) 


 


ヤクザ路線への進出による業界制圧

1988


BOØWY〈LAST GIGS〉直後の夏、氷室は早速ソロ活動をスタート。布袋も秋にはソロプロジェクトに入る。

そんな中、長渕は映画『竜二』や『仁義なき戦い』の影響の元、庶民派の怒れる兄ちゃんからの脱皮を目指し、その怒りと悲しみはそのままヤクザとして社会に叩きつけることになる。


氷室京介「ANGEL」(1988年7月21日)

氷室京介『FLOWERS for ALGERNON』(1988年9月1日)

布袋寅泰『GUITARHYTHM』(1988年10月5日)

氷室京介「DEAR ALGERNON」(1988年10月7日)

テレビドラマ『とんぼ』(1988年10月7日〜11月25日) 

「とんぼ」(1988年10月26日) 




過激な暴力描写への渇望から映画へ

1989


ドラマ「とんぼ」において、敵方チンピラ(寺島進)の耳をナイフで削ぎ落とすシーンを巡り金八先生などのPでもあり、“俳優長渕”を見出したTBSの盟友、柳井満と揉め、脚本の黒土三男と共に銀幕へと舞台を移す。

布袋はなんと吉川晃司と「パーマネントな」(布袋談)ユニット結成。ツインタワーによる外タレのような、日本初のロックユニットが誕生した。氷室は「こんなことをしたいために解散したのか?」と布袋に苦言を呈しながらも、着実にソロ2年目を歩む。ソロシンガー氷室京介を象徴する「Misty」を放つ。


「激愛」(1989年2月8日)

映画『オルゴール』(1989年3月11日)

『昭和』(1989年3月25日) 

〈LIVE'89 昭和〉(1989年3月29日〜7月14日) 

COMPLEX「BE MY BABY」(1989年4月8日)

COMPLEX『COMPLEX』(1989年4月26日)

氷室京介「SUMMER GAME」(1989年7月26日)

氷室京介「MISTY〜微妙に〜」(1989年9月6日)

氷室京介『NEO FASCIO』(1989年9月27日)

「しょっぱい三日月の夜」(1989年12月8日)

映画『ウォータームーン』(1989年12月16日)




無敵街道1

1990


ソ連、ベルリンの壁崩壊。冷戦の終結といふ硬派で重苦しい空気の元、布袋は吉川とCOMPLEXで2枚目のアルバムを作るも、「前に出たいB型同士」(吉川談)のユニットは必然的な破綻を迎へる。氷室は当時絶頂期の浅野ゆう子主演によるトレンディドラマ『恋のパラダイス』主題歌一本で、創作的には一時充電をはかる。

そんな中、長渕は渾身の名作『JEEP』をリリース。紅白歌合戦にも初出場。3曲を、ベルリンのフランス聖堂から生中継させ、北島三郎を怒らせる。中継では松平定知アナのトークを完全無視して、現場の仕切りの悪さからNHKスタッフをタコ呼ばわりする発言に終始。


COMPLEX「1990」(1990年3月14日) 

COMPLEX『ROMANTIC 1990』(1990年4月18日)

氷室京介「JEALOUSYを眠らせて」(1990年5月16日)

「JEEP」(1990年7月25日) 

『JEEP』(1990年8月25日) 

〈LIVE'90 - '91 JEEP〉(1990年9月22日〜1月18日

『紅白歌合戦』出演(1990年12月31日)




無敵街道2

1991-92


ロックバラツドを追求する一方、ポピュラリティをキチツとした形で獲得することが難しくなるといふジレンマを抱へていた1991年を経て、氷室は「マリオネット」的ビートナンバー「Kiss Me」で封印してゐたBOØWY路線を一発ぶち、セールス的にボウイを超えることに成功。しかしあまりにもBOØWY的すぎることの照れからかB面に「YOU'RE THE RIGHT 」を配し「本来やりたい方向」を示しもする。

一方布袋はCOMPLEXの破綻を経て改めてソロプロジェクト、ギタリズムを、海外のミュージシャンとの出会ひを軸に極めて行く。

そんな中、長渕は初のフジでのドラマ「しゃぼん玉」でやりたい放題。スタッフへの暴力、国生さゆりとの不倫がマスコミに取り沙汰される。音楽創作のクオリティは絶好調で、名盤『JAPAN』を作り上げ、まだまだカリスマをキープする。


氷室京介「CRIME OF LOVE」(1991年2月27日)

氷室京介『Higher Self』(1991年4月6日)

布袋寅泰「BEAT EMOTION」(1991年6月29日)

布袋寅泰『GUITARHYTHM II』(1991年9月21日)

テレビドラマ『しゃぼん玉』(1991年10月10日〜12月16日) 

「しゃぼん玉」(1991年10月25日)

布袋寅泰「YOU」(1991年12月4日)

『JAPAN』(1991年12月14日) 

氷室京介『Memories Of Blue』(1992年1月7日)

氷室京介「Urban Dance」(1992年2月26日)

〈LIVE'92 JAPAN〉(1992年3月6日〜5月19日) 

布袋寅泰「LONELY★WILD」(1992年7月22日)

布袋寅泰『GUITARHYTHM III』(1992年9月23日)

「巡恋歌'92」(1992年10月28日) 

氷室京介「Good Luck My Love」(1992年11月7日)

氷室京介「KISS ME」(1992年12月7日)

〈LIVE JAPAN'93〉(1993年2月14日〜5月27日) 




インドからの帰還

1993-94


布袋がポップなシングルを連打しポピュラリティの本格的な獲得の方向に舵を取り、『Memoris of Blue』でソロとしてBOØWYに追いついた氷室が次なるステージを模索してゐたころ、業界で強力な大権力を手にしてゐた長渕は、裸の王様的な側面が強くなり、坊さんに2億円を騙し取られるなどの事件もあつて人間不信に陥り、インドへ。1986年のハングリーツアー失敗以来の人生の転機を迎える。以降、楽曲は自己模倣、生彩を欠き、多くの一般的ファンが離れるが、40代より肉体及び精神改造をはかり現在のニュー長渕剛として復活を果たす。


布袋寅泰「さらば青春の光」(1993年7月28日) 

「RUN」(1993年9月22日)

テレビドラマ『RUN』(1993年10月15日〜12月24日) 

『Captain of the Ship』(1993年11月1日)

布袋寅泰「サレンダー」(1994年3月30日)

布袋寅泰『GUITARHYTHM IV』(1994年6月1日)

氷室京介『VIRGIN BEAT』(1994年8月29日)

〈LIVE'94 Captain of the Ship〉(1994年9月9日〜9月24日) 急病により中止

氷室京介『SHAKE THE FAKE』(1994年9月26日)



by ichiro_ishikawa | 2018-07-07 02:37 | 音楽 | Comments(0)  

ゲスバンバン新作ラッシュ


ゲスの極み乙女。ニューアルバム『好きなら問わない』からの先行配信シングル「オンナは変わる」


バンバンバザール最新アルバム『えとらんぜ』トレイラー



by ichiro_ishikawa | 2018-06-23 00:41 | 音楽 | Comments(0)  

緊急リリース 長渕剛「 Amen」


緊急リリース
長渕剛「 Amen」



by ichiro_ishikawa | 2018-06-20 09:32 | 音楽 | Comments(0)  

聴き比べ「Don't Think Twice」



長渕 剛


Bob Dylan


Peter, Paul and Mary


Elvis Presley

Eric Clapton


Tedeschi Trucks Band




by ichiro_ishikawa | 2018-06-15 20:11 | 音楽 | Comments(0)  

コステロ新曲はスクイーズのカバー

唐突にコステロがスクイーズの昔の曲をカバーしたニューシングルをリリースしたことで、俺界隈はいま騒然としてゐる。

「Someone eles's Heart」である。これは名盤中の超名盤、1981年、スクイーズ4枚目のアルバム『EastSide Story』の中の渋い佳曲だ。
コステロはこのアルバム全体のプロデュースを務めてゐるから、縁はあるどころか、深い関係がある。



しかしなぜ今この「Someone eles's Heart」か。
Apple Musicで配信されてゐる以外に情報がない。
推測欲を駆り立てる。次稿にてやる。

と思ったら、情報が見つかつた。


2018年のレコード・ストア・デイに合わせてエルヴィス・コステロが7インチ・シングルを限定リリース!彼がプロデュースしたスクイーズの名作『イースト・サイド・ストーリー』(1981年作)の発売30年目に当たる2011年にかねてよりコステロ・フリークを公言していたザ・ルーツのクエストラヴ、キャプテン・カーク、F・ナックルズ、オーウェン・ビドル、そしてレイモンド・アングリー(ロバート・ランドルフ&ザ・ファミリー・バンド)という異色のメンバーで『イースト・サイド・ストーリー』収録曲をカヴァーしながらもお蔵入りとなっていた貴重な音源をシングル・リリース! このセッションがきっかけとなりルーツとのコラボレーション・アルバム『ワイズ・アップ・ゴースト』(13年作)制作に繋がったというコステロの歴史の中でも重要なポイントを占める作品。初期のコステロ・サウンドを再現しているかのような軽快なロック・サウンドで、カップリングは同曲のインストゥルメンタルを収録。ジャケットはスクイーズのEP『45's And Under』(81年)のオマージュとなっており、コステロ・ファンだけでなくスクイーズ・ファン見逃せません! 

発売・販売元 提供資料 (2018/03/13)
とのこと。なるへそ。


by ichiro_ishikawa | 2018-06-12 00:53 | 音楽 | Comments(0)  

高2〜大4までの中森明菜


前に中森明菜黄金期1982〜1988年の軌跡を辿つたが、改めて一般的な学年に当てはめて辿りなおしてみることにしよう。デビューからの6年間、高校2年〜大学4年である。つまり一般の人間が社会人になる前にすでに重要な仕事を全てやり終へてゐた。


高校2年(デビュー1年目/アイドル時代)
「スローモーション」16歳
1982年5月1日
作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお 
★★★★☆


「少女A」17歳
1982年7月28日
作詞:売野雅勇/作曲:芹澤廣明 
★★★★☆


「セカンド・ラブ」17歳
1982年11月10日
作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお 
★★★★☆


「1⁄2の神話」17歳
1983年2月23日
作詞:売野雅勇/作曲:大沢誉志幸 
★★★★☆


高校3年(デビュー2年目/アイドル時代)
「トワイライト -夕暮れ便り-」17歳
1983年6月1日
作詞:来生えつこ/作曲:来生たかお 
★★★☆☆


「禁句」18歳
1983年9月7日
作詞:売野雅勇/作曲:細野晴臣
★★★★☆


「北ウイング」18歳
1984年1月1日
作詞:康珍化/作曲:林哲司
★★★★★



大学1年(デビュー3年目/新境地時代)
「サザン・ウインド」18歳
1984年4月11日
作詞:来生えつこ/作曲:玉置浩二
★★★☆☆


「十戒 (1984)」19歳
1984年7月25日
作詞:売野雅勇/作曲:高中正義 
★★★★☆


「飾りじゃないのよ涙は」19歳
1984年11月14日
作詞・作曲:井上陽水 
★★★★★




「ミ・アモーレ〔Meu amor é・・・〕」19歳

 1985年3月8日

 作詞:康珍化/作曲:松岡直也

★★★★★★★




大学2年(デビュー4年目/名曲時代)
「SAND BEIGE -砂漠へ-」19歳
1985年6月19日
作詞:許瑛子/作曲:都志見隆
★★★★★


「SOLITUDE20歳
1985年10月9日
作詞:湯川れい子/作曲:タケカワユキヒデ
★★★★★★★


「DESIRE -情熱-」20歳
1986年2月3日
作詞:阿木燿子/作曲:鈴木キサブロー
★★★★☆



大学3年(デビュー5年目/名曲時代)
「ジプシー・クイーン」20歳
1986年5月26日
作詞:松本一起/作曲:国安わたる
★★★★★


「Fin」21歳
1986年9月25日
作詞:松本一起/作曲:佐藤健
★★★★★


「TANGO NOIR」21歳
1987年2月4日
作詞:冬杜花代子/作曲:都志見隆
★★★★★



大学4年(デビュー6年目/名曲時代)
「BLONDE」21歳
1987年6月3日
作詞・作曲 Biddu-Winston Sela 
麻生圭子(日本語詞) 
★★★★★★



「難破船」 (カバー)22歳
1987年9月30日
作詞・作曲:加藤登紀子
★★★☆☆


「AL-MAUJ (アルマージ)」22歳
1988年1月27日
作詞:大津あきら/作曲:佐藤隆
★★★★★



by ichiro_ishikawa | 2018-05-21 16:57 | 音楽 | Comments(1)  

長渕剛全アルバムの評価


長渕剛がニューシングル「Don't Think Twice」をリリースした。ファーストアルバムから40年、ピークの「とんぼ」から30年、ずつとポピュラー音楽界の第一線に居るといふのは凄いことだ。
下のリストのやうに1979年の本格デビューからいきなり名盤を発表し、以後15年間、名作をリリースし続けた。年齢でいへば22歳から37歳。
やはりミュージシャンの旬は20〜30代半ばなのだらう。
その後、現在までの約25年間は作品的には見るべきものは無い。けれど、居なくなつてはない。
普通は40代になると良くてプロデューサー、裏方に回り、じしんは小さい小屋に拠点を移して細々とライブを続けるといふのが王道だらう。
しかし、長渕は、肉体改造や桜島や富士山での大動員ライブなどコンスタントに型破りな活動を行い、セールスや人気をトータルではキープし、ずつと前線で一流のポップミュージシャンとして君臨し続けてゐる。
これは凄いことだ。


アルバム一覧


風は南から(1979年3月5日) ★★★★☆

逆流(1979年11月5日) ★★★★☆

乾杯(1980年9月5日) ★★★★☆

Bye Bye(1981年10月1日) ★★★★☆

時代は僕らに雨を降らしてる(1982年9月1日) ★★★★☆

HEAVY GAUGE(1983年6月21日) ★★★★☆

HOLD YOUR LAST CHANCE(1984年8月18日) ★★★★☆

HUNGRY(1985年8月22日) ★★★★☆

STAY DREAM(1986年10月22日) ★★★★★

LICENSE(1987年8月5日) ★★★★★

NEVER CHANGE(1988年3月5日) ★★★★☆

昭和(1989年3月25日) ★★★★☆

JEEP(1990年8月25日) ★★★★☆

JAPAN(1991年12月14日) ★★★★☆

Captain of the Ship(1993年11月1日) ★★★★☆

家族(1996年1月1日) ★☆☆☆☆

ふざけんじゃねぇ(1997年9月3日) ★☆☆☆☆

SAMURAI(1998年10月14日) ★☆☆☆☆

空(2001年6月27日) ★☆☆☆☆

Keep On Fighting(2003年5月14日) ★☆☆☆☆

Come on Stand up!(2007年5月16日) ★★☆☆☆

FRIENDS(2009年8月12日) ★☆☆☆☆

TRY AGAIN(2010年11月10日) ★☆☆☆☆

Stay Alive(2012年5月16日) ★☆☆☆☆

BLACK TRAIN(2017年8月16日)★★☆☆☆





by ichiro_ishikawa | 2018-05-17 19:27 | 音楽 | Comments(0)  

今週のスポットライト20180517

今週のスポットライト20180517


ゲスの極み乙女。
「もう切ないとは言わせない」


長渕剛 
「Don't Think Twice」


by ichiro_ishikawa | 2018-05-17 11:37 | 音楽 | Comments(0)  

1986年の日本の音楽シーン


1986年といふのはすごい年で、毎週のように、いや毎日、下手したら1日に何枚も、後年に残る名曲がリリースされてゐた。以下、時系列に並べる。

c0005419_00160666.jpg


1月

1月1日

吉川晃司「キャンドルの瞳」

新田恵利「冬のオペラグラス」


1月21日
とんねるず「歌謡曲」

うしろゆびさされ組「バナナの涙」


1月22日

渡辺美里「My Revolution」



2月

2月1日
BOØWY「わがままジュリエット」

国生さゆり with おニャン子クラブ「バレンタイン・キッス」


2月3日

中森明菜「DESIRE -情熱-」


2月5日

中山美穂「色・ホワイトブレンド」

本田美奈子「1986年のマリリン」


2月21日

おニャン子クラブ「じゃあね」

吉川晃司「MODERN TIME」



3月

3月1日

BOØWY『JUST A HERO』

3月3日
BOØWY「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「わがままジュリエット」)、「オールナイトフジ」出演(「JUSTY」「MISS MYSTERY LADY」「わがままジュリエット」)


3月21日

斉藤由貴「悲しみよこんにちは」




4月

4月5日

KUWATA BAND「BAN BAN BAN」


4月10日

新田恵利「恋のロープをほどかないで」


4月21日

おニャン子クラブ「おっとCHIKAN!」

TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」


4月26日 
BOØWY「5時SATマガジン」ボーリング大会出演

4月30日

小泉今日子「100%男女交際」

長渕剛 「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(Don't Cry My Love)



5月

5月1日

1986 OMEGA TRIBE「君は1000%」 


5月2日

レベッカ「RASPBERRY DREAM」


5月16日

中山美穂「クローズ・アップ」

5月26日

中森明菜「ジプシー・クイーン


5月28日
とんねるず「やぶさかでない」

杉山清貴「さよならのオーシャン」


5月30日
BOØWY 「いきなりフライデーナイト」出演



6月
6月7日(〜8月16日)
長渕剛 ドラマ『親子ゲーム』スタート

6月21日
山下久美子「FLIP FLOP & FLY」

6月29日

FIFAワールドカップメキシコ大会 マラドーナ擁するアルゼンチン優勝




7月

7月1日

安全地帯「プルシアンブルーの肖像」 


7月2日
長渕剛「SUPER STAR」
BOØWY 日本武道館ライブ

BOØWY ビデオ「BOØWY VIDEO」発売


7月5日

KUWATA BAND「スキップ・ビート」

KUWATA BAND「MERRY X'MAS IN SUMMER」


7月10日

小泉今日子「夜明けのMEW

7月21日
山下久美子「GIRL-FRIEND」「BOY-FRIEND」

おニャン子クラブ「お先に失礼」


7月31日
BOØWY『“GIGS” JUST A HERO TOUR 1986』




8月

8月1日

新田恵利「不思議な手品のように」


8月4日

BOØWY 新宿都有3号地「ウォーター・ロック・フェス」


8月5日
とんねるず「寝た子も起きる子守唄」

8月7日

1986 OMEGA TRIBE「Super Chance」


8月14日

石井明美「CHA-CHA-CHA」


8月21日

中山美穂「ツイてるねノッてるね」


8月23日

とんねるず 映画『そろばんずく』公開




9月

9月25日

中森明菜「Fin」 


9月29日
BOØWY「B・BLUE」

9月30日
吉川晃司「すべてはこの夜に」



10月
10月1日
山下久美子「SINGLE」

10月21日
とんねるず「人情岬」
長渕剛『STAY DREAM』



11月

11月1日

おニャン子クラブ「恋はくえすちょん」


11月5日
BOØWY『夜のヒットスタジオDELUXE』出演
(「B・BLUE」)

11月8日
BOØWY『BEAT EMOTION

11月 11日
とんねるず TV火曜ワイスペ 『とんねるずのみなさんのおかげです Part.1』

11月15日

 BOØWY 「オールナイトフジ」出演(「B・BLUE」「BEAT SWEET」「ONLY YOU」)


11月19日

小泉今日子「木枯しに抱かれて」


11月21日

中山美穂「WAKU WAKUさせて」




12月
12月3日
BOØWY「夜のヒットスタジオDELUXE」出演(「Only You」)

12月12日
BOØWY 「いきなりフライデーナイト」出演(氷室と高橋のみ)

12月28日
とんねるず『キャニオン初』


by ichiro_ishikawa | 2018-04-27 22:19 | 音楽 | Comments(0)  

とんねるず1984-86


とんねるず1984〜86年はすげかつた。
俺は中1〜3で、土曜深夜オールナイトフジから平日夕方に降りてきた夕やけニャンニャンは1985年4月にスタートしたのだが、部活真っ只中であつたため、夕方5時は見られず、夏休みや冬休みにやつてゐた総集編などでまとめて観るに留まつてゐた。
1986年の夏、部活を引退したときから本格的に見始めたときはもはや後期で、すでに安定化へ向かつてゐたが、それでもまだねるとんやみなさんのおかげですが始まる前で、オールナイトニッポンも全盛期。すげえ、かつけえ、おもれえ、と思ひながら、追つていたのだつた。
それがここへきてYouTubeにたくさんアップされており、往時にタイムスリップしてゐる昨今。
以下、とんねるず、全盛期ベスト。










by ichiro_ishikawa | 2018-04-25 18:43 | 音楽 | Comments(0)