タグ:music ( 519 ) タグの人気記事

 

SUZY SUSIE「リトル・スージー」


ひよんなことから、発掘した。
懐かしのSUZY SUSIE「リトル・スージー」(1993)

レコード屋でバイトしてゐて、入荷される全新譜を聴いてゐた頃に出会つた一発。


オリジナルはちわきまゆみ。


ちわきまゆみと言へば、BOØWY同時代ロッカーで、
氷室の友人。



by ichiro_ishikawa | 2018-09-18 22:12 | 音楽 | Comments(0)  

「帰れない二人」集












by ichiro_ishikawa | 2018-09-17 00:56 | 音楽 | Comments(0)  

歌がうまい歌手ベスト5


氷室京介


忌野清志郎


鈴木雅之


大沢誉志幸


杉山清貴
 

稲垣潤一


玉置浩二


井上陽水






by ichiro_ishikawa | 2018-09-16 23:17 | 音楽 | Comments(0)  

タモリ倶楽部 ミキシングに挑戦(ゲスト内沼映二)


タモリ倶楽部のこの回が面白い。


なほ前口上は、
今日は西麻布に来てますけども、大体この辺りはですね、古くは笄川(こうがいがわ)といふのが流れてをりまして。外苑西通りに沿つて流れまして、天現寺のあたりで渋谷川に合流する、ということで地形的にはなかなか面白いところであります。


by ichiro_ishikawa | 2018-09-16 11:21 | 音楽 | Comments(0)  

1978〜82あたりの陽水


70年代後半から80年代前半、ザ・ベストテンや夜のヒットスタジオに加へ、俺にポップの扉を開いてみせたのは、実は江口寿史だつた。
そのビッグEが、

c0005419_10583878.jpg

といふコメントを最近してゐたので、
その時期の陽水をApple Musicにて聴きまくつてゐる。
奇妙な歌詞とどうかしてるメロディ。
言い得て妙。



by ichiro_ishikawa | 2018-09-16 10:58 | 音楽 | Comments(0)  

朗報 陽水 in Apple Music

井上陽水と、洋楽だのになぜかなかつたデフ・スクールが、Apple Musicに入つた。めでたい。












by ichiro_ishikawa | 2018-09-16 00:13 | 音楽 | Comments(0)  

好きなら問わない

ゲスの極み乙女。
ニューアルバム『好きなら問わない』
が素晴らしい。
全曲サビが素晴らしい。
ジワジワくるポップ。




1.オンナは変わる

川谷絵音:ボーカル/ギター/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス





2. はしゃぎすぎた街の中で僕は一人遠回りした

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス

藤堂昌彦:1st ヴァイオリン

徳永友美:2nd ヴァイオリン

生野正樹:ヴィオラ

徳澤青弦:チェロ

織田祐亮:トランペット

永田こーせー:サックス

前田大輔:トロンボーン



3. イメージセンリャク

川谷絵音:ボーカル/ギター/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス 

ちゃんMARI:キーボード/コーラス 

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス  



4. もう切ないとは言わせない

川谷絵音:ボーカル/ギター/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス

色:コーラス

押鐘貴之:1st ヴァイオリン

徳永友美:2nd ヴァイオリン

志賀恵子:ヴィオラ

徳澤青弦:チェロ



5. 戦ってしまうよ

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス/ボーカル



6. sad but sweet

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス

藤堂昌彦:1st ヴァイオリン

徳永友美:2nd ヴァイオリン

生野正樹:ヴィオラ

徳澤青弦:チェロ



7. 僕は芸能人じゃない

川谷絵音:ボーカル/ギター/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス



8. 颯爽と走るトネガワ君

川谷絵音:ボーカル/ギター/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス

織田祐亮:トランペット

永田こーせー:サックス

前田大輔:トロンボーン



9. ゲンゲ

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス



10. 私以外私じゃないの (Remix by PARKGOLF)

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス



11. 招かれないからよ

川谷絵音:ボーカル/ギター/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス  



12. ホワイトワルツ (adult ver.)

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:コーラス/ウッド・ベース

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス/ボーカル

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス

永田こーせー:サックス

前田大輔:トロンボーン



13. アオミ

川谷絵音:ボーカル/プログラミング

休日課長:ベース/コーラス

ちゃんMARI:キーボード/コーラス

ほな・いこか:ドラムス/コーラス

佐々木みお:コーラス

えつこ(服部恵津子):コーラス  

藤堂昌彦:1st ヴァイオリン

徳永友美:2nd ヴァイオリン

生野正樹:ヴィオラ

徳澤青弦:チェロ



by ichiro_ishikawa | 2018-09-11 23:41 | 音楽 | Comments(0)  

1986年夏〜秋 ポップの風景


1984年とか1985年とかうるせえ俺だが、実は1984年4月から1986年7月までは朝から晩まで夏休みも冬休みも部活のバスケ三昧であり、コンサートはおろかテレビも全く見てゐないのであつた。
1986年7月に総体で負けて部活を引退してから初めてテレビをつけたらそこにはポップな世界が輝いてゐて、遡つて後追いでいろいろな歌謡曲を聞いて来たのだつた。

そこで、1986年の夏、そして秋と、どんなポップがテレビで展開してゐたかを、オリコンベスト100チャートから振り返つてみたい。
すなはち、1986年、部活を引退した15歳の少年が見たポップの風景である。


1985年

(ロングヒットにより1986年にも展開)

8月31日 小林明子「恋におちて -Fall in love-」

10月21日 レベッカ「フレンズ」

11月20日小林旭「熱き心に」

11月21日 小泉今日子「なんてったってアイドル」

11月21日 荻野目洋子「ダンシング・ヒーロー (Eat You Up)」


1986年

1月1日  吉川晃司「キャンドルの瞳」

1月1日  新田恵利「冬のオペラグラス」 

1月21日 とんねるず「歌謡曲」

1月21日  うしろゆびさされ組「バナナの涙」

1月22日 渡辺美里「My Revolution」


2月1日  国生さゆり with おニャン子クラブ「バレンタイン・キッス」

2月3日  中森明菜「DESIRE -情熱-」 

2月5日 中山美穂「色・ホワイトブレンド」

2月5日 本田美奈子「1986年のマリリン」

2月21日 おニャン子クラブ「じゃあね」


3月21日 吉川晃司「MODERN TIME」

3月21日  斉藤由貴「悲しみよこんにちは」

3月24日 少年隊「デカメロン伝説」

3月26日  荻野目洋子「フラミンゴ in パラダイス」


4月5日  KUWATA BAND「BAN BAN BAN」

4月10日 新田恵利「恋のロープをほどかないで」

4月21日 TUBE「シーズン・イン・ザ・サン」

4月21日 おニャン子クラブ「おっとCHIKAN!」

4月30日 小泉今日子「100%男女交際」


5月1日 1986 OMEGA TRIBE「君は1000%」

5月2日 レベッカ「RASPBERRY DREAM」

5月2日 うしろゆびさされ組「象さんのすきゃんてぃ」

5月10日 国生さゆり「夏を待てない」

5月16日 中山美穂「クローズ・アップ」

5月26日   中森明菜「ジプシー・クイーン」 

5月28日 とんねるず「やぶさかでない」

5月28日 杉山清貴「さよならのオーシャン」


6月10日 荻野目洋子「 Dance Beatは夜明けまで」


7月1日  安全地帯「プルシアンブルーの肖像」 

7月5日 KUWATA BAND「スキップ・ビート」 

7月5日 KUWATA BAND「MERRY X'MAS IN SUMMER」


7月10日  小泉今日子「夜明けのMEW」



7月15日  中山美穂「JINGI・愛してもらいます」



7月16日  渡辺美奈代「瞳に約束」


8月1日 新田恵利「不思議な手品のように」   



8月5日  とんねるず「寝た子も起きる子守唄」



8月7日  1986 OMEGA TRIBE「Super Chance」



8月14日 石井明美「CHA-CHA-CHA」 



8月21日   中山美穂「ツイてるねノッてるね」 



8月27日 うしろゆびさされ組「渚の『・・・・・』」 



9月25日 中森明菜「Fin」



9月29日 BOØWY「B・BLUE」



9月30日 吉川晃司「すべてはこの夜に」 



10月21日 とんねるず「人情岬」



10月29日 荻野目洋子「六本木純情派」



11月5日 KUWATA BAND「ONE DAY」


11月19日  小泉今日子「木枯しに抱かれて」 



11月21日 中山美穂「WAKU WAKUさせて」




by ichiro_ishikawa | 2018-08-31 01:36 | 音楽 | Comments(0)  

British Pop 1996


カート・コバーンの死後、ブリットポップの狂騒を経てのポップバブルが1996年にあつた。
1997年のOKコンピュータがさうしたパーティの終焉を告げたわけだが、それから20年経つたいま振り返つてみると、なかなかどうして佳曲も多いと感じ、「残るブリティッシュポップ1996」といふプレイリストを作つて聴いてゐる昨今。
以下にYouTubeバージョンとして挙げん。


Pulp「Disco 2000」(1995.11.27)


Underworld「Born Slippy」(1995.1.1)



The Charlatans

「One to Another」(1996)

「North Country Boy」(1997)

『Tellin' Stories』(1997)




Mansun「Stripper Vicar」(1996年)

『Attack of the Grey Lantern』(1997年) 



Reef
「Naked」『 Replenish』1995)
「Place Your Hands」『Glow 』1996)




Ocean Colour Scene「The Riverboat Song」

Moseley Shoals』(1996)



Suede

「New Generation」(『Dog Man Star』1995)

「Trash」『Coming Up』1996)




Dodgy「Good Enough」
(『Free Peace Sweet』1996)


Kula Shaker「Hey Dude」
(『K』1996)


The Prodigy「Breathe」
(『The Fat of the Land』1996)


The Chemical Brothers

「Setting Sun」(1996)

「Block Rockin' Beats」(1997)

(『Dig Your Own Hole』1997)




Blur「Beetlebum」
(『Blur』1997)


The Verve「Bittersweet Symphony」

(『Urban Hymns』1997)



Oasis「Fuckin' In The Bushes」

(『Standing on the Shoulder of Giants』2000)



by ichiro_ishikawa | 2018-08-27 02:09 | 音楽 | Comments(0)  

名曲 とんねるず「迷惑でしょうが」

とんねるず「迷惑でしょうが」
アルバム『キャニオン初』
(1986年12月28日)


シングル 1987年4月5日









by ichiro_ishikawa | 2018-08-25 22:59 | 音楽 | Comments(0)